■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
青森県産品は本当に放射能で汚染されているのか~風評被害を無くすために

私が参加しているmixiのコミュでも,盛んに「六ヶ所村再処理工場の稼働により,青森県産品が放射能に汚染されている」と主張する人たちがいます。こちらのページでも,声高にそのような主張がされており,アンケートに回答した方々のほとんどが青森県産品を「なるべく食べない」どころか「絶対に食べない」「食べたら死ぬ!」などと叫んでいます。


では本当に,青森県産品は放射能に汚染されているのでしょうか?そのように危険な農作物が我々に何も知らされずに普通に流通しているのでしょうか。


結論から先に言います。少なくとも現時点において


これらの主張はすべて悪質なデマです。


青森県産品から異常な放射能が検出されたという事実はありません。


もし,そのような報告があると主張される方がいらっしゃいましたら,ぜひコメント欄でもメールでもご連絡いただければと思います。現在まで私が調べた範囲においては,そのような異常事態,つまり健康被害が予想されるレベルの放射能が検出されたなどと言う事実は全く報告されていません。


また,先ほど紹介したページでなされていた主張も,あまりにも過度に不安を煽りすぎています。確かに六ヶ所の再処理工場で深刻なトラブルや事故が発生した場合にどんなことになるか,想像するだに恐ろしいことです。しかし,


起こりうる可能性のある被害と現実に起こっている被害は明確にわけて議論すべき


である,ということを強く提案したいと思います。意識的に行っているのか,それとも単に無配慮なだけなのかはわかりませんが,あまりにこの両者を混同した議論がまかり通りすぎていると思います。


このような議論の仕方では,現地で真面目に活動している方々にとって多大な不利益を生じさせるだけではなく,このような主張を続ける側にとっても「不誠実である」というレッテルを貼られるだけでなんのメリットもありません。


それでは,先ほどの主張の何が問題なのか。


長くなりますので,次回以降一つ一つ説明していきたいと思います。

スポンサーサイト


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 19:21:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。