■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本の安全基準は本当に緩いのか?
<2011/04/12追記:このエントリ中で一部表現に不十分なところがあります。それらについての補足説明などを別エントリに上げておりますので,そちらもご参照下さい>

もるもるさんからコメントをいただきました。ちょっと長くなりそうなので,エントリにして少しずつコメントを付けさせていただきたいと思います。

かなり、ウソが書かれているような気がします。
日本が定めた暫定基準値は、国際指標の緊急時の摂取基準値すら上回っていますし、暫定基準値は平時の基準値と比べれば数百倍といった所です。暫定基準値とは、1日2日ならば影響はないが1年も食べたら影響が出るかもしれないと言う極めて危険な数値です。


ここで仰っている緊急時の摂取基準値とはどこの何という基準値を指していらっしゃるのでしょうか?ちなみにWHOから正式に出ているコメントでは,ヨウ素131についてIAEA の定める原子力危機の際の運用上の介入レベルは3000 Bq/kgであり,日本の基準はそれよりも厳しいものである紹介されていますが,一応元々の文書もご紹介(リンク先PDF P.43)しておきます。これらの値はご指摘の通りこれ以上高い値のものを1年以上摂取し続けると健康にリスクを生じる可能性があるレベルとして設定されている値です。なので,もるもるさんのご覧になっているものと同じ基準から設定された基準値を見ているはずなのですが,このように食い違ってしまっているのは何故でしょう?コメントをいただいた私のエントリは,このIAEAの基準値を参考に話をさせていただいておりますが,もしよろしければもるもるさんご指摘の「国際指標」についてご教示いただければと思います。

ただし,現実問題としてこのエントリで話題にした東京の水道水も一時的に,さきほどご紹介したIAEAの基準値より一桁下の独自基準よりさらに下の乳幼児向けの基準値を超えましたが,翌日にはその独自基準値を下回りました。唯一成人への独自基準値を超えた福島の川俣村も現在では基準値を下回り,すでに飲用可能であるという話を聞いております。ですので,もるもるさんがご心配している「一年以上摂取し続けなければならない」という状況は,今後原子炉が大爆発するような事態がなければ回避されるのではないかと思います。

また,ついでですからご紹介しておきますが,当初「WHOの基準は1 Bqだ」などという話が出回りましたが,こちらはおそらくこの文書の内容が誤解された結果だと思います。こちらのPDFでP.202から先の部分で「ガイダンスレベル」についての説明があり,P.203の表9-3中でI-131は 10 Bq/kgと紹介されております。またP.204では「これ以下では対策を取る必要がない放射線レベル」として「全β放射能1 Bq/L」という値が紹介されています。おそらく最初の話はこの両者がどこかで混同されて伝わった話なのではないかな?と推測しています。しかし,これらの値は最低でも過去一年以内に原子力事故が起きていない場合の基準値,及び核種毎の存在量分析などの特別な対応を開始するための基準値ですので,今回のような事例に適用するのは不適切です。また,今回のような緊急時に用いるべきとされているIAEAのOIL-6という基準ですが,こちらの値についても「この値を下回れば乳幼児、子供、妊婦を含め、誰が飲んでも安全である」と明記されています(P.52 11.36)。また,仮にこの値を上回ったとしても,代替となる安全な食糧,牛乳,水が入手不可能なために,摂取制限すると深刻な栄養失調や脱水症状が起こしまうのであれば,代替となるものが入手可能になるまでの短期間摂取しても良い,という記述(P.52 11.37)があります。そして,このOIL-6の値は全ての食料・牛乳・水が汚染されていることを前提にし,最も弱いもの(乳児,妊婦)などの安全を守るために設定された値であり,これを超えたら全ての人にとってすぐに危険であるとは限らないという意味のことも書かれています(P.52 11.38)。

私は以上のような情報を元に判断し,現時点で流通している食品に関しては十分安全が担保されていると認識しております。ご理解いただけましたでしょうか?

