■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
05/15のツイートまとめ
preudhomme_AL

例の「あれ」について,「以前からこの手の話を訴えてる人は山ほどいたのに,なんで今回だけ」と言ってる人が結構いるようで衝撃。3年前から散々繰り返されてきたからこそ,反論も裏付けデータもいい加減揃ってやっと下火になったところで,また蒸し返されたから怒ってる人が多いんですよ。
05-15 10:29

ただ,個人的には続編のところでいただいたコメントから,純粋に好奇心がいろいろ湧いているところなので,もうちょっといろいろと調べてみたいかな?と思っています。とは言え,時間が全然取れなさそうなんであれなんですが(^^;
05-15 10:34

ただ残念なのは大手マスコミのリアクションですね。いい加減「デマ」と言い切れるだけの証拠は十分に揃っている(そう言う意味では私の書いたものなんかもただの素人が数字遊びをした戯れ言(^^; に過ぎないわけ何ですが(^^;)にもかかわらず,両論併記で「わかっていない」を連呼しています。
05-15 10:42

彼ら的には「中立」を保っているつもりなんでしょうが,多くの方も言及されているとおり,明らかに誤った情報に荷担するのは中立でも何でも無く,大きく誤情報側に偏ったバイアスを持っていることになってしまいます。
05-15 10:43

漠然とした不安を持っている人たちが多いのは事実です。ですが,誤った情報を元にその不安感を増大させるのでは無く,正しい情報で不安を取り除くことこそが,現代社会において間違いなく最も大きな影響力を持っている大手マスコミのすべき仕事ではないのでしょうか。
05-15 10:45

というわけで,全然話は違うんですが,鼻粘膜上皮の構造(ある程度マクロ的なもの:ヒダがどうなっているのかとか,粘液はヒダの表面にいるのか,それとももっと大きく覆っているのか,粘液層はどのくらいの厚さなのかなど)についての文献など教えていただける方募集。
05-15 10:56

その辺をちゃんと知らないと,たぶん続編はブラッシュアップできそうに無い気がしていますので(^^; ご協力お願いいたします。
05-15 10:56

RT @MITUDON: つまり、美味しんぼの該当シリーズを政府や東電批判であると見ている場合、美味しんぼ批判は「批判批判」と受け取られているのではないだろうか?政府・東電・原子力発電批判があの連載の中核で、それに対して本題ではない部分、つまらない重箱の隅や表現を殊更に取り上げ…
05-15 12:19

私自身は今回の騒動は「原発推進派」と「原発反対派」の戦いでは無く,「既存の科学を信頼する」か「既存の科学を超えた領域を信じたい」のか,の戦いだと思っていたのですが,先ほどRTしたような視点で戦っている人がいるとすると,漠然と感じていたかみあわなさが納得できるような気がします。
05-15 12:21

もちろん私は「既存の科学を信頼する」派の一因だと自負しているのですが,「既存の価額を超えた領域を信じたい」気持ちも分かります。
05-15 12:23




しかし,STAP細胞の一件じゃないんですが,これまで積み重ねられてきた科学の「常識」を打ち破るのであれば,その「常識」では説明できない部分について,既存の科学の「方法論」を用いた形で傍証を積み重ね,その新しい理論でしか説明できないことを証明しなければいけません。
05-15 12:23

STAP細胞は一見その傍証での証明が成功したかのように見えたため一躍話題になりましたが,現在その傍証の信頼性が疑われており,STAP細胞の真偽もまだ未確定な状況になってしまいました。しかし,「福島事故由来の放射線で鼻血」の件に関しては,まだ傍証の欠片すら姿を見せてません。
05-15 12:26

あってもせいぜい個人経験という名の現象論に過ぎず,その現象論が一般化可能なものなのかどうかすら既存の科学による「方法論」で検証されていないわけですから,その真偽を確かめるための土俵にすら登っていないのが現状です。
05-15 12:27

このような仮説とも言えないようなレベルのものと,震災直後から今に至るまで,事故後鼻血を出しやすくなったという現象の理由は,既存の科学・医学により十分説明可能であるという事実を,同レベルのものとして比較することの是非は明らかなのではないでしょうか。
05-15 12:33

RT @mollichane: 嘘は言いたくないから本当の事を言う。飯坂温泉観光協会に電話してみた。現在調べてる段階では数百人のキャンセルは無かった模様。それ以前に、そもそも報道に出た旅館が特定出来てないらしい。非常に丁寧な対応だった。とりあえず一報まで。
05-15 12:59

飯坂温泉の話。なぜこういう誤報になったかについて検証し,再発防止に努めてもらいたいところではありますが,いわゆる「病気の子供なんていなかったんだ」系の誤報が誤報と分かると安心できる。同様に「放射線の影響で鼻血を出した人なんていなかったんだ」と,みんなで喜べないものだろうか。
05-15 13:02

原発事故の余波を受けている人たちを本当に心配しているのであれば,「誤報で良かったですね」と喜びあえると思うのですけどね……。
05-15 13:03

北海道がんセンターの西尾先生という方の見解が全文公開されているようなのですが,読んでみた上での素朴な感想を箇条書き>https://t.co/EIYNbDpQgQ 
05-15 18:33

一番不思議なのは「準内部被曝」により結果的に高線量を被曝していると言っているわりに,鼻血を出した子供で血小板の減少が見られないって言うのは,ロジック的に本当にありなのかしら?と言う点と,被放射性粉塵による影響で同様の現象は絶対に起きないものなのかしら?と言う点。
05-15 18:35

未解明というか証明できていないのは構わないんですが,想定する発症モデルとかはないんでしょうか?
05-15 18:36

「被放射性粉塵」→「非放射性粉塵」ですね(^^;
05-15 18:38

キーゼルバッハ部位からの出血と言う事であれば,単純に粉塵による物理的な刺激やストレスなどで発生するごく普通の鼻血,と考えるのが一番リーズナブルではないかと思うのですが…
05-15 18:40

もし鼻粘膜中に付着した粒子からの放射線による影響だとしたら,キーゼルバッハ部位以外のところからも全般的に出血してきてもおかしくないと直感的に思うんですが,間違ってますかね?
05-15 18:41

なんかどんどん深みにはまって言っている気がします(^^;
05-15 18:42

ところで,先日のエントリでもちらっと書いたんですが,ICRPは吸入による呼吸器系からの内部被曝についてもかなり詳細なモデルを作成してシミュレートしていて,その結果が現在利用されている実効線量係数の根拠にもなっているらしいです。
05-15 18:56

ということは,137Cs吸引時の実効線量係数6.7×10−6 mBq/Svを使ってごにょごにょしてあげると,そこそこ鼻血を出すのに必要な放射能が見積もれたりするでしょうか?
05-15 18:57

というか,実効線量係数の定義を考えると,一過性で鼻腔中を通り過ぎる粒子の影響はさらに小さくなりそうな気もしますが,定常状態で常に一定量供給されていると考えれば,そこそこの値になりますかねぇ?
05-15 18:58

RT @ryoFC: 本当は緊急時には一時的に基準を緩くする方向が正しい。もともと500でも欧米の半分以下なんだから。でも実際は、ほぼNDばかり。つまり日本いや福島の農家はすごい努力したんだよ。日本のすごいところは、普通のひとが凄いってことなんだよ。
05-15 22:42

スポンサーサイト
雑談 | 03:23:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。