■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
続・日本の安全基準は本当に緩いのか?
たろうさんからコメントをいただきました。
様々な情報をいただきどうもありがとうございました。

コメント欄でお返事しようと思ったのですが,いつものように長くなりすぎましたのでエントリとさせていただきます。ご容赦下さい。

> > 過去一年以内に原子力事故が起きていない場合の基準値,
> (1)これは本当ですか?ソースを提示願います。

前回のコメントでもご紹介した「WHO飲料水品質ガイドライン」中のP.202に「事故直後の1年間は、BSS(IAEA, 1996)並びにその他のWHOおよびIAEAの関連刊行物(WHO, 1988; IAEA, 1997, 1999)に記載されているように、食材に関しての一般的アクションレベルが適用される。」という記述がありますので,このようにご紹介させていただきました。

> 原発事故が起きて1年以内等の緊急事態に限定した場合の閾値が100bq/Lではないんですか?
> (WHO Radiation Emergency Guidelines P13 Table 4.)

ご呈示いただいた「WHO Radiation Emergency Guidelines」は,恥ずかしながらまだチェックしておりませんでしたので是非読ませていただこうと思ったのですが,WHOのサイトからはリンク切れで読めませんでした。

そこで,こちらのwikiの記述を元に,「Table 4. Generic action levels for foodstuff」をキーワードとして探して見つけられたそれらしいものが,同じくWHOが出している「Environmental health in emergencies and disasters: a practical guide」という文書です。これの「ANNEX 5 Selected information from the International Basic Safety Standards for Protection against Ionizing Radiation and for the Safety of Radiation Sources」P.249に同じく「Table 4. Generic action levels for foodstuff」があり,その中で確かに飲料水などのI-131のアクションレベルとして「100」という数字があります。しかし,これの単位が「kBq/kg」になっているんですよね。これはすなわち100,000 Bq/kgですから日本の基準より300倍以上大きい値となってしまい,いただいた情報との整合性が取れません。もちろん単位の読み間違いによる誤解というのは良くある話ではあるのですが,なんとなくこの量をアクションレベルに設定するのはちょっと基準が緩すぎないだろうかという気もしますので,私が何か誤解をしているような気もします。ただ,リンクが切れる前に「WHO Radiation Emergency Guidelines」(たぶん提供いただいた文書と同じものだと思うのですが…)を訳されていた方がいらっしゃるのですが,その方の記述を見るとやっぱり単位は「kBq/kg」なんですよね(^^;;; ということで,正直どの情報が正しいのか判定しかねております。

その他関連しそうな文書をあたってみると,IAEAがチェルノブイリの後に出した「The use of Prussian Blue to reduce radiocaesium contamination of milk and meat produced on territories affected by the Chernobyl accident」という文書がありました。この中のP.9 「TABLE III. GUIDELINE LEVELS FOR RADIONUCLIDES IN FOODS FOLLOWING ACCIDENTAL NUCLEAR CONTAMINATION FOR USE IN INTERNATIONAL TRADE」において食料品などの輸出中に関する基準値として,「MILK AND INFANT FOODS(ミルクと幼児食)」中のI-131で100 Bq/kgと設定されているのを見つけることができました。ただし,同じ表中の「FOODS DESTINED FOR GENERAL CONSUMPTION」が1,000 Bq/kgとなっておりますし,見ずに関する記述も省かれていますので,これはただの牛乳と言うよりは,乳幼児向けの飲食物の場合と考える必要があるのかな?と思います。ただ,そうなるとやはりこちらもご呈示いただいた情報とは整合性がとれなくなり非常に悩ましいことになります。

というわけで,大変申し訳ありませんが私の力不足でせっかくご教示いただいた資料を見つけることができませんでした。大変申し訳ありませんが,どこかこの情報を得られる一次情報へのリンクをご呈示いただけませんでしょうか?どうかよろしくお願いいたします。

