■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
01/17のツイートまとめ
preudhomme_AL

浪江町で採取された砕石由来の放射線について。発見のきっかけとなった女子中学生は,3ヶ月で1.6 mSv被曝していることがわかったそうですが,そのペースで言っても年間6.4 mSv。いつぞやの世田谷で見つかったケースの1/5程度,CTスキャン1回分の被曝量とほぼ同程度に過ぎません。
01-17 12:06

それにも関わらず,インタビューに答えていた同じマンションに住むおばあさんは,まるでその子がすでに亡くなったかのように悲嘆にくれて号泣していました。誰か「心配することなんかないんだよ」と声をかけて安心させてあげられる方は,近くにいらっしゃらないんでしょうか?
01-17 12:08

3ヶ月で1.6 mSv=1,600 μSvなので,単純計算すると1,600÷3÷30÷24=0.74 μSv/h 確かに高めではありますが,ラジウム温泉より少し高い程度でもあります(http://t.co/12I8SV1W)。
01-17 12:17

もちろん安心のために経過観察をする必要もあるかもしれませんし,原因となっている基礎部分からの放射線を防ぐ何らかの防護策を講じる必要もあるでしょう。
01-17 12:21

しかし,ローマなどにある花崗岩や大理石でできた建物の中には,0.5 μSv/hを超える線量を示すところとかもあるようですから,決して悲嘆に暮れてしまうような事態じゃないんです。その辺りを,どうしてマスコミはきちんと伝えないのでしょうか?
01-17 12:22

どうして「健康に影響が出るような値では無い」という説明を,まったく信用できない戯言であるかのように扱い,不必要な不安ばかりを煽るのでしょうか。
01-17 12:23

今回の原因となった砕石は,屋根の下とは言え野ざらしにされたままの状態で保管されていたものだったという話も聞きます。だとすれば,問題となるような放射能を持つ砕石は比較的限られていると思われますし,対策も容易です。
01-17 12:25

「正しい情報がないと不安になる」というのは真実だと思います。だからこそ,現代の情報流通の大部分を担っているマスコミに課せられた使命と責任は非常に大きいものだと思います。自らの持つ責任を放棄し単に騒ぎを大きくするのでは無く,きちんとした良識を持って報道をしてもらいたいものです。
01-17 12:29

なんか今朝のツイートがすごい勢いでRTされているせいで、iPadのEchofonがまったく使い物にならなくなっている罠(^^; いったい何が起きたんでしょ?
01-17 22:58

フォローしてくださってる方もすごい勢いで増えてるみたいですが、あんまり大したことつぶやかないと思いますので、あらかじめ謝っておきます(^^; ごめんなさい。
01-17 22:59




例のマンションの問題については、このまま放置するのはよろしく無いのは当たり前なんですが、だからと言って新築のマンションを放棄したり壊したりするのも少々筋悪なのも当たり前なわけです。
01-17 23:01

となると、床下に何らかの防護膜を貼るなどして、十分に低い線量に下げるなどの処置(ちょっとどういう手段がベストなのか、残念ながら私にはぱっと思いつくことができませんが)が必要になるとは思います。
01-17 23:04

でも、例えば転んで血を流している子供を病院に連れて行った時に、適切な処置をすれば絆創膏貼る程度で済む怪我であれば、破傷風になる可能性が0ではないからと言って「入院すべきじゃないだろうか」とか「手術が必要になるはずだ」とか「一生傷が残るはずだ」とか言いませんよね?
01-17 23:08

もちろん怪我をした子供の親は心配ですし、怪我に対する知識がなければ不安になるのも当然です。だからこそ、医者は「大丈夫ですよ」と声をかけるわけなんですが、周りが不安を煽る人にあふれていることで、せっかく安心させようとしている医者の声が届かなかったら、それはとても残念なことです。
01-17 23:11

それ以上の影響を防ぐための対策を講じることと、不必要な不安を取り除いてあげることは、決して相反することではありません。むしろ、同時並行で行うべきことだと思います。
01-17 23:14

国や自治体は、今回の事例がどのくらいの影響をおよぼす(他にも線量が高くなっている構造物があるのかどうかを含め)ものなのかを早急に調査し、対策を講じるべきだと思いますし、再発防止策をなるべく早く実行する必要があると思います。
01-17 23:17

でも、そういう対応を求めることと、不必要に不安を与えることだってイコールでは無いはずです。何らかの対策が必要なのなんて当たり前です。でも、今回の事例については不安に思う必要はない。ただそれだけなんだと思います。
01-17 23:19

スポンサーサイト
雑談 | 11:36:40 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
はじめまして、こういう話なかなか他で読めないので、ありがたく読みました。私のブログでご紹介させていただきました。
他の記事も読んで勉強したいと思います。
よろしくお願いします。
2012-01-20 金 19:39:36 | URL | K [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。