■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
………が通れば…
花王がエコナのトクホ失効届けを提出したそうです

「エコナ」トクホ失効届を提出へ 花王
特定保健用食品の食用油「エコナクッキングオイル」に、体内で発がん性物質に変わる可能性がある成分が含まれている問題で、花王は8日、エコナ関連製品について、特定保健用食品の許可の失効届を提出した。



おそらくこういった動きに対して,企業としてのリスクを軽減させるための高度な経営判断とやらが行われたのでしょう。

エコナのトクホ許可、再審査へ 福島・消費者担当相
食用油「エコナ」 消費者委、トクホの取り消し求める



科学的な立証無しに,その時の雰囲気と勢いだけで全てが決まる。こういう世の中が,みなさんの求めるものなのでしょうか。これが消費者の勝利,になるのですか?私にはわかりません。

エコナはすでに長期発がん性試験において,元々求められていた要件に対して十分な安全性を担保していました。それでも理論的に問題がある可能性が残っていたために,様々な実験を繰り返し,問題がないレベルであることを証明しようとしてきました。そして,今回の決定も要求される安全性に最大限答えようとした結果であったのに,結果的にバッシングだけが強くなってしまったと言うことは非常に残念です。「絶対安全なので,動物実験は必要ありません」とでも言い切れば,満足してくれる消費者は増えたのでしょうか。

科学的な論証無しに,一時的な気分の盛り上がりだけで裁定が下されるのであれば,我々のような存在は必要ないなぁ。

そんな気分にさせられたニュースでした。
スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

雑談 | 21:41:48 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
ぷろどおむ様

これまでのエコナ一連のエントリ執筆、本当にお疲れ様でした。大変参考・勉強になりました。一読者として大拍手を送りたいです。

今回の件について、エコナ攻撃の先陣をきっていた毎日新聞は自社解説も追加して消費者庁に「拍手」を送っているようですね。
http://mainichi.jp/life/food/news/20091009ddm012040094000c.html

消費者担当相福島瑞穂氏、食品SOS対応プロジェクトリーダー泉健太氏、ご両方がこれまでの膨大な文献・安全性評価データをきちんと理解・判断できる資質があったのか、お二方の経歴からは伺えませんが、また、先に取り上げられていた植田氏などは論外としても、一応日本の全国紙で食品安全問題を「解説」しようとする方は、それなりの科学・化学常識はお持ちのはずと信じたいのですが、
>科学的な立証無しに,その時の雰囲気と勢いだけで全てが決まる。
>こういう世の中が,みなさんの求めるものなのでしょうか。
>これが消費者の勝利,になるのですか?私にはわかりません。
・・私も暗鬱とした気持ちになってしまいました。

福島氏の、「安全委員会の評価結果を待って何もしないのでは従来の厚生労働省と同じだ…」は色々ある同氏の名言(迷言)録の一つに加わりそうな気もしますが、科学的評価を待たず、(むしろ明らかな危険はない、と言える評価結果が十分ある今回の状況で)政治的強制力を執行しようとする上記発言の無茶苦茶さに対し、政治家の言葉尻をつかまえて騒ぐのが大好きなマスコミが、どうして今回反応しなかったのか不思議です。

ぷろどうむさんがエコナ初回で紹介下さった佐藤氏のブログでも、コメントへのアンサーで
http://blog.livedoor.jp/route408/archives/51420248.html
>食べ物に限らず、絶対安全ゼロリスクというものはないはずなんですが、
>特に目に見えない化学物質は気持ち悪がられやすく、叩かれ放題というのが現状かと思います。
>少しでも是正できればと思っておりますが、まあ無力を感じております。

武田邦彦氏は(エコナに関してではなく、温暖化の議論の中でですが・・)
http://takedanet.com/2009/08/post_1910.html
>歴史的には,学問が政治に蹂躙された例はいくらでもある。
(この方もマスコミ等を敵?にまわすことが多いですが私は基本的に大切な問題提起をしてくれていると思っています)

こんなに雰囲気に流されやすくてこの国だいじょぶかいな?と思ってしまった今回の結果ですが、どうかこれからも心折れることなく、愚直に世のため人のためと思いつつ日々頑張っている研究者・技術者の方々&その他化学の知識はあまりないけどできるだけちゃんと物事を知りたいと思っている私のような読者のため、書き続けていって下さい。

これからも記事楽しみにしています。
2009-10-10 土 21:23:25 | URL | しがない機械屋 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。