■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
放射性セシウムによる稲わら汚染はどのくらい怖いのか
ご無沙汰しております。前回書いたペトカウ効果の話はそれなりにご好評をいただけたようで,本当にありがとうございます。ただ,ペトカウ効果については今でもかなりの誤解がどんどん広まっているようなのが非常に残念です。

ペトカウ氏自身の研究結果は,残念ながら「ノーベル賞級の発見」ではありませんが,前回のエントリにも書いたように非常に誠実な科学的にも十分頷ける成果であり,きちんとした査読のある論文誌に掲載された立派なものです。ですから,彼が「狂人扱いされた」などという事実もありません。

また,先日の論文で照射された線量は,現在首都圏で話題になっている線量よりもはるかに高いレベルのものであり,100歩譲って原子力関連施設などで作業している作業員が何らかの被曝事故に遭った場合や,放射線治療を受けている患者さんに適用することは可能かもしれませんが,その1/1000以下の線量率しかない状況に当てはめられるかどうかと言うと,かなり微妙です。

しかも,それ以前の問題として彼のその後の研究で,SOD存在下ではこのような影響はキャンセルされることを彼自身が実験的に確かめており,同様のキャンセル効果は細胞中でも同様の成果を得ていますから,SODを元々持っているヒトの場合でも,物理的に同様の効果が発生する可能性はあっても実質的には起こらない。と考えるべきです。この辺りが,in vivoin vitro の大きな違いですから,実験事実の適用範囲を考えずに闇雲に一つだけの実験結果を援用するのは控えるべきだと思います。

また,SODが活性ラジカルを除去することにより,放射線による遺伝子破壊を防ぐ効果を発揮するという事実は,「適応応答」と呼ばれる現象の原因の一つではないかとされており,個人的にはこの「SODの存在が低線量放射線が細胞に与える影響を減少させる」という効果のことこそ,「真のペトカウ効果」と呼ぶべきでは無いかと思います。

さて,前置きが長くなりましたが,今回の本題は先日から話題になっている放射性セシウムによる稲わら汚染の問題です。

さて,最近全国各地で放射性セシウムに汚染された稲わらが発見されており,非常に問題になっております。そもそも最初に問題となったのは,基準値を超える放射性セシウムが牛肉から検出されたことによります。

その時検出された放射能は最大で3,200 Bq/kg3,400 Bq/kgでした。

この牛肉を摂取したことによる人への影響を計算すると,検出された放射性セシウムが全て実効線量係数の大きい134Csとして計算すると,経口摂取時の実効線量係数は1.9×10^-5 mSv/Bqですので,この牛肉1 kgを食べたことにより生涯(50年間)を通じて受ける線量は61 ~65 μSvとなります。もっとも,セシウムの生物学的半減期は70~80日と言われておりますから,最初の1年間で大部分は体外に排出されてしまいます。それでも,この放射性セシウムが体内に残留する1年間に浴びる自然放射線量が 1 mSv(= 1,000 μSv)程度であることを考えれば,特に問題になるような線量ではありません。それに,普通の人なら一度に牛肉を1 kgも食べないでしょう(それ以前に私なんかは国産黒毛和牛を1 kgも買えませんが(^^;)から,さらに影響は小さくなることが期待されます。

一応,この辺の話はだいぶ前にほうれん草からよう素131が検出された時にも話題にしましたので,以前から読んでいただいている方には,特に目新しい情報では無いと思いますので,今回は稲わらの方に着目してみたいと思います。

報道によりますと,この牛を出荷した農家に保管されていた稲わらからは75,000 Bq/kgの放射性セシウムが検出され,一日に1.5 kg程度与えていたとあります。

どのくらいの期間この稲わらが与えられていたのかの詳細についてはわかりませんが,4月上旬まで野外に放置されていたということから,仮に5月と6月の2ヶ月間,計60日与えられていたとします。

すると,この牛は 75,000 Bq/kg x 1.5 kg / day x 60 day = 6,750,000 Bqの放射性セシウムを食べていたことになります。