> > 「この値を下回れば乳幼児、子供、妊婦を含め、誰が飲んでも安全である」
> (2)OIL-6の意味を理解していますか?
> 「もう飲んではいけない限界の値」のことなんですが・・・。

本文中でもご紹介したIAEAの「Criteria for Use in Preparedness and Response for a Nuclear or Radiological Emergency」のP.52 11.36に「Below OIL6: Locally produced food, milk and water have been screened, and all members of the public, including infants, children and pregnant women, can safely drink the milk and water and eat the food during the emergency phase.」という記述がありましたので,このようにご紹介いたしました。ただ「during the emergency phase」という部分はもっと強調すべきだったかもしれません。申し訳ありませんでした。

> (3)ちなみに貴殿は、300bq/Lの飲料水指標が年間総被ばく量換算でどれくらいのレベルを想定しているか、ご存知ですか?

確か1 mSv/y程度であったと記憶していますが,間違っていたらご教示いただければと思います。

> > 世の中には放射線以上に健康を阻害するリスク要因があふれているからです。
> (4)これも本当ですか?
> 例えばBEIR VII 報告等は有名ですが、貴殿はこの報告についてどのような見解をお持ちですか?
> 閾値なしの直線モデルを考えれば、ある閾値をもって安全だとは言えませんが、これについては如何でしょう?

LNT仮説についての考察は,本文中でもご紹介させていただいた以前のエントリでも行っておりますのでご参照いただければと思います。その際,別要因からのリスクなどについても簡単に触れております。現在のところ,この時書いた内容と私自身の考え方はあまり変わっておりません。ご呈示いただいたBEIR VII 報告は,さすがに全文読み通すところまではしておりませんが,確かにLNT仮説に関する従来の議論に一石を投じたものと認識しています。しかし,ほぼ同時期にフランスでは閾値の存在を肯定するような報告も出ているなど,まだまだこれから議論を深める必要がある分野だと考えています。もちろんLNT仮説を念頭に置いた予防対策を立てることについては異存ありませんが,LNT仮説を用いてリスクを計算することそのものについては,私自身はまだ懐疑的です。ただ,実はちょうど次のエントリ用にICRPの文書群を再チェックしており,量が膨大なためなかなか十分な検討ができているとは言い難いのですが,当然その中にはBEIR VII 報告などを加味したLNT仮説についての検証などについての文書もありますので,調べた結果については近々まとめてご報告させていただきたいと思っています。

たださきほど紹介させていただいた以前のエントリ中でご紹介した放射線による発がんリスク0.05 /SvをLNT仮説に適用すると,喫煙以上のリスクが生じる可能性がある地域が出てきているのは確かです。100 mSv/yの被曝で約17年分の喫煙と同程度,20 mSv/yでも3年分以上の喫煙と同程度のリスクが生じる可能性が考えられます。また,ICRPも3/27に出した声明で,公衆の安全を守るために20~100 mSVの間にリファレンスレベルを設定するように勧告しています。私も,このような事態が予想される地域については十分な警戒と対応が必要だと思いますし,昨日国から発表された年間20 mSv以上の被曝が予想される地域への計画的な避難勧告は,この勧告にも準じたものであると思います。

しかし,東京はもちろんのこと,福島県内や隣県の茨城県でも十分に離れた距離にあり,現時点では年間の被曝量十分低いと予想されている地域については,まだ動揺する必要はないだろうというのは以前から訴えているところです。

と,ここまで書いて気がつきましたが,確かに以前の私の文章を読むと原発近傍を含めた全ての地域で安全であるようにも読めてしまいますね。これは私のミスです。大変申し訳ありませんでした。私がお伝えしたかったことは,正確にはこの直前に書いたような内容です。誤解を与えるような稚拙な文章を掲載してしまい,大変申し訳ありませんでした。深くお詫び申し上げます。元のエントリには,こちらへのリンクを張り両方読んでいただけるようにしたいと思います。ご指摘ありがとうございました。

