■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私たちにできること

これまで散々書いてきましたが,現在反六ヶ所再処理工場を声高に叫んでいる方々が好んで使っている数字には,大きな認識の誤りが多数含まれています。少なくとも,原燃側が提示している数字に従って順調に稼働し続けている場合,間違いなく再処理工場が六ヶ所近辺の環境に与える影響は自然変動レベル以下です。


つまり,我々が注目していかなければならない問題は,再処理工場を稼働させるにしても,彼らが最初に提示した要件を確実に遵守してくれるのかどうか。定期的あるいは今回の地震のような臨時のタイミングで,安全基準の見直しが的確に行われ,対応もなされているのかどうか,という部分についての監視です。そして,そもそも再処理工場や原子力発電所への依存度をこれ以上高めていくという方向に進むのかどうか,その辺についての議論が必要となってくるわけです。


何度でも繰り返しますが,原燃などが主張している通りに滞りなく操業が行われていさえすれば,周辺環境にはほとんど影響を与えないというのは間違いなく事実です。


しかし,いわゆる原子力反対派と呼ばれる方々の中には,これまで私がブログの中で述べてきたような「想定通りの稼働をしていれば安全である」という事実にすら目を背けたがる人がたくさんいます。なぜそんな子供みたいなことをするのか?。おそらく,安易に「原発は存在自体が危険である」という主張ばかりをし続けてきたために,「(通常稼働時の)原発(再処理工場)が安全である」という事実を認めると,これまで自分たちが続けてきた主張が崩壊してしまうので,それを畏れているのではないか,と想像しています。


しかし,「現在安全に稼働している」ことと,「将来的にも安全なのか」とか,「許容できるリスクなのか」という議論は共存できるものです。現在安全に稼働しているからと言って,無条件に推進してかまわないわけではありませんし,もちろん将来的な不安があるからといって,即時に停止を求めるというのも無茶な話です。


今現在操業している原子力発電所や再処理工場は「できる限り安全でなくては困る」ものです。そして,すごく当然のこと何ですが,全ての事象について「ゼロリスクはあり得ない」ものですから,「リスク」はどうしても存在してしまいます。何度でも言います。ゼロリスクはあり得ません。そこは絶対条件として認めなければなりません。


原子力関連施設に万が一のことが起きた場合の「ハザード」は,皆さんご承知の通り極めて甚大なものになりうる可能性があります。もちろん現在の技術と関連した様々な方々のたゆまぬ努力により,その発生確率は極限まで抑えられ,結果的に全体としての「リスク」も十分低いものとなっており,「現在のリスクは許容範囲ではないか?」とも私は考えています。


ですが,その「発生確率を抑えるためのコストが高すぎる」という点が,私がどうしてもこれ以上の原子力関連事業推進に賛成できない最大の理由です。


その最たるものが核廃棄物処理問題です。現在最終処分法として地層処分が検討されているわけですが,その安全性確保のためにかかるコストはやはり膨大なものです。研究施設を新たに設け,より詳細なデータを取ろうとしていますが,一朝一夕で結果が出るわけではありませんし,話のスケールが何千,何万年間というレベルですから,本当に予想通りうまくいくのかどうか誰も確かめられません。


それに,最終処分場となる場所の問題があります。なにしろ処分場として調査をするだけでも周辺住民への理解を求めるのが困難であるというある意味嘆かわしい現状を考えると,本当に建設することができるのだろうかという懸念がぬぐい去れません。


また,再処理工場を稼働させたりプルサーマルを稼働させたりすることにより,高レベル放射性核種を再利用したり,高レベル廃棄物の体積を減少させたりという工夫もなされようとしていますが,これも実際稼働させようとすれば様々な問題が発生するとともに,各方面で反対運動や妨害などが起きるでしょう。


そして,燃料となるウランの暴騰がオイルショック並みのエネルギー問題を引き起こさないとも限りませんし,核施設を標的としたテロなどへの対策など,許容可能な程度までリスクを下げるために必要なコストは極めて膨大であり,解決しなければいけない問題も非常に広範囲です。それはすべて「ハザードが極めて大きい」ことに由来してると思います。


もちろん原子力関連施設のもたらすベネフィットも確かに存在しています。現実的に考えて,現時点で原子力発電所の稼働を即時停止などとてもできるわけがありません。それに,現在我々が享受している生活レベルを放棄して,30年とか40年前の生活に戻るなどと言うこともあり得ません。もし,そのようなことをすれば,エネルギー問題は解決するかもしれませんが,これまでに解決してきた別の様々な問題が我々の安全を脅かすことになってしまうと思います。特に,医療や金融・経済面や流通・サービス分野では,我々の安全を脅かすほど大きな悪影響が発生するのではないかと危惧しています。


しかし,これ以上原子力発電にエネルギー供給の依存度を上げず,最終的にクローズの方向に持って行くという意志決定だけは現時点でできるはずですし,よりハザードとリスク軽減のためのコストが小さいエネルギー供給法にシフトしていくために必要な体制作りも現時点から始めることが可能だ思います。


もちろんより省エネルギーで効率よく安全や快適を獲得できるようなシステムや社会作りも並行して行っていかなければならない問題です。


やらなければいけないことはたくさん残っています。妄言やノリだけで非効率な行動をして,自己満足に浸っている暇や余裕はありません。すでに我々には「とりあえず考える」とか,「考える前に動く」という低いレベルの活動ではなく,「考えながら効率的に動く」という一段高いステージの行動が求められていると思います。


「考える」ということは,身体能力的に他の動物たちよりも遙かに劣った
ヒトという生物が持っている最大の武器です。


ぜひ有効に活用していきましょう。

スポンサーサイト


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 19:49:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。