■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
低線量放射線の健康影響をどう考えるか
竹野内さんからコメントをいただきました。最近は「ペトカウ効果」を検索しておいでいただける方がほとんどいなくなっていたのでちょっと驚きました。ありがとうございます。

失礼ながら「この本の訳者より」の「この本」が何を指すのか最初理解できず,少々困惑してしまったのですが,ペトカウ効果に関する本を出版されているのですね。勉強不足で申し訳ありません。

個人的に,ペトカウ氏の論文についてはスターングラス博士が盛んに引用されている1972年の論文以降のものも手に入る範囲でいろいろ読ませていただきましたが,氏の研究成果については私自身も異論を挟むつもりはありません。しかし,ペトカウ氏の研究成果とその主張が,スターングラス博士の主張したい内容と本当に一致しているのかどうかと言うと,私自身が調べた範囲については,かなりの疑問を持っております。

残念ながら,ご紹介いただいたスターングラス博士の著書はまだ拝見しておりませんが,様々な方が喧伝されている博士の主張の内容を聞く限り,どうしてペトカウ氏による細胞内でのSODの効果をここまで完全に無視し続けているのかという一点で,どうしても信用する気持ちになれません。もしかすると,博士自身はこれについてもどこかで言及されているのかもしれませんが,博士の主張を世に広めようとされている方々には,ペトカウ氏の(個人的にはメインだと思っている)業績を無視している(もしくは全く知らない)ように見えるのが残念でなりません。また「低線量の方が危険だ」という主張を現在の首都圏などで観測される放射線量レベルに適用する際に必ず生じる,「じゃあ,自然放射線の影響はどうなるんだ」という素朴で根本的な疑問にも,スターングラス博士の説は明確な回答を与えているとは言いがたいと思っています。

また,仮に低線量側で被曝によるリスクが,LNT仮説における線形予測よりも高いリスクが発生するとしても,疫学的に有害であることが明らかになっている100 mSvよりも高いリスクが存在しているとは思えません。なぜなら,もし100 mSvよりも有害であるのなら,すでに低線量被曝による影響が疫学的に検出されているはずだからです。しかし,今現在そのような明確な調査結果はありません。それならば,低線量側の増加分,たとえば0.1 μSv/hの被曝は,高線量側であればどのレベルの被曝と同等のリスクが生じているのか。0.1 mSv/h相当なのか,それとも10 mSv/h相当なのか。まずそこの定量的な議論がなければ,低線量被曝のリスクを定量的に見積もり議論することは不可能なはずなのですが,そのような定量的な議論を私はまだ見たことがありません。

その説を補強するための理論的な背景としてin vivo,せめてin vitroでの「定量的な」議論が主流となっていないようにしか見えない(ペトカウ氏の一連の研究成果は,in vivoにおいてスターングラス博士の説を否定していますし,過去に行われた動物実験の結果からもスターングラス博士の説は否定されているようです)現状で,しかもその説を支援するような疫学的なデータも見つけられていない今の私の現状では,いくらスターングラス博士が一生懸命頑張っているというお話を伺ったとしても,残念ながらその説を素直に信用することができません。もしご存知であれば,スターングラス博士の説を裏付けるような調査結果の一次情報について,ポインタをご教示いただければと思います。

そして,自然科学系研究者の健全性を固く信じている青臭い私としては,自著よりも論文を重視したい気持ちが抜けきれません。たとえスターングラス博士自身が何らかの原因で無視されているとしても,そこに事実が存在するのであれば必ず他の誰かが再発見するのが,(少なくとも現代の)自然科学というものだと思っています。

現実問題として,低線量放射線の健康影響に関係する議論の一つとして,α線などによるバイスタンダー効果(これについてはもうちょっと勉強して,きちんと紹介したいと思っています)などについては積極的に研究が進められ,議論も深められています。もちろんバイスタンダー効果に関する研究は,きちんとした権威ある査読付の論文誌に数多く掲載されています。これらの領域は同時に見られるγ線による適応応答などと同様に,低線量放射線が細胞などにどのような影響を与えるのかという問題を明らかにするために,そのシステムの解明が精力的に進められています。そして,ペトカウ氏の研究はこのような分野の先駆的な研究の一つとして評価されるべき内容だと思っています。

しかし,同時に行われている高放射線地域における疫学調査などの結果では,低線量放射線による明確な健康被害に関する証拠は見いだされておらず,繰り返しになりますがスターングラス博士が主張されているような結果は,少なくとも私が調べた範囲では立証されていないようです。博士の主張は,もし無視できないような事実として存在しているのであれば重要ではありますが,低線量被曝をした子供は知恵遅れになりやすいなどという主張は不必要な偏見や差別を生み出しかねない主張ですので,その評価は慎重であるべきだと思います。

グロイブ氏やスターングラス博士同様,低線量放射線が健康に与える影響やそのシステムを何とか見つけ出そうと多大な労力をかけて真摯に努力している研究者はそれこそ星の数ほどいます。そして,彼らの努力の成果の一つとして現在コンセンサスを得ている認識は「in vitro の実験では,細胞に対する影響は明らかに存在する。しかし,in vivo にはその影響をキャンセルするシステムが明らかに存在する。そのため,結果として健康への影響も存在するのかもしれないが,疫学的な調査で有意差が出るほどのレベルでは無い微少なものである。」というものだと理解しています。