ということで,ご回答になりましたでしょうか?おそらくまだまだ不十分なところがあるかと思いますので,ご指摘いただければと思います。どうかよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 18:36:42 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
お邪魔します。

(1) 了解です。
   I-131のWHO平時指標は10bq/L、緊急時指標は100bq/L、OIL-5は100bq/L、OIL-6は3000bq/L、日本は300bq/Lということで、WHO平時指標に対し30倍、緊急時指標に比べても3倍、OIL-6の10分の1ですね。
   ただし、この300bq/Lには大きな疑義があります。それは後述。

(2) WHO Radiation Emergency Guidelines P13 Table 4ですが、原文は404になっているみたいですね。「WHO Radiation Emergency Guidelines P13 Table 4」をgoogleで検索すると、原文画像が多数ヒットすると思うので、そちらを参照ください。二次的な情報なので精度は落ちると思いますが、あらかじめご了承を。
で、100kbq/kgは誤植と判断します(あまりにも値が大きすぎる)。表のタイトルはきっちり単位が[bq/kg]になっているので、こちらを信用すべきでしょう。

(3) 年間総被ばく量50mSvを想定しているみたいです。
http://www.nsc.go.jp/info/20100823.pdf
但しこの問題の本質は年間被ばく量云々もさることながら、300bq/Lという指標は「あくまで放射性物質が一度だけ放出されて、次第に減少していくことを前提とした一時的な指標である」、すなわち長期的な展望としては全く使えないというところにあります。※計算すればわかりますし、この手の指摘は他所でも多数されています。
(積算が50mSvを超えないという条件はOKだが、1年間通して300bq/Lを摂取しても良いという意味ではない。1回の大量拡散ののち、崩壊によって漸減するのが大前提)
個人的には「50mSvという値が安全基準としては緩すぎる」のと「300bq/Lの指標は1年間300bq/Lを飲み続けてOKという意味ではないことを理解している人が少ない」という2つの意味で問題を抱えていると考えます。逆に言えば、暫定基準値の適用期限を明確に示さない政府並びに各委員会の発表は「胡散臭い」ということです。

#ただし、現状は3/15-16の2号機格納容器破損と思われる事象をピークにI-131の飛散量は漸減しているので、当面はまだそこまで深く考える必要はないと考えます。が、震災発生から1か月経った現在、収束の見通しが全く立っていないことを鑑みるに、この前提条件がいつ崩壊するか分からないことを念頭に置く必要があると思います。=安全とは口が裂けても言えないのはここらへんも理由の1つです。

とりあえず以上です。BEIR VII 報告は後日にしましょう。
誤った情報の拡散は反対ですが、集合知の生成は歓迎です。
2011-04-13 水 00:29:10 | URL | たろう [編集]
訂正;
> 現状は3/15-16の2号機格納容器破損と思われる事象をピークにI-131の飛散量は漸減している

と記載しましたが、よく見ると正確な表現ではありませんでした。
原子力安全委員会のグラフを見て推測したのですが、対数表記になっているため傾向を読み切れていませんでした。3/15-16の事象ではオーダーが1つ変化するような大量放出をしていますが、よくよく見てみるとその後3/24頃まで、コンスタントに1万Tbq/日の放射性物質流出をしていました。

ということで、先のコメントの

> 300bq/Lという指標は「あくまで放射性物質が一度だけ放出されて、次第に減少していくことを前提とした一時的な指標である

の「一度だけ」という部分が実は「10日間連続だった」ということになり、現在設けられている暫定基準値の正当性が若干怪しい可能性があるということになります。
まだここから先は詰め切れていないのでわかりませんが、とりあえずそういうことです。

