■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バトルを挑まれてしまいました(^^;
え~と,だいぶ前に書いたエントリ「苛性ソーダが手につくとぬるぬるするのは??」に疑問を持たれた方がいらっしゃったようなので軽くフォローを。

>皮膚の表面はタンパク質はないと思う。皮膚細胞の表面に、酵素であるタンパク質がむき出しになっているわけがない。

まず最初にタンパク質は酵素だけじゃないです(^^; 理科の先生か何かをされているようなのでもしかするとご経験があると思いますが,皮膚に硝酸がついて黄色くなったことはありませんか?あれが有名な「キサント・プロテイン反応」という奴です。このとき硝酸は何と反応してるかというと,主に皮膚の角質層に存在するケラチンなんかと反応しているわけです。苛性ソーダが反応しているのもその辺ですね。

>じゃあなにかい?美人の湯と言われる熊野龍神温泉とか、あのアルカリ温泉のぬるぬる感は、皮膚細胞が溶けているってか?
>そんな人間を溶かすような温泉にだれがありがたがって入るんだよ!ええ!?


えっと,皮膚細胞というのがどの部分を指しているのかわかりませんが,通常最初に溶かされるのは表皮細胞と呼ばれる部分です。この辺は前述したケラチンを主体とした角質層がメインとなりますし,アルカリ泉程度ではその奥にある真皮細胞まで到達することはまず無いと思います。しかし,本来真皮構造を守ってくれる表皮細胞を何層かはぎ取る形になりますので,あがった直後はおっしゃる通りぬるぬるしてますし,泉質(pH)によってはあがった後に真水でしっかり流さないと後からひりひりしてくるんですね。pHが高めの温泉では,この辺についての注意書きがされている所も多いんじゃないか(少なくとも私が前に行ったところでは注意書きがありました)と思います。なお,この手の温泉が美人の湯と呼ばれるのは,アルカリ性の性質によりごわごわした角質層(そのものずばりケラチンのことですね)が溶かされて柔らかくなる=お肌がなめらかになるためです。つまり,アルカリが皮膚のタンパク質を溶かしてくれているからこそみんなありがたがっているんですね。

ただ,これはpHが9前後とかの弱いアルカリ性だからこの程度で済んでいるんであって,そもそもの話題である手作り石鹸で使っているような苛性ソーダ溶液の場合,処置を誤れば真皮細胞まで浸食されてしまう可能性が非常に高いです。さらに角質層で守られている皮膚でもその状態なわけですから,そこまで頑強に守られていない口内などの粘膜や眼球などについたら非常に危険ですので,苛性ソーダを扱う場合には眼鏡やマスクをつけましょう,と言うことを繰り返し提案させていただいているわけです。

>おめえ、化学屋って言ってる割には鹸化って現象、知らねえんじゃないのか?

えっと,このエントリ。そのものずばり鹸化を利用した「手作り石鹸」の話なので,一応それなりには知ってるつもりです(^^; まぁ,本当の専門ではないので本職の人たちには余裕で負けますし,きっと穴もたくさんあると思いますが(^^;;;;;;

>石鹸てのは、脂肪を水酸化ナトリウムが加水分解させて、3本の脂肪酸のカルボキシル基にナトリウムがつき、それが石鹸。副産物にできるのがあのぬるぬるの正体、グリセリン。

え~と………,これは細胞膜を構成する脂質二重膜が分解されてぬるぬるの原因になっているって言う話でしょうか??それとも皮膚表面にわずかに存在する皮脂が分解されてという話でしょうか?