その上で,ICRPは「微少かもしれないがあるかもしれない影響は極力排除するように努力すべし」という理想の元に活動を進めています。しかし,日本政府はそのような理想をかかげたICRPの基準よりもさらに厳しい対応を検討しています。ですが,それにも関わらず,それ以上のものを国民が求めているのが現状であると思います。このような堂々巡りの無い物ねだりを繰り返しても非効率であるばかりか,何のメリットも生み出さず,かえってデメリットばかりが拡大してしまいます。このような状況はリスクマネジメント的には容認できるものでは無く,回避すべき状況の一つです。

広島・長崎で被爆された方々の追跡調査,核実験によるフォールアウトの影響調査,世界各地に存在する高自然放射線地域での疫学調査,チェルノブイリ事故の被害者を対象とした各種の調査,そのいずれもが低線量被曝による明確な健康被害の存在を認めていません

昨今話題になっている内部被曝についても,α核種が大量にばらまかれた広島・長崎はもとより,知見不足と対応の不備により無秩序に汚染された食品が出回り続けたチェルノブイリのケースと今回のケースを比較すること自体にも問題が無いわけではないのですが,それでもチェルノブイリ事故後の追跡調査の結果では,セシウムの内部被曝による健康被害は見いだされていません。よう素による甲状腺ガンの増加は疫学的に見いだされたのにも関わらず,です。と言っても,これはよう素が人体において特異的に甲状腺に集中して蓄積される=放射線による影響も集中する,のに対し,全身の筋肉に分散しながら体外に排出され,結果的に人体に対する影響が薄められているセシウムの特性を考えれば十分に納得できる結果だと思います。

現代社会において,放射線は,原子力発電所を除いたとしても,医療を始めとする様々な分野で有効利用されている「ツール」の一つです。もちろんいくら有効なツールであったとしても適切に利用しなければ,自動車の交通事故や飛行機・列車の事故のように人的被害を容易に発生させてしまうリスクが存在します。であるからこそ,どのような場合に事故が生じるのか,どのようにすれば事故が発生する確率を抑えることができるのかということが,数多くの研究者たちによって検討され続けています。彼らの大部分は,マスコミに取り上げられて一般の人に名前を知られることも,一般向けの講演会に演者として招待されることも,自著を出版することもなく,一般的なサラリーのみを報酬として黙々と研究を続け,社会に貢献し続けています。そして,自然科学の基盤と源流を構築しているのは,テレビやマスコミに数多く顔を出し名前を売り続けている研究畑出身の方々では無く,こうして日々黙々と研究を続けている,誰にも,名前どころかその存在すら知られることのない場末の研究者たちの集合知だと思っています。

青臭いですね。わかってます。きっと「そんなことない。研究者なんてもっとドロドロしていて信用ならない連中の集団で,ほとんどは国や大企業の御用学者だ。」と思ってる人たちの方が,今の世の中は大多数を占めているんだろうな,と日々の報道やネットでの検索結果を見るたびに思ってます。

もちろん,世の中のこういった認識は,世間との関わりを軽視してしまいがちな研究者の行動様式がそもそもの原因であるという自覚もあるわけなんですが,それでもやっぱり凹みます。ですから,この辺の話はちょっと意固地になって感情的になっている部分があると思います。

しかし,もしスターングラス博士の知見が正しいのであれば,必ず他の人たちが同様の結果を出し続けます。同様の結果が出続ければ,絶対に無視できない流れが研究者の間で作られます。研究者は,それまでの常識にとらわれすぎているから常識を無視した理論は無視される,と言う人がいます。でも,それは本当の研究者を見たことが無い人たちの意見だと思っています。

たとえば,今はすっかり懐かしい常温核融合フィーバーの時。その実験結果を初めて知ったほとんどの研究者は「そんなバカなことが起きるわけ無いだろう」と思いました。でも,同時にほとんどの研究者は「ほんとだったら面白い」と思い,世界中で常温核融合の触媒として用いられたパラジウムの値段が急上昇してしまうほど,こぞって実験を繰り返しました。残念ながら,最初の実験には再現性が見られないことが確かめられ,結果的にそれまでの常識の方が正しかったことが証明されてしまったわけですが,数多くの研究者たちが(結果的に破れたとは言え)「常識」にチャレンジしたのは事実です。

たとえば,田中耕一さんがTOF MSでタンパク質の分子量を測定したと報告した時,博士号も持たない一介の民間会社の研究員がそれまでの常識を覆すような結果を出せるわけがない,などと無視したりせず,当時からこの分野で世界的に有名だったドイツのグループが,田中さんの学会講演の英文抄録を参考にして,現在ではタンパク質を研究する上で欠かすことのできない重要な分析法であるMALDI-TOF法を確立したのは有名な話です。

スターングラス博士が最初に自説を発表してから,すでに50年近く。第二次世界大戦後,ひたすら加速を続ける自然科学の世界では,それ以前の数百年を凌駕する勢いで様々な研究が繰り広げられてきました。その様な中で,完全に世界から忘れ去られているわけでもないのに,彼の説を支持するようなデータが主流にならないと言うことは,もちろん今後彼の説を支援するようなデータが出てくる可能性は「ゼロでは無い」わけですが,現時点で得られている知見からでは,残念ながらそういうことなのだろうと判断せざるを得ません。ですので,もしスターングラス博士の知見を支持するような論文や調査結果などについての一次情報の存在をご存知の方がいらっしゃいましたら,ぜひご教示いただければと思います。