これに対し,肉から検出された放射性セシウムは最大でも3,400 Bq/kg。肉牛の体重は,こちらの資料などを見るとだいたい400 ~550 kgくらいが一番多いようですが,ちょっと大きめに600 kgだったとしても 3,200 kg /Bq x 600 kg = 1,920,000 Bqとなり,全体の放射能が1/3以下になっていることがわかります。600 kgはそこそこ大きい方のようですし,骨や内臓などの重さも含まれていますから,もしかすると実際には1/4程度になっている可能性もありますし,もしかするともっと短い期間しか与えていなかったとすれば,もっと割合は大きくなるかもしれません。しかし,半減期の短い方の134Csでも2年程度ありますから,この減少分は崩壊による減少ではなく,代謝やその他の理由による減少としか考えられません。ですので,少なくとも一部の方が懸念されているような「生体濃縮」などは全く起きていないことだけは確かなようです。

また,先ほども少し振れましたが,ヒトにおけるセシウムの生物学的半減期は70~80日程度とされていますが,この値は体表面積に比例して長くなると言う知見も得られております。牛は明らかにヒトより体表面積は大きいと思われますので,さらに生物学的半減期は長くなっている可能性は高そうです。ということは,代謝により排出された部分もあるでしょうが,それ以前に食べた全量が体内に残留するわけでは無い,つまりある程度の量が摂取後速やかに体外に排出されていることも確かなようです。

しかし,そう考えると稲わらなどの粗飼料における放射性物質の暫定基準値300 Bq/kgより100倍以上も高い75,000 Bq/kgもの放射能を持つ稲わらが与えられた今回の事例でも,基準値の10倍程度しか残留していなかったのはどうしてなのでしょうか?この300 Bq/kgという基準値には意味や設定された理由があるのでしょうか?

もちろん,基準値がこのような値に設定されたことには理由があります。

こちらは農林水産省消費・安全局が出した「原子力発電所事故を踏まえた粗飼料中の放射性物質の暫定許容値の設定等について」という通知です。ここにちゃんと理由が書いてます。

曰く,「暫定許容値は、乳用牛から生産される生乳や、通常の肥育期間(15ヶ月以上)で肉用牛から生産される牛肉が食品の暫定規制値を超えないように、現在の科学的知見に基づいて設定しています。

つまり,放射性セシウムに汚染された粗飼料を15ヶ月間食べ続けた場合を想定した規制値になっているのです。ですから,最大でも5ヶ月弱しか食べさせていないような状況では,非常に高い放射能が検出された稲わらを与えた場合でも,この程度しか牛肉中に残留せずに済んでいるわけ何ですね。

とはいえ,設定された1/3程度の期間に100倍以上の稲わらが与えていたのにこの程度で済んでいると言うことは,逆に言えば,それだけ安全に対するマージンが取られているという大きな証拠でもあります。そのような事実を考えれば,放射性セシウムに汚染された稲わらが見つかったから,そしてそれが牛に与えられたからと言って,すぐに牛肉や牛乳が全部ダメになるわけじゃないことも明らかだと思います。

さらに言えば,牛肉中放射性セシウムの暫定基準500 Bq/kgという値自体も,その全てが実効線量係数の大きな134Csだったとしても,そこから与えられる線量は9.5 μSvにすぎません。つまり,牛肉中の基準自体も健康被害を十分に防げると考えられるマージンを含んだ値が設定されているわけですから,基準値を超えた牛肉を一度や二度食べたからと言って,どうこうなるわけはありません。

確かに,予想以上に広い範囲で高いレベルの放射性セシウムに汚染された稲わらが発見されており,これまでの稲わらの管理態勢の甘さは批判されるべきであったように思いますし,長期間にわたって汚染された飼料が与えられ続ければ,影響が大きくなるのは当然です。なので,今後はさらに管理態勢の徹底を行うべきだと思います。

しかし,そういう長期的な管理上の問題と健康被害に関する問題は全くの別物です。なぜなら,基準値や規制値というものは健康被害の有無を判断の基準に用いて作られた値ではありますが,その目的は長期的な管理の基準を明らかにすることにあるからです。