でも前述しました通り弱い真皮細胞の細胞膜が直接外部からの刺激にやられないように,表皮はケラチンなどで角質層を作り内部を守ってているわけです。なので,アルカリにやられるとしたら,やっぱり角質層(=ケラチン)などが先ですね。そうでなくては困ります。もちろん皮脂は角質層の上に分泌されていますので,当然のようにアルカリ成分によって分解されていると思いますが,量が全然違います。だからこそ洗剤との相性によって「皮脂が奪われすぎて乾燥する」という悩みが生じるわけですね。特に苛性ソーダみたいな強いアルカリが直接皮膚についた場合なんて,皮脂成分はあっという間に分解され尽くしてしまいます。

確かに問題になってるエントリでは皮脂分の存在を無視した記述になっていたのは事実ではありますが,苛性ソーダが手についた時のぬるぬるは皮膚のタンパク質が溶けているから,ってのは本当です。どうぞご確認ください。また,まだ納得できないことがおありでしたら,私がわかる範囲で答えさせていただきたいと思いますので,遠慮無くご質問いただければと思います。
スポンサーサイト


テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

手作り石鹸 | 21:47:45 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
いやあ、誠にあいすみません。
私、こと科学になるとすぐに熱くなるんです。
ぷろとおむさんに較べれば私の科学知識などお恥ずかしい限りで。
私が熱くなった心情を文章で表現したら、こんな事になってしまいました。
真面目にディベートするなら、こんな失礼な文体にはしません。
学校教育で扱う水酸化ナトリウムは、そういう危険性を十分認識した上で実験を行います。
皮膚につく場合も極めて少量か、ついてもすぐさま大量の水で洗うよう指導します。

で、未だに疑問に思うことは、あの龍神温泉などのぬるぬる体験です。あのぬるぬるの正体は、いったい何なのでしょう。

私の非常に私的なブログで、なかなか片付かないカラス器具にいらいらしながら、ぶちぶちっと来ちゃったことが外に漏れちゃいました。
大変失礼いたしました。

でも、私はディベートは好きです。自分の知らない知見を得て、さらに視野が広がることが楽しいと思うからです。
やたら失礼な文章になったことをお許し下さい。
2007-10-09 火 23:22:22 | URL | nanchan [編集]
早速のコメントありがとうございます。

>で、未だに疑問に思うことは、あの龍神温泉などのぬるぬる体験です。あのぬるぬるの正体は、いったい何なのでしょう。

しっかりと正体を確かめたわけではないですが,おそらく角質表面のケラチンが溶けたことにより摩擦が非常に少なくなった状態を「ぬるぬるしている」と感じているのだと思います。
#界面活性剤や油などで皮膚表面の抵抗が著しく減少した場合にも「ぬるぬるしている」と感じますね。

皮脂が鹸化されている現象も起きてはいるともいますが,エントリにも書いた通り非常に微量ですし,体液が出ているとしたらもっとひどいことになっているでしょうから,たぶんそんなところだと理解しています。

こんなので回答になりましたでしょうか?他にも何かあれば,またどうぞ。
2007-10-10 水 10:38:40 | URL | ぷろどおむ [編集]
コメントありがとうございます。
よくわかりました。
なんだか、説明してくださったことが不思議にすっごくよくわかるのは、同じ理科系ってのがあるからでしょうか。

私、小学校で教師をしています。
理科が専門であるにもかかわらず、28年も学級担任をやって、初めて理科専科をしています。
やりたいことがいっぱい。
目指すはでんじろうさんのような、理科の楽しさを伝えられる授業ができることです。
半年間理科の授業をしてきて、疑問がたくさんあります。
そういうことを相談できる人が周囲にいませんでした。
これをきっかけに時々おじゃまをいたしますので、よろしくお願いします。

私のブログ、ぷろどおむさんのリンクははずしません。むしろ光栄に思います。
私のブログの約半分は理科の授業の話題です。
なんか間違っていることを述べていましたら、そのときは厳しくご指摘ください。
2007-10-10 水 13:06:09 | URL | nanchan [編集]
コメントを良く読んでいなくてごめんなさい。
リンクをはっておられるのはそちらのブログの方ですか?
もしそうでしたら、恐縮ですがリンクははずしてください。
私のブログにコメントをくださる保護者に迷惑がかかる(ないとは思いますが)と困りますのでよろしくお願いします。
2007-10-10 水 13:54:06 | URL | nanchan [編集]
ご要望に従いリンクを外しました。記事そのものの削除もご希望であれば,対応いたします。
2007-10-10 水 14:32:12 | URL | ぷろどおむ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-10-10 水 23:51:19 | | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-11-22 金 17:32:26 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。