私は,スターングラス博士や竹野内さんをはじめとするみなさんの活動にも敬意を表したいと思いますが,それ以上に,華やかな舞台で誰かにその名を知られることがなくても,ひたすら地道にデータをとり続ける数多くの研究者たちの努力に対しても敬意を払いたいと思っています。
スポンサーサイト


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 19:22:21 | Trackback(0) | Comments(14)
コメント
全く共感です(一部、私が勉強せねばですが)
いつもブログを拝見しています。
今回の文章は、いつもにも増して、読者の心を燃え上がらせますね。
特に、
『このような堂々巡りの無い物ねだりを繰り返しても非効率であるばかりか,何のメリットも生み出さず,かえってデメリットばかりが拡大してしまいます。このような状況はリスクマネジメント的には容認できるものでは無く,回避すべき状況の一つです。』という部分については、大いに共感せざるを得ません。また、
『彼らの努力の成果の一つとして現在コンセンサスを得ている認識は「in vitro の実験では,細胞に対する影響は明らかに存在する。しかし,in vivo にはその影響をキャンセルするシステムが明らかに存在する。そのため,結果として健康への影響も存在するのかもしれないが,疫学的な調査で有意差が出るほどのレベルでは無い微少なものである。』
という部分について、私もこれから勉強してみようと思います。そして、これは、(少し論文引用等のファクトを追加して)ぜひとも食品安全委員会の生涯100mSvの基準に何らかのコメントを出されるべきなのでは、と老婆心ながらに思ってしまいました。
科学的に明らかでないから「とりあえず安全側に考えて生涯100mSv」という決め方を(このごに及んでも)しようとしているからには(まあ、これまでの食安委もそういった決め方で逃げてきたのですが)、私も含めて、科学者が立ち上がらない理由はないのではないかと思っています。
2011-08-01 月 23:21:12 | URL | Inoue [編集]
学術論文の一本も提示せずに必死で抗弁する竹野内真理氏の姿から、科学的にはおろそかな根拠で不安を煽りつつ責任はペトカウ博士に押しつけるスターングラス博士と、その一方的な言説の著作をもとにやはりペトカウ博士を生贄にしつつ、大衆の不安を銭に変換する有象無象と言う構図がようやく見えてきましたね。実に興味深い。
2011-08-02 火 01:17:18 | URL | dondonobo [編集]
原発推進派の方が多いようですが、広島の日を前にこのメールを捧げます
今このブログを読んでいて、原子力推進派、放射能無害派の方が多いことがわかりました。

そのような皆様には今一度、放射能とその犠牲の大きさについて深く学んでいただきたいと思います。

もういちいち反論する暇はないのですが、とりあえず、ここにも、今日本で一番問題であるセシウムとストロンチウムの毒性について書かせていただきます。

原発の推進、反対にかかわらず、どうか皆様、放射能安全神話にまどわされることなく、ご自身とご家族の身を守られるよう、お祈りいたします。

広島の日の前夜にて  竹野内真理拝

最近、セシウムの毒性に関する大変重要な冊子が、が茨城大学名誉教授久保田護氏により翻訳、自費出版されました。元ゴメリ医大学長、バンダジェフスキー博士の『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響―チェルノブイリの教訓 セシウム137による内臓の病変と対策―』です。食物中のセシウム摂取による内部被曝の研究がほとんどない中、バンダジェフスキー博士は、大学病院で死亡した患者を解剖し、心臓、腎臓、肝臓などに蓄積したセシウム137の量と臓器の細胞組織の変化との環境を調べ、体内のセシウム137による被曝は低線量でも危険との結論に達しました。以下に要点をまとめます。

体全体への影響
* セシウム137の体内における慢性被曝により、細胞の発育と活力プロセスがゆがめられ、体内器官(心臓、肝臓、腎臓)の不調の原因になる。
* 大抵いくつかの器官が同時に放射線の毒作用を受け、代謝機能不全を引き起こす。
* セシウムの濃度に応じて、活力機構の破壊、たんぱく質の破壊が導かれ、組織発育が阻害される。
* セシウムの影響による体の病理変化は、合併症状を示し、長寿命体内放射能症候群(SLIR)といわれる。SLIRは、セシウムが体内に入ったときに現れ、その程度は入った量と時間とに相関する。
* SLIRは、欠陥、内分泌、免疫、生殖、消化、排尿、胆汁の系における組織的機能変化で明らかになっている。
* SLIRを引き起こすセシウムの量は、年齢、性別、系の機能の状態に依存するが、体内放射能レベルが50Bq/kg以上の子供は機関や系にかなりの病理変化を持っていた。心筋における代謝不調は20Bq/kgで記録された。
* 汚染地帯、非汚染地帯の双方で、わずかな量の体内セシウムであっても、心臓、肝臓、腎臓をはじめとする生命維持に必要な器官への毒性効果が見られる。