追記失礼。
2011-04-13 水 00:36:06 | URL | たろう [編集]
とりあえず一点だけ。
お二人には自明かもしれませんが、甲状腺等価線量と実効線量とは明示的に区別しておいていただけますでしょうか。
読んでいて紛らわしいので、お願いいたします。
2011-04-13 水 06:38:49 | URL | mobanama [編集]
Re: タイトルなし
たろうさん,早速のコメントありがとうございます。
> (1) 了解です。
>    I-131のWHO平時指標は10bq/L、緊急時指標は100bq/L、OIL-5は100bq/L、OIL-6は3000bq/L、日本は300bq/Lということで、WHO平時指標に対し30倍、緊急時指標に比べても3倍、OIL-6の10分の1ですね。

WHO緊急時指標についてはまだ確認が取れていないのですが,100 kBq/kgよりは100 Bq/kgの方が妥当であろうと言うことには同意いたします。しかし,以前のエントリで紹介したWHOのFAQ(http://www.who.or.jp/index_files/FAQ_Drinking_tapwater_JP.pdf)中では,自分たちが設定しているはずのその値が紹介されず,IAEAの基準が紹介されていることにはきちんとした理由があると思っています。

また,今現在福島県内でも(おそらく20km圏外を除く?),すでに水道水からよう素131はほとんど検出されていない(http://www.pref.fukushima.jp/j/monitaring.suidouhamanaka0412.pdf)ことは,強く強調させていただきます。空間線量も順調に減少し,野菜についても徐々に規制が解除されつつある現状を考えると,現時点において,少なくとも避難区域外の安全は十分に担保されていると考えて良いと思います。

> (2) WHO Radiation Emergency Guidelines P13 Table 4ですが、原文は404になっているみたいですね。「WHO Radiation Emergency Guidelines P13 Table 4」をgoogleで検索すると、原文画像が多数ヒットすると思うので、そちらを参照ください。二次的な情報なので精度は落ちると思いますが、あらかじめご了承を。
> で、100kbq/kgは誤植と判断します(あまりにも値が大きすぎる)。表のタイトルはきっちり単位が[bq/kg]になっているので、こちらを信用すべきでしょう。

残念ながら転記されているもの以外で単位がBq/kgになっているものをまだ見つけておりません。もしその様な画像があれば,URLを教えていただけると助かります。このような状況ですので,これについては保留とさせて下さい。ただし100 Bq/kgの方が妥当であろうことには前述の通り同意いたします。

> (3) 年間総被ばく量50mSvを想定しているみたいです。
> http://www.nsc.go.jp/info/20100823.pdf

ここでの議論は,すべて「甲状腺(等価)線量」と言うことでよろしいですよね?ということで,これはP.108の記述のことでしょうか?ただし「3つの食品カテゴリーに関する摂取制限指標を算定するに当たっては、まず、3つの食品カテゴリー以外の食品の摂取を考慮して、50mSv/年の2/3を基準とし、これを3つの食品カテゴリーに均等に1/3ずつ割り当てた。」とありますので,水だけを考えれば単純計算で11 mSv/y程度になるように思います。前述のWHOが出したFAQ(http://www.who.or.jp/index_files/FAQ_Drinking_tapwater_JP.pdf)にある「(日本の)飲料水における対成人基準値は 1 リットル当たり 300 ベクレルである。非常に可能性の低い想定ではあるが、このレベルで汚染された飲料水を 1 年間飲み続けた場合、この水からの放射線が人体に及ぼす影響は、1 年間に自然界から浴びる放射線量に等しい。」という記述もあります。

> 但しこの問題の本質は年間被ばく量云々もさることながら、300bq/Lという指標は「あくまで放射性物質が一度だけ放出されて、次第に減少していくことを前提とした一時的な指標である」、すなわち長期的な展望としては全く使えないというところにあります。※計算すればわかりますし、この手の指摘は他所でも多数されています。

