■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
体に悪いのはどちら??
orioさんにご紹介いただいたおかげで,経皮毒関連に興味を持っていらっしゃる方にたくさんおいでいただいているようですが,気になる話を拍手コメントに入れてくださった方がいらしたので,ちょっとだけ。

>製品は食べても大丈夫という言葉を信じて、シャンプーや乳液を飲んでいるのですが、亜塩素酸ナトリウムという劇物が入っている商品もあって、どうにかして辞めさせたいと考えている所です。

え~と(^^;;;;;;; 無茶するご友人をお持ちのようで(^^;

薬品などの安全性についての情報を開示している「MSDS」という文書があります。
#MSDSはこちらのページ(関東化学)などから検索することができます。

そちらの記述によりますと

ラウリル硫酸ナトリウムのLD50(ラット,経口):1288 mg/kg
亜塩素酸ナトリウムのLD50(ラット,経口):350 mg/kg

となっております(^^;;;; 亜塩素酸ナトリウムの方がラウリル硫酸ナトリウムよりも(少なくとも急性毒性については)4倍も毒性が強いみたいですね(^^;;;;;;;;

LD50というのは半致死量と呼ばれるもので,今回の場合ラットに経口(口からの投与)した場合,体重1kg辺りこの程度の量を食べさせると「半数の個体が死亡する」という数値になっております。

ちなみに食塩のLD50(ラット,経口)が4000 mg/kg,グルコースが25,800 mg/kg,塩酸が900 mg/kgなんて値が報告されています。

このLD50という値は結構面白いというか,意外と我々のイメージと異なっていたりします。例えば発ガン性物質として有名なベンゼンはLD50で測定される急性毒性は意外と低くて1620 mg/kgですが,コーヒーやお茶に含まれるカフェインは192 mg/kg,ニコチンにいたっては50 mg/kgと結構高い毒性を持っていることがわかります。もちろん毒物として非常に有名なシアン化カリウム(青酸カリ)は5 mg/kgですから,桁が違いますね。

さらに言うと,亜塩素酸ナトリウムは劇物扱いですが,ラウリル硫酸ナトリウムは劇物指定されておりません。

まぁ,もちろんLD50が350mg/kgというのは体重60kgに換算すると21 gになりますから含有量を考えればそれほどすごい毒性を持っているというわけでもありませんが,あんまりおすすめはできませんし私も飲むのはご遠慮させていただきたいです(^^;

というわけで,口に入れるものの成分はしっかり把握してからにしましょう。というお話でした。皆様もお気をつけください。
スポンサーサイト


テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

気になる化学リスク | 11:18:53 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント
ぷろどぉむ様

お返事有り難うございますm(__)m

実際は、詳しい論文などが必要ないほどのお粗末極まりない偽科学トークです。しかし、ぷろどぉむ様のように、説明していただけるとありがたいですからm(__)m

某マルチ(あえて某とします)の勧誘文句から『経皮毒』は切り離せないみたいです。

やじかず様が、体内に蓄積した毒はどこに溜まるのか?と書かれていましたが、そのマルチでは、男性は前立腺など女性は子宮などに溜まり、羊水がシャンプーの匂いがすると言います。

日本での奇形児出生率が高いのはそのせいだと…。

そのマルチの製品を使えば安全・安心だと勧めるわけです。

2008-01-09 水 17:37:37 | URL | orio [編集]
なるほど。そういう煽り文句なんですか。

しかし,不思議ですね。我々が「シャンプーの匂い」と感じているものの大部分って「香料」の匂いだと思うんですけど(^^;;; 合成洗剤が悪いと宣伝しているって言うことは,やっぱりラウリル硫酸ナトリウムの匂いと言うことなんでしょうか?

でもラウリル硫酸ナトリウムそれ自身の匂いを知ってる人ってどのくらいいるんでしょうね?幸か不幸か私は実験で純品を扱っていたりするわけですが(^^; そんなに特徴的な匂いというわけでもないんで(特に水溶液は濃度によるけどほぼ無臭と言っていいんじゃないかなぁ?),消毒液の匂いや血の臭いが充満している分娩室でラウリル硫酸ナトリウムの匂いを一発でかぎ分けられる人はかなりすごいと思います。

ところで,奇形児出生率が高いという話の根拠になっている統計データはどこで見られるんでしょう?残念ながら私は見つけることができませんでした。もしよろしければ,情報のありかを教えていただけると助かります。
2008-01-09 水 18:33:39 | URL | ぷろどおむ [編集]
なんの根拠も
示されたことはないです(-_-;)

ソースはそのマルチのフィールドの中にのみあり、上から下へと伝聞のように伝わっているようですから。

石油由来の物質は悪であり、天然由来の物質は安全といいます。
また、例え化学物質が自社製品にも入っていても、コロイド化により分子を小さくして皮膚吸収させないようにしていると…。

バキュームストリッピング法で悪い成分を原料の段階で抜いているともいいます。

市販品は悪い成分もそのままなので、皮膚から吸収して体内に入るそうです。 (笑)

メーカーがわかるほどの匂いがするんだそうですよ。 (笑)

奇形児出生率もデタラメでしょうが、さんざん不安を煽られてから言われたら信じる人もいるかもです。(-_-)
2008-01-09 水 22:04:55 | URL | orio [編集]
間違えましたm(__)m
良い成分はコロイド化して吸収させ、悪い成分はバキュームストリッピング法だったと思いますm(__)m