心臓への影響
* 生命維持に必要な多くの系で乱れが生じるが、その最初は心臓血管系である。心筋のように、細胞増殖が無視できるかまったくない器官や組織は、代謝プロセスや膜細胞組織に大きな影響が生じるため、最大の損傷を受ける
* ミンスクの子供は20Bq/kg以上のセシウム137濃度を持ち、85%が心電図に病理変化を記録している。
* ミンスクの子供で、まれに体内放射能が認められない場合もあるが、その25%に心電図変化がある。このように濃度が低くても、心筋に重大な代謝変化を起こすのに十分である。

血管系への影響
* 血管系が侵され、高血圧が幼児期からも見られることがある。
* セシウムは血管壁の抗血栓活性を減退させる。
* 血管系の病理学的変化は、脳、心臓、腎臓、その他の機関の細胞の破壊を導く。
* 体内のセシウム濃度の高い子供の間で、白血球の数の減少が見られた。最初に減ったのがバチルス核好中球と単球であり、同時にリンパ球の数が増大した。
* 動物実験では、絶対的赤血球数と相対的核好中白血球の数の減少が起きた。
* 40キュリー/km2以上の地域から汚染の少ない地域に移住した子供の骨髄球の生理状態が回復したことは注目に値する。

腎臓への影響
* セシウムは腎臓機能を破壊し、他の器官への毒作用や動脈高血圧をもたらす。ゴメリにおける突然死の89%が腎臓破壊を伴っている。
* 腎臓もセシウムの影響を強く受けるが、放射線による腎臓の症状は特徴がある。また病気の進行が早く、悪性の動脈高血圧がしばしば急速に進む。2-3年すると、腎臓の損傷は慢性腎機能不全、脳と心臓との合併症、ハイパーニトロゲンミアを進展させる。

肝臓への影響
* 肝臓においては、胎児肝臓病や肝硬変のような厳しい病理学的プロセスが導かれる。
* 免疫系の損傷により、汚染地ではウィルス性肝炎が増大し、肝臓の機能不全と肝臓ガンの原因となっている。

甲状腺への影響
* セシウムは、甲状腺異常にヨウ素との相乗関係を持って寄与し、自己免疫甲状腺炎や甲状腺ガンの原因となる。

母体と胎児への影響
* セシウムは女性の生殖系の内分泌系機能の乱れをもたらし、不妊の重要因子となりえる。また、妊婦と胎児両方でホルモンの不調の原因となる。
* 月経サイクルの不調、子宮筋腫、性器の炎症も見られる。
* 母乳を通じ、母体は汚染が低くなるが、子供にセシウム汚染は移行する。多くの系がこの時期に作られるので、子供の体に悪影響を与える。
* 1998年のゴメリ州での死亡率は14%に達したが、出生率は9%(発育不全と先天的障害者含む)だった。妊娠初期における胎児の死亡率がかなり高かった。
* セシウムは胎児の肝臓病を引き起こし、その場合胎児は肝臓に限らず、前進の代謝の乱れが生じる。

免疫系への影響
* 免疫不全により、結核が増加している。
* 免疫系の障害が、体内放射能に起因することは、中性白血球の食作用能力の減退で証明されている。

神経系への影響
* 神経系は体内放射能に真っ先に反応する。脳の各部位、特に大脳半球に影響を及ぼし、さまざまな発育不良に反映される。
* 生命維持に不可欠なアミンや神経に作用するアミノ酸の内部被曝による変動は外部被曝と比べ、顕著である。
* セシウム137の体内量と自律神経系の機能障害は相関する。
* 動物実験で発情期のメスに神経反応の組織障害が起こる。
* ウクライナの学者は、大脳の差半球で辺縁系小胞体組織の異常があると述べている。

消化器系
* セシウムが体内に長期間は言っている子供に、慢性胃腸病を引き起こす。

視覚器官
* ベトカとスベチロビッチ(15―40キュリー/km2)に住んでいる子供では、子供の視覚器官の変化はそれぞれ93.4%と94.6%だった。
* 白内障発生率とセシウム137の量に明白な正比例関係が見られた。

相乗作用
* セシウムの影響は、ニコチン、アルコール、ハイポダイナミアと相乗して憎悪される。

男女差
* セシウムは男性により多く取り込まれやすく、女性より男性により強い影響が出ており、より多くのガン、心臓血管不調、寿命の低下が見られる。

疫学調査
* 1976年と1995年のベラルーシの比較。悪性の腎臓腫瘍が男4倍以上、女2.8倍以上。悪性膀胱腫瘍が男2倍以上、女1.9倍以上。悪性甲状線腫瘍が男3.4倍以上 女5.6倍以上。悪性結腸腫瘍は男女とも2.1倍以上。
* ゴメリ州では腎臓ガンは男5倍、女3.76倍。甲状線ガンは男5倍、女10倍となった。

セシウム排出製剤
* セシウムの排出に、カリエイ土を加えたペクチン製剤のペクトパルは最も将来性がある製剤のひとつだが、セシウムが人体に入るのを防ぐほうが、それを排出したり乱れた代謝を正常にするより容易なことを心に留めるべきである。


