■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
無責任な煽りがもたらすもの
毎日新聞の連載については,毎日追いかけています。今日も第4弾が掲載されていましたが,コメントする内容ははっきり言ってこれまでと全く一緒なので,もう少し何か違った動き(すでに期待していませんが,GMOに対してポジティブな内容が書かれたりしたら)があったり,私の憤りが止まらなくなったりしたら(^^; まとめて書きたいと思います。

さて,今回は以前に書こうと思っていて取り上げていなかった件です。

エコナ関連のエントリをあげていた時にいただいた拍手コメントで,かなり切実な思いを伝えて下さった方がいらっしゃいました。

連絡先がわからず,公開の許可を取ることが出来なかったので概要だけのご紹介になりますが,その方は親御さんを幼い頃にガンで亡くしたため,人一倍ガンや健康に気を遣ってきており,エコナも「トクホ」マークを頼りに積極的に利用されてきたそうです。

ところが,先日の「エコナを使っているとがんになる」と言わんばかりの報道を聞いて大きなショックを受け,「子供のためと思ってしていたことが,かえって子供に悪影響を与えてしまっていたのか」と,すっかり絶望してしまっていたんだそうです。そんな中,当ブログを見つけ,なんとか希望が持てました。というお礼の言葉が綴られており,その真摯な思いに読ませていただいた私の方まで胸が熱くなってしまいました。

そして,それと同時にマスコミは何とむごいことをするのか,という怒りも感じました。

どうしたらよいのか,どうなってしまうのか。そういった不安に煽られ,日々を過ごすことはどれだけ辛かったでしょう。しかし,マスコミがきちんとした解説を行い,科学的な根拠に則った報道を行っていれば,そんな不安は感じる必要がなかったのです。

確かに花王側の説明や,食品安全委員会の主張も入っていました。文章や伝達のプロである彼らの実力を持ってすれば,同じ情報量で読者や視聴者が安心できるような報道をすることは容易だったでしょう。

しかし,彼らはこのように一般の消費者が不安に煽られてしまうような表現を選択し,世に伝えました。いったい,彼らはどこに自らの正義を求めているのでしょうか。部数が売れれば,話題になればそれで満足なのでしょうか。

今回のGMOにまつわる連載もそうです。

一部消費者団体とマスコミの無責任な煽りにより,現在日本の消費者は非常に高いコストを余計に支払わせられることを余儀なくされています。また,第三弾の記事にもあった通り,このまま非GMOにこだわり続ければ,食糧供給自体が滞る可能性は増すばかりです。

そのような事態になった時,毎日新聞はどうするつもりなのでしょうか。突然手のひらを返して,GMOの安全性を訴えるのですか?それとも肉食などする必要はない,とか言って穀物の輸入差し止めキャンペーンでも張るんでしょうか。それとも国産非GMO大豆,非GMOとうもろこしなどで全ての需要を賄えてしまうような秘策でもあるのでしょうか。

先ほどの拍手コメントを送っていただいた方は,私が書いたエントリの内容を理解しきれなかったことに大変恐縮されており,「本来、私のような種類の人間が訪問するページではないと思うのですが」などと仰っておりましたが,それは違います。

内容を理解していただけなかったのは,理解していただけるように書く能力が私に不足していたからであり,読んでいただけている方の責任ではありません。ですから,もしわからない部分があれば,コメントでもメールでも結構ですので,気軽に質問してください。どんな些細なことでもかまいません。ぜひ御願いいたします。

また,こちらも私の能力不足でほとんど達成できていないのですが,このブログを始めた本来の趣旨は,今回拍手コメントを下さった方のように,これまであまり科学に深く接する機会を持てなかった方々が持っている,科学(主に化学)に関する疑問や誤解を少しでも解消できれば,と言うことでありました。その志は今でも変わっていないつもりです。

この拍手コメントを送って下さった方は,もうこのブログを読まれていないかもしれません。でも,本当はあなたのような方に読んでいただくために書いているブログだと言う事をお伝えできれば,と願っています。

このブログは決して専門家のために書いているブログではありません。専門家(もしくは専門家を目指している方)は,こんな怪しいブログなど参考にしてないで,御自分で論文などの一次情報にアクセスして下さい(^^; 私が提供できる情報は,私というバイアスが加わった二次情報でしかありません。ぜひがんばって一次情報にアクセスし,私より上手に正しい情報を世に広めていただければと思います。

繰り返しになりますが,当ブログは全てのエントリの内容に関する疑問,質問,批判,次に取り上げて欲しいテーマなどを,常に歓迎しております。特に,きちんと解説せずにいろんな専門用語を使っているケースが多々あります。わからない部分がありましたら,ぜひお気軽にコメントして下さい。可能な限り対応させていただきたいと思います。
スポンサーサイト


テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

雑談 | 16:53:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。