次の話題に移ります。

福島とチェルノブイリを比較した場合、ほぼ同じ量の放射性物質の飛散がありますし、外部被ばくに過ぎない宇宙線の影響と内部被曝のおそれがある放射性物質の飛散を混同することは危険な事です。


この辺りは誤解されている方が多いのですが,外部被曝にしろ内部被曝にしろ「シーベルト(Sv)」という値を使って比較すれば,体へのダメージは数値だけでその大小を表現できます

というか,様々な種類の放射線や被曝形態を比較するために産まれ,活用されているのが「シーベルト」という単位ですので,せっかくシーベルトを単位として使っているのに比較できないと逆におかしい話になってしまいます。もちろんベクレルからシーベルトに換算する際にどのような被曝をしたかを想定したかによって出てくる値も違ってしまいますが,基本的にこのブログでは,食品等に関する放射能(Bq)を当量線量(Sv)に換算する際にはこちらのエントリのように,経口摂取して内部被曝をしたことを想定して計算しています。ですから,これらの値をそのまま比較していただいてかまいません。

最後の話題に移ります。

臨床データが殆どないわけですので、少なくとも半減期が短い放射性ヨウ素の影響が少なくなるまでは安全だと煽る行為は無責任な行為に映ります。安全かどうかわからないので安全だと煽るのではなく、危険かもしれないので自己責任で行動せよと言うのが正しいんじゃないでしょうか?危険かどうか誰もわからないのですから・・・


残念ながら,過去の人類の歴史で発生したいくつかの事例により,それなりの臨床データが存在しています。特に今回参考になるのはチェルノブイリでの事例でしょう。チェルノブイリの場合,福島とは異なり短期間に集中的に極めて大量の放射性物質が爆散しました。その結果,当時周辺で生産された牛乳を飲んだ子供たちの間に無視できない割合でI-131由来と思われる甲状腺ガンが多発したという事例が見られています。これは大変に不幸なことではありましたが,同時にそれ以外の核種が影響を及ぼしたと考えられる事例も今のところ見いだされていないのも事実です(参考記事)。またチェルノブイリ事故で被曝治療に当たった専門家からのこのようなコメントもあります。また多少状況は異なりますが,広島・長崎から得られた知見はこちらを参照して下さい。

最初の参考記事中でも話が出ていますが,低線量被曝の健康影響については今現在確固たる見解が出ていないのは事実です。私も以前低線量被曝に関するエントリを書かせていただきました。もしお時間がありましたらそちらも参照していただきたいのですが,ではなぜ低線量被曝の健康影響についての研究が進んでいないのでしょう?原発を推進したい人たちの陰謀なのでしょうか?それとも研究者たちの怠慢なのでしょうか???

いいえ。それは世の中には放射線以上に健康を阻害するリスク要因があふれているからです。

放射線によるリスクとして最も注目を浴びているのはやはり発がんリスクでしょう。しかし,その発がんリスクとして最も代表的なのは,放射線などではなく喫煙や飲酒です。また排気ガスなどに代表される(放射線以外の)環境汚染も上げられます。もちろん一番無視できない要因は「加齢」ですが,低線量被曝から発生するリスクは,これら我々が生活をしていく上で非常に避けにくい様々な要因の中に埋もれて見えなくなってしまう程度のリスクでしかない,というのは低線量被曝の健康影響を研究している人たちの中での共通認識であると理解しています。

現在国内外問わず,様々なスクリーニングや環境モニタリングが行われています。そして,そこから得られるデータはいずれも,現時点では以前から存在していた様々なリスク要因を大きく超えるほどのリスクは発生していないことを示しています。

もちろん,いつも言っていますが,これは未来永劫大きなリスクが発生しないことを保証するものでは無いことは確かです。しかし,お茶碗からお米を二口や三口分取り除いたからと言ってダイエットには何の効果もないことと同様に,大騒ぎする必要のないリスクを針小棒大に取り上げて大騒ぎしても無駄な風評被害が広がり不必要な苦しみを与えられる人が増えるだけで何のメリットもありません。

現在の状況は,非常に憂慮すべき状態で決して楽観できるものではないという認識については同意いたします。このような状況下では「安心」できないという方が大勢いるであろうことも理解いたします。しかし,現在示されているデータの全ては,「安全」は十分に担保されていると考えるべき範囲のものです。

現状がいろいろな不安に駆られる状況であることは間違いありません。このブログはその様な不安を少しでも解消するための一助となれば,と言う思いで書き綴っております。説明が足りなかったり,表現が稚拙だったりでご理解いただけない部分も多いかとは思いますが,その様な場合には,またコメントいただければと思います。もるもるさん以外の方でもかまいません。私でできる限りの対応をさせていただきたいと思っております。どうかよろしく御願いいたします。


<2011/04/12追記:このエントリ中で一部表現に不十分なところがあります。それらについての補足説明などを別エントリに上げておりますので,そちらもご参照下さい>

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 12:56:56 | Trackback(0) | Comments(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。