ストロンチウムの毒性について

ストロンチウム90が福島原発から80kmはなれたところで検出されたというニュースをNHKで4月の中ごろ聞きました。その後報道されないので、ずっと気になっていました。ストロンチウム90は、その昔、レイチェル・カーソンが化学物質とともに「邪悪な相棒」と称した物質で、核実験が行われていたときは、その有害性のために世界各国で研究が行われていた、大変危険な物質です。

以下にストロンチウム90の特徴を記します。

(グロイブ著『人間と環境への低レベル放射能の脅威』と2006年スターングラス博士インタビューhttp://www.e22.com/atom/page08.htmより要約抜粋)


*ストロンチウムはミルクや穀物の外殻に蓄積されやすい。(両方とも基本となる食物なので始末が悪い。ちなみに1963年、ドイツでは黒パンの流通を禁止することを考慮)

*カルシウムに似た親骨性の物質であり、ベータ線を放出する。ベータ線はアルファ線より飛距離があり、骨髄により効率的に到達してしまう。ストロンチウム90は、骨髄で作られる白血球の正常な機能を阻害するため、ガンや免疫低下、免疫低下に起因する感染症、肺炎などを引き起こす。

*1968年、オスロー大学のストッケらは、ストロンチウム90を与えた動物実験で、わずか0.01ミリグレイ(ミリシーベルト)であっても、高度な骨髄細胞への障害を観察した。また、0.1-1ミリシーベルトのストロンチウム90でも動物実験で、骨髄の減衰が見られた。

*あまり知られていないが、カルシウムは神経の伝達にもかかせない物質であるため、ストロンチウムは脳にも入り込み、神経にダメージを与えるため、脳の発達に支障をきたすようになる。

*ストロンチウム、トリチウム、ヨウ素などは吸引または摂取されて体のある機関に濃縮されると、体が非活性化できるよりずっと多くの活性酸素を発生させてしまう。

*低体重児の出生率と人体中のストロンチウム90の濃度は大きな相関関係がある。また、妊娠の何年も前から蓄積されたストロンチウム90により、流産の危険性が高まる。

*ストロンチウムの娘核種のイットリウムは脳下垂体に蓄積するが、出産前の2-3週間にこれが起こると、肺胞に必要な脂質の生成が不十分になり、胎児の肺機能の成長を阻害し、出産後に見かけはなんら異常のない赤ん坊が呼吸器系疾患で死亡するケースがある。

*ストロンチウムの娘核種であるイットリウムは、すい臓にも集中し、糖尿病やすい臓がんの原因になる。
2011-08-05 金 22:33:11 | URL | 竹野内真理 [編集]
スターングラス博士について
すみません、話題で大事なことを忘れていました!!!

スターングラス博士について知るには、Secret Fallout(「赤ん坊をおそう放射能」)を読むのが一番良いと思います。英語版は、ネットでダウンロードもできますから、是非お読みください。ノーベル医学賞のジョージ・ウォールドが推薦の序章を書いています。あの緻密な本に、間違いが一箇所でもあれば、教えていただければと思います。ちなみにあの本には、広範な疫学調査がスターングラスとその他複数の著名な学者によって行われていること、同時に政府や原子力産業側がいかに画策を行い、それと同時に隠ぺい工作が後からばれてしまったかも詳述されています。是非お読みください。そして具体的な、ご指摘をいただきたいと思います。
2011-08-05 金 22:46:28 | URL | 竹野内真理 [編集]
Re: 原発推進派の方が多いようですが、広島の日を前にこのメールを捧げます
とりあえず最新のエントリであるこの記事に頂いたコメントの返答という形として、当ブログ管理人としてコメントさせて頂きます。

改めまして、竹野内さん、コメントありがとうございます。
と言いたいところなのですが、もうちょっと自重していただけませんでしょうか?

当ブログにおきましては、ついたコメントはなるべく削除しない方針でこれまで運営させていただいており、ご質問としていただいたものや、気になったコメントに回答させていただくという形を取ってきました。

竹野内さんから頂いたコメントも非常に興味深いものでしたので、こちらの内容についても検証してみたいと思っていたのですが、このコメントに書かれているセシウムやストロンチウムの話自体、どこかからの引用ですよね?もともと竹野内さんがおかきになった文章なのかまでは検証しておりませんが、ほとんど同じ内容の文章が検索で引っかかってきました。

他のところですでに書かれている文章であれば、今後はポインタだけを示していただければそれで十分ですし、そもそも同じ文章を3つのエントリにコメントとして入れるのはちょっとやりすぎです。

たぶん、これで終わりだとは思いますが、これ以上同様の行為をされるのであれば、残念ながら何らかの対処をせざるを得ませんので、どうかよろしくお願い致します。

なお、このブログでは原発推進の是非などはあえて言及してません。

一応私自身のスタンスとしては、原子力関連事業は段階的に削減していくべきだというものであることは、過去のエントリでも宣言しておりますが、このブログでは原子力関連事業への反対を唱える場合でも、科学的な確からしさを重視し、科学的に不確かな根拠のない妄言で広がる風評被害や不必要な不安感、原子力反対運動に対する偏見をなんとかしたいという願いを持っています。

そのため、可能なかぎり一次資料を元にお話をさせていただくことにしているのですが、残念ながら竹野内さんにご紹介いただいている資料は一次資料とは言いがたいものが多く、どちらかと言えば大変申し訳ありませんが、普通の教科書などに書かれている内容とは異なるような主張が多いため、その根拠となる論文・データなどを探して検証するのには、少々お時間を頂く必要があると感じています。

