■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想
ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)
(2009/11/30)
畝山 智香子

商品詳細を見る


遅ればせながら、食品安全情報blogの著者である畝山智香子さんが書かれた「ほんとうの「食の安全」を考える」を読みました。正直、食の安全に興味のある人全員にこの本を読んでいただきたいというのが,読了後の素直な感想です。本当に素晴らしい本でした。

特にいろんなものの発がん性リスクが気になってしかたがないという方は,必読です。こんな事を言っては叱られてしまうかもしれませんが,せめて図書館かどこかで読むだけでも読んでいただきたいと思います。でも,巻末のデータ集は必見ですから,できれば手元に置いておかれることをお勧めします。このデータ集に記載されているような適切な情報をもっと広める必要が大いにあると強く思います。

というか,食の安全に関わる記事を書きたいと思っているマスコミの人たちは,全員これを一読してから記事を書くべきだと思います。もし,それでも読者の不安を煽るような記事を書きたいのであれば,この本に書かれている内容に対する有効な反論を書いてからにしていただきたいです。

さて「健康を考えれば数多くの食材をバランス良く摂取することが大切だ」という話は良く聞くわけですが,本書ではこのことをリスク分散の観点から強く主張してます。

確かに少し考えれば当然のことではあるのですが,正直言って個人的には目からウロコの気分でした。同じ冷凍食品を買うにしても,「これならば大丈夫」などと言ってひとつのメーカーにこだわるよりも,ゼロリスクなどという幻想にとらわれず,そのメーカーの製品にも万が一のリスクが存在していることを素直に認められれば,単独のメーカー,単独の商品を信用しすぎるよりも,様々なメーカー,様々な生産国,様々な種類の食材を購入する方がリスクマネジメント的には非常に有利であることはすぐに理解できると思います。

もちろん栄養バランスを整えることも健康に対するリスクを減少させる重要なファクターであることは確かなのですが,意図的かそうではないかを問わず,食品に有害性のある物質が混入しているリスクを考えれば,それぞれの有害物質の摂取量を最低限に抑えるためにも,数多くの食材を広く浅く摂取するというのは,非常に理にかなった考え方だと感動しました。

さて,この本ではくりかえし現在用いられている食品添加物や残留農薬などが持つリスクは,「これまで長年摂取されてきたんだから」という理由で見逃されている天然成分の持つリスクよりも十分に小さいことが強調されています。また,既存の食材に含まれている成分の中には判断に必要なリスクの計算すら十分に行われていないものが数多くあることも指摘しています。

このような指摘を受けた中で,我々が取るべき態度はどのようなものでしょうか。

天然成分の恐ろしさに身をすくませますか

でもそんなことしたら,食べるものが無くなってしまいますね(^^)

ただひたすら楽観的に過ごすのも行き過ぎればろくなことにはなりませんが,我々の安全を守るために奮闘されている方々の存在に感謝しつつ,油断しすぎずに,でもやっぱり安心して日々を暮らしていければな,と思います。


スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

本紹介 | 12:52:14 | Trackback(0) | Comments(0)
八ッ場ダムのひ素はどのくらい怖いのか
先週末こんなニュースが流れていたので,ちょっと気になって周辺を調べてみました。

群馬・八ッ場ダム:上流の湖底堆積物から高濃度ヒ素 国交省、公表せず(毎日新聞)
 民主党の熊田篤嗣氏が国土交通省に資料請求し、堆積土1キロ当たりに30~5600ミリグラムのヒ素が含まれていると指摘。ヒ素の農地の環境基準は土壌1キロ当たり15ミリグラムだが、国交省は公表していなかった。

堆積土は明らかに農地じゃないので,農地における環境基準として比較してどうこうというのは悪質な印象操作としか言いようがないわけですが,正直「何?これ」というしか言いようがないニュースです。単に「八ッ場ダムは止めたけど胆沢ダムは続行しているのは,自民党の地盤か小沢さんの地盤かという意味ではなく他の意味もあるんだ」ということを言いたいだけなのだろう,ということはよくわかるのですが,果たしてこの話にどのくらいの根拠があるのかどうか気になりました。

 熊田氏は「八ッ場ダム計画は(品木ダムなどに石灰を入れて水質を改善する)中和事業の結果、再開された。情報操作でダム建設へ議論を誘導したのでは。データを公表すべきだ」と追及し、前原誠司国交相は「ヒ素や沈殿物濃度の情報を公開していきたい」と述べた。