以前から食品や安全に関する様々な基準値設定に関する話のたびに繰り返してきたとおり,基準値というものは,「それだけを長期間大量に」摂取し続けた場合を想定し,そこにさらに十分安全であるために必要なマージンを取って設定されていますので,「基準値を超えたものを放置するのは危険ですが,瞬間的に超えただけなら大丈夫」なモノだということを,ぜひ理解していただきたいと思います。

相変わらず長々とした文章になってしまいましたが,ご質問やご指摘などありましたらどうかよろしく御願いいたします。
スポンサーサイト


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 12:48:47 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
広島の日の前夜にてこのメールを捧げます
今このブログを読んでいて、原子力推進派、放射能無害派の方が訪問することが多いことがわかりました。

そのような皆様には今一度、放射能とその犠牲の大きさについて深く学んでいただきたいと思います。

もういちいち反論する暇はないのですが、とりあえず、ここにも、今日本で一番問題であるセシウムとストロンチウムの毒性について書かせていただきます。

原発の推進、反対にかかわらず、どうか皆様、放射能安全神話にまどわされることなく、ご自身とご家族の身を守られるよう、お祈りいたします。

広島の日の前夜にて  竹野内真理拝
(大事な内容なので、重複失礼いたします。)

最近、セシウムの毒性に関する大変重要な冊子が、が茨城大学名誉教授久保田護氏により翻訳、自費出版されました。元ゴメリ医大学長、バンダジェフスキー博士の『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響―チェルノブイリの教訓 セシウム137による内臓の病変と対策―』です。食物中のセシウム摂取による内部被曝の研究がほとんどない中、バンダジェフスキー博士は、大学病院で死亡した患者を解剖し、心臓、腎臓、肝臓などに蓄積したセシウム137の量と臓器の細胞組織の変化との環境を調べ、体内のセシウム137による被曝は低線量でも危険との結論に達しました。以下に要点をまとめます。

体全体への影響
* セシウム137の体内における慢性被曝により、細胞の発育と活力プロセスがゆがめられ、体内器官(心臓、肝臓、腎臓)の不調の原因になる。
* 大抵いくつかの器官が同時に放射線の毒作用を受け、代謝機能不全を引き起こす。
* セシウムの濃度に応じて、活力機構の破壊、たんぱく質の破壊が導かれ、組織発育が阻害される。
* セシウムの影響による体の病理変化は、合併症状を示し、長寿命体内放射能症候群(SLIR)といわれる。SLIRは、セシウムが体内に入ったときに現れ、その程度は入った量と時間とに相関する。
* SLIRは、欠陥、内分泌、免疫、生殖、消化、排尿、胆汁の系における組織的機能変化で明らかになっている。
* SLIRを引き起こすセシウムの量は、年齢、性別、系の機能の状態に依存するが、体内放射能レベルが50Bq/kg以上の子供は機関や系にかなりの病理変化を持っていた。心筋における代謝不調は20Bq/kgで記録された。
* 汚染地帯、非汚染地帯の双方で、わずかな量の体内セシウムであっても、心臓、肝臓、腎臓をはじめとする生命維持に必要な器官への毒性効果が見られる。

心臓への影響
* 生命維持に必要な多くの系で乱れが生じるが、その最初は心臓血管系である。心筋のように、細胞増殖が無視できるかまったくない器官や組織は、代謝プロセスや膜細胞組織に大きな影響が生じるため、最大の損傷を受ける
* ミンスクの子供は20Bq/kg以上のセシウム137濃度を持ち、85%が心電図に病理変化を記録している。
* ミンスクの子供で、まれに体内放射能が認められない場合もあるが、その25%に心電図変化がある。このように濃度が低くても、心筋に重大な代謝変化を起こすのに十分である。