どういう計算をされたのでしょうか? ざっくりと一日の水の経口摂取量をかなり多めの2Lとして計算してみても,300 Bq x 2.2E-5 mSv/Bq x 2 L/day x 365 day/year = 4.8 mSv/year となり,先ほどの単純計算11 mSv/yearの半分以下です。一般的な水の摂取量は1 L/dayという話もありますので,もしその基準を採用すればちょうど2.4 mSv/yearとなり,通常時に人体全体が受ける当量線量(食物等からの内部被曝含む)の世界平均と同値になります。この値であれば先ほどのWHOのFAQにあった記述とも整合性が取れますから,この計算もそんなに間違ってないと思うのですが,いかがでしょうか?もしよろしければたろうさんが行った計算を教えていただければと思います。

それと,大変申し訳ありませんが私には本文中で紹介した各種の文書などによる記述から,以下の前提条件を見つけることができませんでした。このような記述がどこにあるのか,是非ご教示下さい(できればページ数も教えていただけると助かります)。

> (積算が50mSvを超えないという条件はOKだが、1年間通して300bq/Lを摂取しても良いという意味ではない。1回の大量拡散ののち、崩壊によって漸減するのが大前提)

> 個人的には「50mSvという値が安全基準としては緩すぎる」のと「300bq/Lの指標は1年間300bq/Lを飲み続けてOKという意味ではないことを理解している人が少ない」という2つの意味で問題を抱えていると考えます。逆に言えば、暫定基準値の適用期限を明確に示さない政府並びに各委員会の発表は「胡散臭い」ということです。

ということで,これについての意見は保留とさせて下さい。今のところ,私は前述の理由から「I-131が300 Bq/Lまでのものであれば,成人が1年間摂取し続けても問題ない」と理解しています。ただ,適用期限についての周知は確かにもっと積極的に行われるべきだというお考えについては同意いたします。

> 誤った情報の拡散は反対ですが、集合知の生成は歓迎です。

同意いたします。ぜひよろしくお願いいたします。
2011-04-13 水 13:04:43 | URL | ぷろどおむ [編集]
Re: タイトルなし
mobanama さん,ご指摘ありがとうございます。

可能な限り気をつけるようにしたいと思います。
どうもありがとうございました。
2011-04-13 水 15:22:17 | URL | ぷろどおむ [編集]
お邪魔します。

> 空間線量も順調に減少し,野菜についても徐々に規制が解除されつつある現状を考えると,現時点において,少なくとも避難区域外の安全は十分に担保されていると考えて良いと思います。
あくまで個人的意見ですが、福島第一原発事故の収束見通しが全く立っていないことを考えると、安全が担保されているとは思えません(結果的に運よく安全なだけで、事態が改善する見込みがない)。

> 残念ながら転記されているもの以外で単位がBq/kgになっているものをまだ見つけておりません。
http://trustrad.sixcore.jp/wp-content/uploads/2011/03/Radiation_emergency_guidelines.pdf
表のタイトルは[bq/kg]になっています。

> ここでの議論は,すべて「甲状腺(等価)線量」と言うことでよろしいですよね?
その通りです。ここの定義は他の方が指摘していたように、
自明で通すのではなくて明確にしなければだめでしたね。失礼しました。

> 300 Bq x 2.2E-5 mSv/Bq x 2 L/day x 365 day/year
この「2.2E-5 mSv/Bq」は実効線量係数ではありませんか?
その他の値はほぼ同じです。

> 1回の大量拡散ののち、崩壊によって漸減するのが大前提
原子力安全委員会ワーキンググループの元委員、須賀新一氏が指摘している内容です。以前NHKニュースで取り上げられていましたが、今サイトを見に行ったところ404でした。
2011-04-13 水 21:56:03 | URL | たろう [編集]
Re: タイトルなし
たろうさん,引き続きコメントありがとうございます。

> > 空間線量も順調に減少し,野菜についても徐々に規制が解除されつつある現状を考えると,現時点において,少なくとも避難区域外の安全は十分に担保されていると考えて良いと思います。
> あくまで個人的意見ですが、福島第一原発事故の収束見通しが全く立っていないことを考えると、安全が担保されているとは思えません(結果的に運よく安全なだけで、事態が改善する見込みがない)。