もちろん自然科学は日進月歩の分野ですし、教科書もどんどん書き換えられるものです。ですが、だからといってそれまでの教科書に書かれるような内容と異なる内容を事実として広めるためには、それなりの裏付けが必要だと私は考えています。

ですので、もしよろしければ一次情報となるポインタ(疫学調査の生データ、実験データなどの掲載されている論文やそれに準じたもの、もしくは理論的な解説など、ご紹介いただいている本などの引用元に当たる資料)をご教示いただければと思います。

ブログ管理人として、この場がよりよい理解を深めるための議論の場になることを切望致します。
2011-08-05 金 23:32:08 | URL | ぷろどおむ [編集]
わかりました。どうも失礼いたしました。
すみません、直前に私の個人名を出して形容されている方がいたので、ついつい大人気ないことを書いてしまいました。ごめんなさい。

引用文献だけ、述べさせていただきます。

100mSV以下でも危険を示す書はたくさんありますが、とりあえず一般的な教科書としては、以下にあります。

放射線医学総合研究所編著
「虎の巻 低線量放射線と健康影響」
2005年にWHOの国際ガン研究機関による15カ国の原発労働者の調査で10mSVでも有意差があったとCardisらの研究で明らかになっております。

そのほかにもこの書では、最近話題のバイスタンダー効果やゲノム不安定性の説明、そして低線量で影響が直線よりも大きく上昇する、逆線量率効果についても書かれてあります。

スターングラス博士ですが、SODのことは、もちろん博士もご存知ですが、ただ、博士の論点は、あくまで低線量における固体としての影響をマクロに論じたわけで、効酸化作用のある酵素そのものというミクロの世界に焦点を当てた論文は書いていないので、当然言及はなかったわけです。

逆にスターングラスの説を否定するペトカウのIn Vivoにおける研究データがどこにあるのか、教えてくださると幸いです。私は聞いたことあがりませんでした。論文タイトルを英語で教えていただけると幸いです。

ありがとうございます。

竹野内真理拝

2011-08-06 土 05:26:35 | URL | 竹野内真理 [編集]
セシウムとストロンチウム
一点、書き忘れました。おっしゃられているバンダジェフスキーさんの研究に関しての要約は私が書きました。

大変重大な内容と思い、皆様の健康問題にもかかわる話だと思い、いくつものページに書き込みを入れてしまいました。

おせっかいなことをして、すみませんでした。


あと、管理人さんへのお願いなのですが、dondonoboの以下のコメントにも注意を促していただけるとありがたいです。。。大衆の不安を銭に変換する。。。とは、どういうことなのでしょうか。はっきり言ってこれを読んで非常に悲しくなりました。

私が投稿した直前のdondonoboさんの私へのコメントは以下です。

「学術論文の一本も提示せずに必死で抗弁する竹野内真理氏の姿から、科学的にはおろそかな根拠で不安を煽りつつ責任はペトカウ博士に押しつけるスターングラス博士と、その一方的な言説の著作をもとにやはりペトカウ博士を生贄にしつつ、大衆の不安を銭に変換する有象無象と言う構図がようやく見えてきましたね。実に興味深い。」

ちなみに私が根拠としました拙訳書「人間と環境への低レベル放射能の脅威」は、引用学術論文は、ICRP、BEIR、UNSCEARなど、体制側のものも含め、数百以上にのぼっています。

dondonoboさんには是非、Referenceの部分を読んでいただきたいこと、それからこのような誹謗中傷は自重していただければありがたいです。

私も今後おとなしくしようと思います。
同時に、このような誹謗中傷も受けたくないです。
どうも失礼いたしました。

竹野内真理拝
2011-08-06 土 05:56:03 | URL | 竹野内真理 [編集]
Re: セシウムとストロンチウム
竹野内さん、コメントありがとうございます。
こちらからのお願いをご理解いただけたようで助かりますが、各コメントにもそれぞれURLが振られているはずですし、見ればどのコメントかわかりますので引用は不要です。以後ご留意いただければと思います。

さて、dondonoboさんのコメントですが、確かに扇情的な書き方になってはおりますが、このような話題をしているときは、どうしてもこのような書き方をしたくなる方はいらっしゃいますので、このブログでは特に咎めるようなことはしておりません。あまりに似たようなことを続けるようでしたら、一言言う場合もありますが、基本的にはそれぞれコメントしてくださる方のモラルに期待することにしております。

なので、特に擁護するつもりもないのですが、正直私も困惑した通り、エントリ中で全く触れられてもいない(それどころかこのエントリを書いた時点では出版もされていないのではないですか?)書籍について「この本の訳者です」と名乗って竹野内さんが登場されたので、あらぬ誤解を受けたのではないかと推察します。また、その後も突然話題とはぜんぜん違うセシウムやストロンチウムの毒性などについての自費出版の購入連絡先までコメントされた時には、一瞬とはいえ竹野内さんの真意を疑ってしまったのも事実です。私の個人的な感覚から言うと、そのような宣伝と思われても仕方がない文章を自分のブログに書き、そこへのリンクを貼るところまではセーフだとは思いますが、他所のブログに突然長文で書きこむのはかなり黒に近いグレーのように感じます。

