■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
苛性ソーダは毒???

一般的なイメージで言う「毒」とは違いますが,


苛性ソーダは大変危険なものである


と考えてください。


苛性ソーダを水に入れてできるナトリウムイオンは特に毒ではありませんが,同時に生じる水酸化物イオンの濃度が問題です。


参考までにMSDSと呼ばれる化学物質に対する毒性などを明記した文書があります。水酸化ナトリウムについてのMSDSはこちらです。
http://www3.kanto.co.jp/catalog/msds/J_37184.pdf


環境中に漏洩した場合「水生生物に有害」であり,適切な処理なしに環境に流してはいけないと明記されてます。ちなみに,金魚に対する半致死量(半分の個体が死亡する量)は189mg/lだそうですので,よく見る手作り石鹸のレシピで一回の使用量として載っている500gの水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を,金魚の半致死量以下の濃度に薄めるためには2000リットル(=2トン,あるいは2立方メートル)以上の水が必要です。
#一般家庭用お風呂がだいたい150~200リットル
#皆さんのご家庭における水使用量は月間何立方メートルくらいですか?


しかも,ここまで薄めてもやっとpHは11です。できればpHは9以下にしていただきたいと思いますので,水だけでpHを下げようと思うとさらに100倍から1000倍に薄めていただけなければなりません。


しかし,500gの水酸化ナトリウムを1L程度の水に溶かしてますので濃度は12.5mol/l。廃油とか加えてもせいぜい数Lですので,普通に数mol/lの濃度はあると思います。こんな濃度の水酸化ナトリウム溶液に多少食酢だのクエン酸加えたって中和なんかできません。確実に中和されているかどうか,リトマス試験紙か何かで確かめた方がよいと思います。なんだったら,ムラサキキャベツの絞り汁をたらしてみても良いでしょう。(参考:http://contest2.thinkquest.jp/tqj2003/60532/play/murasaki_h.htm) そう簡単に中和されないことがよくわかると思います。


ですので,石鹸作りの最中に苛性ソーダを流してしまったら,とにかく大量の水を流し続けましょう。


実際には,環境に到達するまでに十分薄められるとは思いますが,ご近所の範囲までは十分毒であることが予想される代物です。ぽっとん式のトイレであれば,途中の配管も下水処理場の微生物分解槽も気にしなくて良いかもしれませんが,最近の都市生活ではそういうわけにも行きません。くれぐれも「危険なものである」という意識を持ってお使いいただけますようお願いいたします。

スポンサーサイト


テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

手作り石鹸 | 15:49:33 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
うん、ちょっと待ってくださいね。
「よく見る手作り石鹸のレシピで一回の使用量として載っている500gの水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)」とあるのですが、1回の使用量では ないのではないでしょうか?
作る量によってもちろん 違いますが 500gの苛性ソーダで石鹸は 何回か作れるので・・・
ちょっと、違う方向に話をしてしまいましたが、でも仮にまちがって大量にこぼした時は 偉い事になるんですね。やっぱり、細心の注意が必要なんですね。
2007-06-15 金 23:04:36 | URL | かっちゃん [編集]
おや,そうなんですか。私が見たレシピだといっぺんに500g溶かしているものが多かったものですから(^^;;;
2007-06-15 金 23:42:48 | URL | ぷろどおむ [編集]
あれまっ、大量生産されるんですね。
大抵1回オイル500gで、つくるのが 精一杯なもので^^;
2007-06-16 土 19:23:32 | URL | かっちゃん [編集]
ミクシィからこちらに辿り着いたものです。
私は東京都在住の主婦です。
石鹸作りで失敗してできた廃棄物をどうしてよいかわからず、コメントさせていただいた事をお許し下さい。

実は今日はじめての石鹸作りの際に大失敗をしてしまい、今お風呂場にプラスチック製ボールに入った苛性ソーダ水(水2リットルに50gの苛性ソーダが溶けたもの)があります。
これを早急に廃棄したいと思って悩んでいます。
我が家のお風呂は小さめなのでおそらく150リットルの容量だとして、いっぱいにするのにいつも約20分くらいかかります。で、どこかのサイトに載っていたのですが、10グラムの苛性ソーダを250リットルで薄めて流せばOKだとすると、50グラムなので1250リットルの水が必要で、だとすると我が家のお風呂の容積では8から9回分で、そうすると最低でも160分の水を流し続ければ、なんとか廃棄できると思われますでしょうか?

また、流す際には浴槽をつかって薄めて流す、といったやり方で良いのでしょうか。

突然のコメントですみません。
お力をお貸しいただければ嬉しいです。
2008-01-19 土 21:08:06 | URL | まき(マーキュリー) [編集]
>まき(マーキュリー) さん

コメントに気が付くのが遅くてごめんなさい。
もしかするともう間に合わないかもしれませんが,コメントを。

このエントリでも欠いていますが,pH10以下にするだけでも,50gの苛性ソーダだと2000リットルの水が必要になります。最近mixiの方で「手作り石鹸の豆知識」というコミュがありまして,そこで推奨しているのは「いらない油を適当に加えて鹸化してしまう」という方法です。その他,いろいろな廃棄に関する話はこちらにまとめられています> http://kaseisoda.ame-zaiku.com/haiki.html

すでに水で廃棄してしまった場合には,あきらめて朝まで水を流し続けるしかないでしょうか?

もし風呂桶いっぱいにためた水に,苛性ソーダ溶液を少しだけいれて流す,という作業を何回も繰りかえすと言うようなやり方をしていれば少しはましかもしれませんが,風呂桶一杯分に全部入れて,そのあとから水をたくさん流すと言うやり方でやってしまっていたとしたら,どこかにダメージを与えている可能性があります。明日以降廃刊の漏れや(あれば浄化槽の様子)などに注意したほうが良いかと思いますが,何も問題が起こっていないことを祈っております。
2008-01-20 日 00:16:33 | URL | ぷろどおむ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。