■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
02/03のツイートまとめ
preudhomme_AL

コミックは多少修正されたそうですが、この方の認識は一切修正されていなかったんですね。とても残念です。>http://t.co/w0bTMn3JKL 「美味しんぼ原作者「鼻血出す人いる」 一連の批判に反論 (朝日新聞  2015年2月2日)」
02-03 13:20

もう今さら何を言うこともないですが、この方が批判されたのは「タブー」とやらに触れたからではなく、なんの根拠もなしに福島第一事故と御自身が(?)鼻血を出されたことを結びつけて、自身のプロパガンダに利用したからです。
02-03 13:23

とは言え、この手の妄言を信じる方が少なくなったのはありがたいことなんですが、「原子力発電はやっぱり削減すべきだと思います。」という発言をすると、途端に胡散臭い目で見られるようになったのは、ちょっと…、いや、かなり迷惑してます(^_^;
02-03 13:26

震災前の方が真摯に耳を傾けてくださる方が多かった気がするのは、私の周りだけでしょうか?
02-03 13:26

ところで、読み直せば読み直すほどこのコメントにふつふつと怒りが湧いてくるのは私だけでしょうか?この方は、どこまで福島の人たちを馬鹿にすれば気が済むのでしょうか…>「昨年12月に発売された単行本第111巻で表現の一部を修正した理由は、証言者を守り、誤解を防ぐため、などとしている。」
02-03 13:31

ちょっと話は違いますが、震災後太陽光発電が一気に普及したのは良いのですが、全量買取価格が当時専門家が提示したものよりもかなり高額に設定されたせいで、単なる投機案件に成り下がってしまい、結果的にネガティブなイメージを持たれてしまったのもかなりの痛手と感じています。
02-03 13:40

確かに国全体がパニック気味であったという事情はありましたが、そういう状況であるからこそ、国のトップに立つ方々には、たとえ一時的に非難を浴びたとしても、もう少し冷静でいて欲しかったと思います。
02-03 13:42

正直、女川と福島が受けたダメージの差を考慮することもなく、ヒステリックに原発を全て停止して混乱を助長した政策には未だに疑問を持っていますし、あの施策は反原発論がヒステリックな戯言扱いされるようになった原因の一つだと思っています。
02-03 13:44

まぁ、今さら起こったことを嘆いても致し方ないですから、ここからどう良い方向に進むかを考えなくてはならないのですけどね。ただ、道のりは少々遠くなったように思います。
02-03 13:45



スポンサーサイト
雑談 | 03:47:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。