それと、根本的な問題として、竹野内さんの熱意は非常に強く伝わってきてはいるのですが、正直に言えば、というかこれまでのエントリをご覧いただければ分かる通り、たぶん私は竹野内さんとは反対側の意見を持つ人間で(^^;、今現在準備しているエントリの内容も、たぶん竹野内さんがそう簡単に賛同してくれることはないかな?と思っている内容です(^^; またちょっと検索していただければ分かる通り、今ネットの中には竹野内さんのように危険を(私から見ると必要以上に)訴える論調で溢れており、その中でこのブログはある意味反旗を翻している形になっているのが現状です。ですので、必然的にこのブログには竹野内さんとは逆の意見を持っている方が集まってくることは十分に高い確率で予想されます。

私自身、以前ヨウ素の暫定基準についての議論で勘違いしていたことをコメント欄で何度も指摘して頂く中でやっと気がつくことができたり、その他にも色々勘違いしている部分を直していただいたりしているので、エントリの内容に相対する意見を書き込んでいただくのは基本的に歓迎しております。もちろんその中には、かなり強い口調で喧嘩腰のコメントをされる方もいらっしゃいますが、その中からも何かしら有益な結論が出るものです。なので、勝手ながらコメントを書き込んでいただく方にも、ナイーブになりすぎることなく相対する意見を受け止め、建設的な議論をしていただくことを望みたいと思っています。

さらに勝手なお願いをすれば、著書を購入しなければ参照することなんてできるわけのない数百件のReferenceの内容を精査し、議論に関係のある論文を抽出してその内容を読むなんてことをdondonoboさんに要求しても、現実的には無理ですよね。私自身ご紹介いただいたスターングラス博士の150ページ以上に渡る英文と、Referenceの山を前に今現在根を上げそうになっているのでよく分かるのですが、そのような要求をして終わりにするのではなく、議論において重要なポイントとなると竹野内さんが考えている引用文献を直接ご紹介いただけた方が、より検証しやすく建設的な議論を進めやすくなるのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

いろいろと勝手なお願いばかりで申しわけありませんが、よろしくご検討いただけますようお願いいたします。
2011-08-06 土 10:51:27 | URL | ぷろどおむ [編集]
Re: タイトルなし
一点だけ。スターングラス博士の説と相対するペトカウ氏の研究成果とは、SODに関する一連の論文を指しているつもりでした。SODにより放射線の細胞への影響が減少している時点で、いわんや更に大きなマクロな状態をや、というのが私の思考です。それに、いわゆる「ペトカウ効果」として紹介されているのは、リン脂質を使って模式的に細胞膜用の構造を形成させた時の実験結果ではないですか?そちらの方を尊重しているにもかかわらず、「マクロな状態を論じている」と言われても、にわかに納得できません。もし、私が考えているのとは違うペトカウ氏の論文を根拠にされているのであれば、雑誌名や巻数、ページ数などを教えていただければと思います。

あと、一点だけとは言いつつもう一点。低線量被曝の影響を論じる際には、トータルの線量だけではなく線量率も非常に重要なファクターになってくるはずです。一次情報となる論文に私がこだわるのもそこです。論文であれば実験条件が明記されていますから、線量率も簡単にわかります。トータルの線量が低くても、今現在問題になっているレベルの線量率と2桁も3桁も違っていたのではそのまま比較して議論するのは不可能ですよね?できれば、そのあたりから議論していければと思っています。よろしくお願い致します。
2011-08-06 土 11:01:56 | URL | ぷろどおむ [編集]
こんばんは。

記事の内容に関して、いつも以上に強く共感いたしました。
一つ目のコメント、inoueさんと全く同様の個所です。

私は幼少の頃から被曝とはいかに恐ろしいものであるか、と家庭でも、学校でも教えられてきました。
放射能とはいかに絶望的に人を蝕むものであるか、と。
学校では夏には反戦、反核の歌を歌い、放射能は一瞬にして人々の生活を壊すものである、と教えられました。
毎年8月6日、9日、15日に設けられた登校日で原爆の写真を見、”戦争と平和と核を考える”という作文を書きました。義務教育の9年間続いたことです。
今でも原爆投下時刻には黙とういたします。

だからこそ”放射能とはどのくらい恐ろしいものであるのか?”という疑問が大きくなったのです。
そして微量ながら自然界に日常的に存在し、太陽光にも含まれていることを知りました。核実験国がばらまいた放射性物質が世界中に飛散し、それがまだ残っていることも。米や小麦がそれを微量ながら根から吸い上げて、結果僅かながら検出され、私たちはそれを食べていることも。でもほとんどの場合そのことに気づかず、影響も無いと言える状態であることも。それは恐怖だけを教えられた時代には一度も知らされなかったことでした。

だから冷静になりたいのです。過度に恐怖を持ち、認めたくない部分に目をつぶり、ただもう恐怖に怯える、という生活をしたくないのです。
怯えるのなら正しい知識を持って怯えたいのです。
ですから、私はここにあるような生体内半減期、排出、そして生体の持つ微量の放射性物質への耐性のお話に納得します。
今回問題になった牛肉を一度くらい、少しくらい食べても問題はない、それを信じます。(安くならないかと思っていましたが、そうでもありませんでした^^;)