血管系への影響
* 血管系が侵され、高血圧が幼児期からも見られることがある。
* セシウムは血管壁の抗血栓活性を減退させる。
* 血管系の病理学的変化は、脳、心臓、腎臓、その他の機関の細胞の破壊を導く。
* 体内のセシウム濃度の高い子供の間で、白血球の数の減少が見られた。最初に減ったのがバチルス核好中球と単球であり、同時にリンパ球の数が増大した。
* 動物実験では、絶対的赤血球数と相対的核好中白血球の数の減少が起きた。
* 40キュリー/km2以上の地域から汚染の少ない地域に移住した子供の骨髄球の生理状態が回復したことは注目に値する。

腎臓への影響
* セシウムは腎臓機能を破壊し、他の器官への毒作用や動脈高血圧をもたらす。ゴメリにおける突然死の89%が腎臓破壊を伴っている。
* 腎臓もセシウムの影響を強く受けるが、放射線による腎臓の症状は特徴がある。また病気の進行が早く、悪性の動脈高血圧がしばしば急速に進む。2-3年すると、腎臓の損傷は慢性腎機能不全、脳と心臓との合併症、ハイパーニトロゲンミアを進展させる。

肝臓への影響
* 肝臓においては、胎児肝臓病や肝硬変のような厳しい病理学的プロセスが導かれる。
* 免疫系の損傷により、汚染地ではウィルス性肝炎が増大し、肝臓の機能不全と肝臓ガンの原因となっている。

甲状腺への影響
* セシウムは、甲状腺異常にヨウ素との相乗関係を持って寄与し、自己免疫甲状腺炎や甲状腺ガンの原因となる。

母体と胎児への影響
* セシウムは女性の生殖系の内分泌系機能の乱れをもたらし、不妊の重要因子となりえる。また、妊婦と胎児両方でホルモンの不調の原因となる。
* 月経サイクルの不調、子宮筋腫、性器の炎症も見られる。
* 母乳を通じ、母体は汚染が低くなるが、子供にセシウム汚染は移行する。多くの系がこの時期に作られるので、子供の体に悪影響を与える。
* 1998年のゴメリ州での死亡率は14%に達したが、出生率は9%(発育不全と先天的障害者含む)だった。妊娠初期における胎児の死亡率がかなり高かった。
* セシウムは胎児の肝臓病を引き起こし、その場合胎児は肝臓に限らず、前進の代謝の乱れが生じる。

免疫系への影響
* 免疫不全により、結核が増加している。
* 免疫系の障害が、体内放射能に起因することは、中性白血球の食作用能力の減退で証明されている。

神経系への影響
* 神経系は体内放射能に真っ先に反応する。脳の各部位、特に大脳半球に影響を及ぼし、さまざまな発育不良に反映される。
* 生命維持に不可欠なアミンや神経に作用するアミノ酸の内部被曝による変動は外部被曝と比べ、顕著である。
* セシウム137の体内量と自律神経系の機能障害は相関する。
* 動物実験で発情期のメスに神経反応の組織障害が起こる。
* ウクライナの学者は、大脳の差半球で辺縁系小胞体組織の異常があると述べている。

消化器系
* セシウムが体内に長期間は言っている子供に、慢性胃腸病を引き起こす。

視覚器官
* ベトカとスベチロビッチ(15―40キュリー/km2)に住んでいる子供では、子供の視覚器官の変化はそれぞれ93.4%と94.6%だった。
* 白内障発生率とセシウム137の量に明白な正比例関係が見られた。

相乗作用
* セシウムの影響は、ニコチン、アルコール、ハイポダイナミアと相乗して憎悪される。

男女差
* セシウムは男性により多く取り込まれやすく、女性より男性により強い影響が出ており、より多くのガン、心臓血管不調、寿命の低下が見られる。

疫学調査
* 1976年と1995年のベラルーシの比較。悪性の腎臓腫瘍が男4倍以上、女2.8倍以上。悪性膀胱腫瘍が男2倍以上、女1.9倍以上。悪性甲状線腫瘍が男3.4倍以上 女5.6倍以上。悪性結腸腫瘍は男女とも2.1倍以上。
* ゴメリ州では腎臓ガンは男5倍、女3.76倍。甲状線ガンは男5倍、女10倍となった。