聞き間違いなら申し訳ないですm(__)m

どちらにしても、私のようなド素人が聞けば、信じてしまうと思います。私は初めからマルチに興味がなかったので、聞き流した上でその話について調べ始めました。

そこでは『ネット内の話は悪い事ばかり書いているから見るな』と言います。なので、一度彼らの話を鵜呑みにすると、自分で調べることすら阻止されるのですよ。
2008-01-09 水 23:07:19 | URL | orio [編集]
バキュームストリッピング法ですか。名前から想像するに,真空にして蒸気圧の引く成分を除去するとかそう言うものかな?と思ってGoogle様にお聞きしたら詳細不明なものの,やっぱりその手のものみたいですね。

良い成分はコロイド化ですか。こちらもGoogle様にお伺いをたててみましたところ,どうもこの手の商品を作る人はコロイドが大好きなんですね。けど,コロイドって意外と大きいですから,細胞膜なんてそう簡単に通り抜けられないと思うんですけどどうやっているんでしょう?なにかすごい技術でどうにかしているんであれば,ぜひ教えていただきたいですね。それだけ小さなサイズになっているのに,コロイド様の性質を示していられる技術や知見を持っているのであれば界面化学の世界で一躍有名人になれると思います。

ところで皆さんはコロイドというとどういうイメージを持つんでしょう?「牛乳もコロイド溶液ですよ」と言ったら驚く人は多いでしょうか?(高校化学の教科書には一応載っていた気はするのですが)

その他にもゲル状のものやクリーム状のものもみんなコロイドの仲間です。あとフォームも気液コロイド(だったかな?)に分類されてたはずですので,一般に使われている化粧品とかの類はほとんどコロイドを使っていることになっちゃいますね。

ということで,嘘は言ってないのかもしれませんが,だから?という話になってしまいそうです(^^; もっとも,私の知らない新しい「コロイド」という単語の可能性がありそうで怖いんですが………。
2008-01-10 木 13:05:34 | URL | ぷろどおむ [編集]
誤「蒸気圧の引く」→正「蒸気圧の低い」です。すいません(^^;
2008-01-10 木 13:07:45 | URL | ぷろどおむ [編集]
コロイド
ぷろどぉむ様、お返事有り難うございます♪
マヨネーズなどもコロイドだとどこかで聞いたような…。

自然界では霧などもコロイドだとか…。

コロイドの原理はよく知りませんが、セールスのために特記するような事でもないと思うのです。

バキュームストリッピング法はよくわかりません(^_^;)
いずれにせよ、ぷろどぉむ様のおっしゃる通り、そういう特殊な製法を使っているなら、有名になるはずだし、関係機関への申請が必要なんじゃないでしょうか?

シャンプー羊水の件ですが、ラウリル硫酸ナトリウム等々の有害物質が体内に蓄積される=羊水がシャンプーの匂い なので、やはりラウリル硫酸ナトリウム等の物質の匂いを指していると思います。 シャンプーなどの香料の原料は何ですか?
2008-01-10 木 22:53:34 | URL | orio [編集]
ぷろどおむ様

亜塩素酸ナトリウムの話、取り上げていただいてありがとうございました☆

亜塩素酸ナトリウム、本当に怖いですね。
歯磨き粉やマウスウォッシュという口にいれる商品に入っているので、余計心配になりました(>_<)

友人にぷろどおむ様に教えていただいたMSDSを紹介したのですが、結局見てくれなかったみたいでした。
せっかく教えていただいたのに、申し訳ありませんでしたm(__)m

サミュエル・エプスティン博士という方が、「某製品には発がん性物質が入っていない」と言っていたという話に転換されたので、そちらの方も地道に調べていきたいと思います。

調べても聞く耳を持ってくれないかも知れませんが、聞こうとしてくれた時に科学的で公的に認められているデータを見せて説明できるようにしたいと思います。

本当に、ありがとうございました(^_^)
2008-01-12 土 10:15:08 | URL | kobito [編集]
コメントありがとうございます。

>亜塩素酸ナトリウム、本当に怖いですね。

ちょっと書き方が悪かったですね。ラウリル硫酸ナトリウムが怖いと言ってるのに…,という意味であんな書き方をしてしまいましたが,亜塩素酸ナトリウムは特に怖いものではありません。

マウスウオッシュなどに利用する場合の目的としては,口臭の原因となる雑菌を殺すために入れているわけですので,正直これがないと意味がちょっとなくなりかねないです。それに本文中でも書きましたが,毒性も強いわけではないですから,少なくとも通常の用法を守って使っている範囲なら,健康にはまったく問題ありません。

でも「ごくごく飲む」のは明らかに「通常の用法の範囲外」ですので,私からはお勧めできないし,私自身もそのような行為は避ける,と言うだけです。

現在使われているこの手の添加剤は,法令により規定された様々な安全性についての検証を潜り抜けてきたものばかりです。特に亜塩素酸ナトリウムなんていうのは,相当長い間使われてきているものですので,特に広い範囲で様々な検証が行われています。動物実験もせずに「安全だ」と豪語しているような製品とは,積み上げてきた安全に対する実績が違うのです。

盲信することも問題があるかもしれませんが,無闇に不安がってしまうことも,そういうマルチが広がってしまう温床になってしまいます。

怖がるときも正しい知識の元に,正しい範囲内で(今回の場合のように正しい用法なら安全,でも飲むのは避けたほうが良いというように)怖がることが大切だと思います。
2008-01-13 日 00:18:45 | URL | ぷろどおむ [編集]
ぷろどおむ様

助言ありがとうございます。

ぷろどおむ様のおっしゃる通り、むやみに不安がってはだめですね。

気をつけます(>_<)

ご指摘、ありがとうございましたm(__)m
2008-01-13 日 01:37:55 | URL | kobito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。