■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ふたたびコメントへのお返事(放射能について)
ふたたびコメントをいただきましたので,お返事させていただきます。少しずつでも疑問が晴れていただければ幸いです。

体に入ったら出ない、という不安構造で全てが始まったんですね。
一言で結論を言うと、放射線には様々な種類があり特性も全然違う。量が少なければカリウムなどの影響に隠れる。例えばα線の皮膚透過はないが、プルトニウムなど放射性物質が塵などの形で肺に入れば量によっては害がある。
だが、被爆地である広島や長崎の残留放射能レベルや各原発地域の放射能レベルでは、それぞれそこの地域産の農作物や海産物にも、そこに住み続ける人間にも放射能汚染はなく、放射能(放射線を出し続ける能力を持つもの)、放射性物質(放射線を出す物質)が肺の中や体の中に入って体内に留まる事はない。
ゆえにそれらが入って、体内で放射線を出し続ける心配は一切ない。


まず「放射能=放射線を出す能力」「放射性物質=放射能を持つもの」です。ぜひ覚えてください。ここを混同して話をすると混乱します。あと,厳密に言えば

× 放射性物質(放射線を出す物質)が肺の中や体の中に入って体内に留まる事はない。ゆえにそれらが入って、体内で放射線を出し続ける心配は一切ない
○ 放射性物質(放射線を出す物質)が,健康被害を与えるほど肺の中や体の中に入って体内に留まる事はない。ゆえにそれらが入ったことで,健康被害が起きる心配は一切ない

ということになります。なにしろ,原発や原爆,その他の要素が一切存在しなかったとしても,地球上に存在する限り放射性元素を一切体内に取り入れずに生活することは不可能なのですから。

という事は、現在、日本国内ではどこの農作物や海産物を食べても海水を飲んでも放射能汚染はなく、放射能(放射線を出し続ける能力を持つもの)、放射性物質(放射線を出す物質)が肺の中や体の中に入って体内に留まる事はない。よってカリウムの影響に隠れるレベルの影響レベルの放射能すらない、という理解で間違いはありませんか?


この部分に関しても

× 現在、日本国内ではどこの農作物や海産物を食べても海水を飲んでも放射能汚染はなく、放射能(放射線を出し続ける能力を持つもの)、放射性物質(放射線を出す物質)が肺の中や体の中に入って体内に留まる事はない。

○ 現在、日本国内ではどこの農作物や海産物,海水にも健康被害が起きるようなレベルの放射能が含まれているという事実は無い。故に,健康被害が起きるような量の放射性物質(放射線を出す物質)が肺の中や体の中に入って体内に留まる事はない。

ということになります。前回からの繰り返しになりますが,極めてごく微量(検出限界以下)の放射性物質を含む塵や食物が,肺や体内に入り込む可能性を完全に否定することはできません。これらの物質は間違いなくこの世の中に存在しているからです。しかし,これまで書いてきた理由により,そのような極めて微量な放射性物質が健康被害を与える主な原因になることは考えられません。

これは,人間の体内にはごく微量の放射線による影響を修復するための機構がきちんと備えられているということが,理由の一つです。しかし,この社会にはそれ以上のリスクが大量に存在していることも,大きな理由の一つです。現状では放射線関連によるリスクは,社会に存在する様々なリスクと比較すれば,非常に小さく無視できるレベルでしかありません。原子力関連事業に携わる人々が,多大な労力と数百億円単位の資金を投じてがんばっても,喫煙したり飛行機で海外に旅行したりすれば,(その人に関しては)リスクの軽減効果がほとんど無くなってしまいます。

自然(環境)放射線が高い地域の農作物海産物などの件は、例えばバナナだと南米であればエクアドルやペルーやブラジル産、アジアだとフィリピンや中国や台湾産などのものが多いですよね。
スーパーでよく見ますね。これらは放射能が高い心配がありますか。


こちらについても,有意に高い放射能が検出されたという事実はありませんのでご安心下さい。気にせず購入されても全く問題ないと思います。

日本国内では、九州四国や沖縄などの農作物や海産物が、東京など東または北の地域の農作物、海産物に比べて、より放射能が高いなどという事はありませんか?
仮に九州や沖縄に住み続けて自給自足をやったら、毎日その土地で取れた農作物、海産物を食べ続け、体にも当たりまくります。


日本国内では西日本の方が環境放射能レベルが高いとされていますが,もちろん健康に影響を与えるようなレベルではありません。心配する必要は全くないと思います。

非常に長くなってしまいましたので,遺伝子作物に関する話は別エントリにします。
スポンサーサイト


テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

気になる化学リスク | 15:20:03 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-12-06 土 17:54:43 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。