ただ、原発からどのくらいの量が放出されたのか、どのくらいの範囲でどこに降ったのか、これは今後もずっと気をつけて行かなければならないと思っています。そして冷静に現実を見、出来得る限り正確な情報を拾って行きたいと考えています。

現在の科学を支えている多くの、無名ではあってもご自分の研究、分野に誠実に向き合っておられる研究者の方々に敬意を持って、その数々の考察やデータに耳を傾け、目を通して行きます。そして冷静に自分で考え判断したい。

多くの研究者の方はご自分の研究分野に誠実で真摯であることでしょう。それが学者さんですもの。そうでなければ科学が成り立ちません。私はそう思っています。

長文のコメント、失礼いたしました<(_ _)>

PS:やはり”生涯100mSvという食品安全委員会の定めた基準というのはあまり科学的な根拠はないものなのですか?どうしてそんなひどく長期的な、しかも正確な計測が難しいような、おかしな基準にしたのだろう、と思っていました。
放射能への拒否反応と恐怖心がどんどん事態を混乱へと運んで行っているような気がしております。
2011-08-07 日 04:51:59 | URL | パコ [編集]
科学的見解は。
はじめまして。
311以前から、時々拝見させていただいておりました。

本記事は、「低線量は安全である」という情報発信になります。
もしかしたら意図していないのかもしれませんが、この記事を読む人は、「安全だ」とだけ思ってしまいがちです。

いわゆる、科学的立場の意見として情報・見解を発信しているなかで、不思議に感じることは、さまざまな添加物や食品、薬品については膨大な検証・治験を経てリスクがベネフィットを十分下回るとコンセンサスが得られているものであるのに、なぜか放射能被曝に関しては、不十分な証拠だけ「低線量被曝による明確な健康被害の存在を認めていません。」として、あたかも「低線量被曝はリスクが限りなく0に近い」という印象を受ける主張をされることです。

現実は、治験等行えるはずも無く、時たまの事故などによる被曝をようやく調査している状況です。
高々数10万の不十分なトレースだけで健康被害はないと結論付けてしまっていることは、少々拙速であると思います。

低線量の被曝で将来問題がおきるかおきないか本当のところはわかりません。だからこそ、予防原則に基づき可能な限りの対策は採っておきましょう、というのが現在の状況を危険かもしれないと感じている人たちのポリシーです。

これを、危険なほうが都合が良いのだろうと揶揄する人が、科学者を自称する人にもいらっしゃるようで大変残念です。

もしも、「本当は良く判ってないのだ」という姿勢であるのならば「わからない」ということが適切だと思います。

田崎晴明さんはこの点で誠実にわかりやすく記事を書いてくださっています。僭越ではありますが、URL を記載します。
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/

最後になりますが、駄文でわかりにくい文章ではありますが、被災地にいる身の一意見としてご理解いただければ幸いです。
2011-08-17 水 22:55:54 | URL | むげん [編集]
パコ様へ
生涯100mSv という線量の基準ですが、このような長い期間である理由を簡単に説明いたします。

放射線被曝による影響はある時点での累積線量(~mSv等のことです)から推定することがICRPのポリシーになっています。

内部被曝は摂取総ベクレル数から、吸収率・生体半減期も考慮した上で50年(子どもは70年)の累積線量を想定してシーベルトへの換算係数が決められています。これは、放射性物質がどうしてもある程度は体内にずっと残留するためです。

一方、100mSv におけるガン死亡リスクは0.5%としています。
また、人は年齢の上昇とともに死亡率が上昇します。

このことは、ガン死亡年齢と死亡率の上昇の兼ね合いで社会的コンセンサスを得られる程度のリスクが生涯(つまり寿命の時点で)100mSvであるとしたのではないかと考えられます。

たとえば、ある人が100歳まで生きてガンで死んだとして、おそらく炊いては天寿を全うしたと受け取れる可能性が高いと思います。少なくとも20歳の人がガンで死ぬことに比べれば確実にそのように受け取られるのではないでしょうか。

以下、私見です
このように累積が問題になるとおり、許容量の貯金が被曝によって減っていくので、特に年齢が若いほど被爆を避けることが重要だと考えています。

原発事故が再発しないとは限りません。
2011-08-17 水 23:13:02 | URL | むげん [編集]
むげん様へ
わかりやすくご説明下さいましてありがとうございました。
2011-08-18 木 02:54:15 | URL | パコ [編集]
はじめまして
2011-08-01 月 23:21:12の方とは別人です。

全く共感です。

> 現代社会において,放射線は,原子力発電所を除いたとしても,
> 医療を始めとする様々な分野で有効利用されている「ツール」の一つです。

低線量の影響は、宇宙飛行士, 航空機パイロットなども受けているはずです。

あれ?
赤道に近い, 香港と日本の平均寿命は、世界のトップクラス?

冷戦時の大気内核実験のフォールアウトから、数十年経過しています。
毎年、ある国から黄砂が降ってます。

マスコミも「低線量のデータは無い」と騒ぐだけで、
ほとほと呆れます。
今回の件で、マスコミにも失墜してます。
2011-08-21 日 15:14:50 | URL | 全く共感です(私も勉強せねばですが)その2 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。