■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
07/13のツイートまとめ
preudhomme_AL

原発の再稼働に反対するデモが全国に広がっているとのテレビ報道を見て、いろいろと思ったこと
07-13 23:04

原子力発電の意義を含め、国のエネルギー政策の基本理念見直しが急務であるのは確かなこと。でも、国のエネルギー政策などと言う近年起こった戦争理由の上位に位置付けられるようなものをそんな拙速に決めても良いことなんて何もないと思うわけです。
07-13 23:07

現在の原子力発電に一定以上依存したエネルギー政策は、オイルショックや過去の大戦の経験を生かし、石油に依存しすぎない社会を構築するために採用された理念であって、それには間違いなく一定の意味はあったと思うわけです。
07-13 23:08

ですから、これを転換するのであれば、必ず今まで回避できていたリスクを多少なりとも受け入れる必要が出るでしょうし、コスト負担も引き受けなければなりません。
07-13 23:10

現在の拙速的な原発停止は、止めようと思えば止まるのか、という事実を確認できたと同時に、いきなり止めればどのようなひずみが生じるのかも、明らかにしてくれました。
07-13 23:12

昨年以来、原発に依存しない電力供給を準備してきた東電がこの夏を乗り切るために充分な供給量を確保していたのに対し、対岸の火事的に見ていたかどうかわかりませんが、他の電力会社の供給量が不安定なままであることも、見逃せない事実であると思います。
07-13 23:15

おそらく、原発は止めようと思えば止められるんだと思います。ただ、それに必要なリスクやコストを、現在の日本の社会が受け止める覚悟を持っているのかといえば、残念ながら大きく疑問を持ちます。
07-13 23:17

増加した燃料費と人件費の金額がそれぞれどの位の規模なのかを比較せず、ただいたずらに東電社員の給料やボーナスを批判する人たち。
07-13 23:18

安全と経済とどっちが大切なんだと叫びながら、同時に電気料の値上げを批判する人たち。
07-13 23:20

原子力発電のリスクを語るために、デマを流したり利用することに嫌悪感を全く抱かない、あるいはデマである可能性を考慮せず、風評に苦しむ人たちをさらに苦しめることを躊躇しない人たち。
07-13 23:22



続きを読む >>
スポンサーサイト
雑談 | 03:29:15 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。