仰るとおり,今後について長期間にわたる安全が保証されていないのは事実ですが,その点については私も最初のエントリや別のエントリなどでも強調していたつもりです。しかし,未来永劫の安全など原発以外の事象について,たとえば自動車や飛行機での移動など,誰も保証できるものではありません。ですから,私はあくまでも「現時点の状態」にこだわりたいと思っています。おそらくこの辺の感じ方の差がたろうさんと私の一番の差異なのではないでしょうか。

> > 残念ながら転記されているもの以外で単位がBq/kgになっているものをまだ見つけておりません。
> http://trustrad.sixcore.jp/wp-content/uploads/2011/03/Radiation_emergency_guidelines.pdf
> 表のタイトルは[bq/kg]になっています。

ありがとうございます。私も調べてみたのですが,どうもこの値はCODEXが定めた輸出入基準値(CODEX Standard193(P.33)など)が元になっているようですね。IAEA-TEC-DOC-953「Method for Developing Arrangements for Response to a Nuclear or Radiological Emergency」でも,緊急時の対応マニュアル作成の際の「GENERIC ACTION LEVELS FOR FOODSTUFFS」としてこの値が採用されている(P.115 Table.3)ようです。となると,やはり「kBq/kq」は誤植の可能性が高そうですね。それにしても404になっている昔の文書ではあったキャプション中の単位が,現在ある文書中では削られているのはどうしてなのでしょう?WHOもしっかりしてもらいたいものです。

となると日本が基準を300 Bq/kgに設定しているのはどうしてなのかという疑問が生じますが,IAEAの介入レベルの1/10として設定したというのがやはり正解なのでしょうか。欧米人とはよう素摂取量が違うことから換算係数を変えているのかもしれません。何か情報をご存知でしたらご教示いただければと思います。

> > 300 Bq x 2.2E-5 mSv/Bq x 2 L/day x 365 day/year
> この「2.2E-5 mSv/Bq」は実効線量係数ではありませんか?

大変申し訳ありませんでした。確かにそうですね。甲状腺等価当量(「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」P.36 http://www.u-tokyo-rad.jp/data/henkan.pdf)として計算し直すと,

成人で
300 Bq x 1.6E-5 mSv/Bq x 2 L/day x 365 day/year = 3.6 mSv/year
乳児だと「乳児については、防災指針と同様、食品ごとに幼児の 1/2 とした(P.31)」ということですので,
100 Bq x 1.4E-4 mSv/Bq x 1 L/day x 365 day/year = 5.1 mSv/year

乳児の方が少々高めの値として出てしまいましたが,元々水の摂取量をかなり多めに見積もっていることもありますので,こんなものかな?と思っています。

> > 1回の大量拡散ののち、崩壊によって漸減するのが大前提
> 原子力安全委員会ワーキンググループの元委員、須賀新一氏が指摘している内容です。以前NHKニュースで取り上げられていましたが、今サイトを見に行ったところ404でした。

情報ありがとうございます。引き続き,根拠となる一次情報を探してみたいと思います。どうもありがとうございました。
2011-04-14 木 10:32:14 | URL | ぷろどおむ [編集]
お邪魔します。

> 私はあくまでも「現時点の状態」にこだわりたいと思っています。

これ以上は平行線になりそうですね。
ここから状況が好転し、良い方向に向かうのを祈ることにします。

> IAEAの介入レベルの1/10として設定したというのがやはり正解なのでしょうか。

いや、多分それは違うのでは?
基本は甲状腺等価線量50mSv/年で、そのうち3分の1を割り当てたら300bq/L(ただしβ崩壊による減少を考慮する)になった、というところでしょう。

> 300 Bq x 1.6E-5 mSv/Bq x 2 L/day x 365 day/year = 3.6 mSv/year

やっぱりこれ、実効線量係数ではないですか?
表の下の方に甲状腺等価線量係数が記載されていると思いますが。
2011-04-16 土 05:27:45 | URL | たろう [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。