■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
続・私たちの周りの放射能

自然放射線の話で忘れてはいけない国際線飛行機に搭乗した場合の話を忘れていました。


航空機に搭乗した場合,当然ですが日常生活では考えられないほど高いところにある一定時間滞在することになります。


宇宙から地球にやってくる宇宙線は,大気によって吸収されたり散乱されたりして地上に到達しておりますので,当然ながら高度がより高ければ高いほど「あまり弱められていない宇宙線」の影響にさらされることになります。こちらのページによれば1万メートル以上の高度では、地上(海面)の約150倍の宇宙線が降り注ぐそうなので,特に高度の高いところを長時間飛ぶ国際線の飛行機に搭乗した場合の影響はあまり無視するわけにはいきません。


特に非常に長時間このような環境にさらされる航空機の乗務員の場合は深刻で,国際線航空機に頻繁に搭乗しなくてはならないパイロットや客室乗務員が航空機搭乗時に受ける年間の被ばく線量は、一般公衆の線量限度として示されている1mSvを超える場合が考えられます。さらに航空機乗務員における皮膚がん(黒色腫と非黒色腫)は、いずれの種類についても死亡率や罹患率が一般集団と比べて高いことが知られています。


では,実際に国際線に搭乗するとどの程度の放射線を浴びることになるのでしょうか。それを計算してくれる便利なサイトをご紹介します。


JISCARD Mobile(放射線医学総合研究所)

こちらのサイトでは,PCや携帯電話から簡単に国際線に搭乗した場合に浴びる放射線量を計算してくれます。


ちなみに,2007年の7月に成田からロサンゼルスまで往復すると96μSvの放射線を浴びることになるそうです。μSvはなじみが薄いのでmSvに直すと,0.096mSv。つまり,六ヶ所村の再処理工場から発生が予想される放射線量,年間0.022ミリシーベルトの約4.4倍に当たる放射線を一往復の間に浴びてしまう計算になります。


客室乗務員の方の健康を守るために,もうちょっと何とかして欲しいものではありますが,航空機内で浴びる放射線で最も多いのが透過性の非常に高い中性子線であるということなので,防護策を講じるのもなかなか難しいのかもしれません。


このように,実は我々が生活している中には放射線が思った以上に満ちあふれています。放射線は確かに過剰に浴びれば危険なものではありますが,その性質や特性を理解することで無駄におびえたり忌避することを防ぐことができるのも事実です。


今回の地震で,原子力発電や再処理工場の是非がさらに問い直されている今,できるだけ正しい知識と理解の元に,我々に何ができるのか,何をなすべきなのかを議論していきたいものです。

スポンサーサイト


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 18:08:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。