セシウム排出製剤
* セシウムの排出に、カリエイ土を加えたペクチン製剤のペクトパルは最も将来性がある製剤のひとつだが、セシウムが人体に入るのを防ぐほうが、それを排出したり乱れた代謝を正常にするより容易なことを心に留めるべきである。


ストロンチウムの毒性について

ストロンチウム90が福島原発から80kmはなれたところで検出されたというニュースをNHKで4月の中ごろ聞きました。その後報道されないので、ずっと気になっていました。ストロンチウム90は、その昔、レイチェル・カーソンが化学物質とともに「邪悪な相棒」と称した物質で、核実験が行われていたときは、その有害性のために世界各国で研究が行われていた、大変危険な物質です。

以下にストロンチウム90の特徴を記します。

(グロイブ著『人間と環境への低レベル放射能の脅威』と2006年スターングラス博士インタビューhttp://www.e22.com/atom/page08.htmより要約抜粋)


*ストロンチウムはミルクや穀物の外殻に蓄積されやすい。(両方とも基本となる食物なので始末が悪い。ちなみに1963年、ドイツでは黒パンの流通を禁止することを考慮)

*カルシウムに似た親骨性の物質であり、ベータ線を放出する。ベータ線はアルファ線より飛距離があり、骨髄により効率的に到達してしまう。ストロンチウム90は、骨髄で作られる白血球の正常な機能を阻害するため、ガンや免疫低下、免疫低下に起因する感染症、肺炎などを引き起こす。

*1968年、オスロー大学のストッケらは、ストロンチウム90を与えた動物実験で、わずか0.01ミリグレイ(ミリシーベルト)であっても、高度な骨髄細胞への障害を観察した。また、0.1-1ミリシーベルトのストロンチウム90でも動物実験で、骨髄の減衰が見られた。

*あまり知られていないが、カルシウムは神経の伝達にもかかせない物質であるため、ストロンチウムは脳にも入り込み、神経にダメージを与えるため、脳の発達に支障をきたすようになる。

*ストロンチウム、トリチウム、ヨウ素などは吸引または摂取されて体のある機関に濃縮されると、体が非活性化できるよりずっと多くの活性酸素を発生させてしまう。

*低体重児の出生率と人体中のストロンチウム90の濃度は大きな相関関係がある。また、妊娠の何年も前から蓄積されたストロンチウム90により、流産の危険性が高まる。

*ストロンチウムの娘核種のイットリウムは脳下垂体に蓄積するが、出産前の2-3週間にこれが起こると、肺胞に必要な脂質の生成が不十分になり、胎児の肺機能の成長を阻害し、出産後に見かけはなんら異常のない赤ん坊が呼吸器系疾患で死亡するケースがある。

*ストロンチウムの娘核種であるイットリウムは、すい臓にも集中し、糖尿病やすい臓がんの原因になる。
2011-08-05 金 22:37:11 | URL | 竹野内真理 [編集]
 チェルノブイリの教訓は、化学や医学の専門家として「事実だ」と言える事と、実際の事象(健康被害)の間に深い溝があるということではないでしょうか。たとえばチェルノブイリでよくいわれる病気のうち気管支の異常についての医学的検証は聞いた事がありません。貧血、若年性の白内障や胃潰瘍なども。けれどレポートやドキュメンタリーでは耳にします。当人たちがあの事故以来なにかおかしいと思っていても大規模な疫学的調査がなされなければこれらの健康被害は事象として扱う事すらできないのではないでしょうか。ヤブロコフレポートを呼んだとき、おおざっぱな議論だなあと思いました。けれどチェルノブイリの後に生まれたベラルーシの国の子供の健康と不健康の割合がほとんど逆転しているという報告は見過ごせません。この巨大な全体的現象を科学的事象として立証するような綿密な検証(立論、実験、調査)が果たして可能なのか?個別の事象の専門的な検証を重ねているうちに人は生まれ、病気に苦しみ、死んでいくのではないでしょうか。
2011-10-12 水 12:50:54 | URL | 匿名希望 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。