■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
380億ベクレルのトリチウムはどのくらいの量なのか
というわけで,コメントへのお返事の続きです。

今度は380億ベクレル分のトリチウムを持つ海水の体積はどのくらいかを計算してみましょう。

前のエントリでも使った「放射能の強さ(単位:ベクレル)=原子の数×崩壊定数」と言う関係から,次の方程式を解きます。

3.8E10 Bq = (海水の量: X L) x (水1L辺りの水素: 111.2 mol/L)
x (水素に対するトリチウムの存在比: 1E-18)
x (アボガドロ数: 6.02E23 1/mol)
x (トリチウムの崩壊定数: 0.178E-8)



すると求める海水の量 X = 3.19E11 L ,つまり3190億リットルとなります。

しかし,1立方キロメートルは1E12 L=1兆リットルですから,単位を換算すると0.319立方キロメートル,具体的に言いますと,2 km x 2 km x 80 m 分の海水が元々持っていたトリチウムの量と等しいと言うことになります。

前のエントリで行った計算によると,だいたい存在量の1/18程度のトリチウムが1年間の生成量にあたりますので,8.4 km x 8.4 km x 80 m分の海水に対する年間生成量とほぼ同値と言うことになります。また拡散する深さが100 mになると約7.6 km x 7.6 kmの範囲になります。

ちなみにこちらのエントリでご紹介させていただいているブログでは

放出ロから約150km南の宮古から釜石にかけてのりアス式海岸も深刻な放射能のたまり場となる

として,非常に広い範囲まで拡散すると訴えていらっしゃいます。

この主張を全面的に支持し,拡散する幅を10 km,深さを80 mとして計算すると,最終的に拡散する海水の体積は150 km x 10 km x 80 m = 120立方キロメートルと考えられることになります。すると,380億ベクレルのトリチウムは,

その範囲の海水が元々持っていたトリチウムの380分の1
トリチウム年間生成量の20分の1以下

に相当する量であることがわかります。

現在反対派,特に「三陸の海が汚染されている」というアジテーションを繰り返している方々の主張には,この計算でもわかるとおり一つのパラドックスを内包しています。つまり,「拡散することにより被害地域が拡大する」と訴える一方で,「薄められて被害が出なくなるなんて言うのは嘘だ」と訴えるという,自己矛盾です。

このような自己矛盾を抱えた主張を元にした反対運動は,推進派に反論の隙を与えるだけではなく,共に考え戦っていってもらわなくてはいけない現地の農家や漁師の方々に対し,いわれのない風評被害という無駄な負担を負わせることになります。

「三陸の海が汚染されている」という一文は,確かにセンセーショナルで,知らない人の興味を引きやすい文言かもしれません。しかし,私のような半可通がちょっと計算しただけで数多くの矛盾が出てくるような綻びの多い主張で,いったい誰の心を動かし,どこへ向かおうと言うのでしょうか。

私はこれまでどおり,原子力関連事業の拡大中止と削減をこれからも訴えていきたいと考えていますが,それ以上にありもしない汚染をあると主張し,風評被害を広げていくような反対運動には断固抵抗し続けたいと思っています。
スポンサーサイト


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 20:51:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。