■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ガンで死ぬ人は増えているのか
これについてはだいぶ前に書きました。「化学物質によりガンは増えている?

相変わらず長々と書いている文章ではありますが,結論は

今の日本ではガン以外ではそう簡単に死なない

ということでした。

ガンって言うのは,ある意味「老化現象」の一つでもありますので,完全に避けるのは非常に難しい病気です。個人個人の症例で代替療法により奇跡的に治ることもあるようですが,統計的に近代医療による治癒率と比較したデータは存在しません。なぜなら代替医療側にその様なデータがほとんどないからです。

近代医療により手を尽くしきった上で,代替医療に頼りたくなる気持ちは分からないでもないですが,闇雲に近代医療を批判し嫌悪して,最初から効果があるか無いかはっきりしないような代替医療にすがるのはお勧めできません。あまつさえ,死亡者に対するガンの割合が増加しているのは製薬会社とか国を牛耳る闇の組織の仕業だなんて話が出てくるようでは,笑い話にもなりません。過酷な労働条件に喘ぎながらがんばっている医療従事者や,1人でも多くの人たちが健康であるために,と,日夜治療法の研究に励む人たちに土下座して欲しいくらいです。どうしても近代医療が信用できない患者自身が勝負に出るならまだ自己責任ですが,少なくとも第三者が無責任に煽ったり勧めたりして良いものではないと思っています。

もう一度言います。近代医療の発展がなければ,「人間はガンで死ぬ前に死ぬ」ケースが圧倒的に多かったのです。この辺,近代的な出産法が確立する前は母子共に健康で出産を終える確率が50%前後であったことを忘れて,必死にがんばっている現代の産婦人科医を批判するのと根っこは同じですね。2,500g以下で産まれた赤ん坊が生き残れるかどうか心配されたのは,たった30~40年前の出来事です。100年前までさかのぼらなくたって,出産は母親にとって命がけの大仕事だったんです。それが妊娠=希望すれば無事出産,という認識を皆が持つようになるために,どのくらいの人たちがどれだけ苦労してきたと思っているのでしょう。

近代科学の発展が人間にとって害にしかならないというのであれば,なぜ産業革命以後,そして石油産業興隆後の世界で爆発的に人口が増えているのでしょうか。

そんな単純で明快な事実が証拠として目の前に提示されているのに,現代社会が人間にとって生きにくい社会であると考えている人が非常に多いというのは,私はとても不思議です。

自分たちが現代社会から普段どれだけ大きな恩恵を受けているのか,一度冷静になって考えるべきだと思います。

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 19:36:04 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。