とありますが,これも何が何やら。ダムとひ素と何の関係があるというのかさっぱり分かりません。せっかくなんだから,その辺の周辺部分についても書いていてくれればいいのですが,マスコミはこの辺りはとても不親切なので困ります。でも,そのおかげでしばらくネタに困っていた分が解消されそうなのでよいことにしましょう(^^;

さて,関連のキーワードでいろいろ調べてみた結果,どうも根っこの話はここら辺にありそうです。

高杉晋吾八ッ場ダムレポート

こちらのページで配布されているPDF「関東最後の巨大ダム八ツ場ダム建設計画を中止せざるを得ない深刻な事実」によりますと,

中和システムには、万代鉱という硫黄鉱山跡地から流出する大量の湯に混じるヒ素(毎年50 トン)が溜まっており、致死量に換算すると 50 億人分にも相当する大変な量になっています。

と指摘されており,

ダム崩壊の時には、ヒ素を含む酸性水は吾妻川を奔流し、利根川、江戸川、中川、見沼代用水、武蔵水路、荒川に流れて、吾妻川周辺町村、首都圏市町村 1500 万人に洪水被害と慢性ヒ素中毒の蔓延をもたらすことになります。

と危険性を訴えています。
また,「嘘偽りで固めた品木ダム中和システム、この中和システムは吾妻川の中和化にまったく役立っていない=中和システムの嘘」というPDFファイルでは,「中和システムはひとえに八ツ場ダムを造る目的でつくった!」と指摘し,「東電の導水管が吾妻川の酸性水を採取して流しているから吾妻川の水はかろうじて中性を保っている」だけであって,品木ダムの中和システムが何の役に立ってもいないこと,また「上智大学理工学部木川田博士の十数年にわたる調査分析の結果」大量のひ素が品木ダムの処分場へ堆積していることが明らかになっていることなどをふまえ,

1) 八ツ場ダムはヒ素ダムとなる。
2) 八ツ場ダムは飲料のダムだから、慢性ヒ素中毒の根源になる。飲料水ダムにするというのは危険である。
3) 八ツ場ダムは酸性水によって崩壊し、ヒ素が下流を汚染し、慢性ヒ素中毒が蔓延する。ヒ素が関東地方南部全体を汚染する。

と,その危険性と八ッ場ダムの無用を訴えています。

また,このWebページを作成している高杉氏が週刊金曜日(2008年12月12日号)に掲載した記事についてのブログ記事もありました。先ほどのPDFでは今ひとつ理解できなかった東電の導水管がどうのと言う話は

東電は吾妻川の酸性水をほとんど取水し、導水管の中を通しながら吾妻川水系に10カ所ある発電所で発電をしては吾妻川に酸性水を返さずに導水管で次の発電所に送り、また同じ発電を行なっている。
 この結果、吾妻川は弱酸性化、あるいは中和化されているのだ。だからダムができて東電が導水管から吾妻川に水を返せば、吾妻川は強い酸性河川に逆戻りし酸性化する。

という話のようです。

ちなみにこの問題に関しては,TBSが昨年12/24に番組を放送していたようで,その際に行われた質問に対し国土交通省関東地方整備局が正式に回答した内容がこちらです。

その中にあるこのやりとりが,最初のニュースに関連してくる部分でしょう。

質問4     吾妻川や上流の支流で、毎年ヒ素を検出していたにも拘わらず国交省は、なぜそのデータを公表してこなかったのか?公表してこなかった理由は、何か?
 
回答4    国土交通省が吾妻川水系で実施してきた水質調査は、八ッ場ダム建設後の水質の予測を行うことや品木ダムの管理等を目的として実施してきたものです。 この水質調査を通して得られた観測データは、八ッ場ダム建設に伴う水質変化の予測に用いていますが、ここで、ヒ素に係る水質予測データについては、検討途上の段階の未確定の数値を公表し、それが流布した場合には、地域への風評被害が発生する懸念もあったことから、検討が完了するまでは公表する予定が無かったものです。一方、ヒ素の観測データについては上水道の取水を行っている利根川本川ではヒ素濃度が環境基準値を満足している状況であったこともあり、観測データのみを取り上げて公表することに思い至っていなかったものです。吾妻川水系で行われている水質調査結果については、今後、原則公表することとしています。現在公表に向けデータ整理等の作業を行っている途中であり、作業終了後順次公開していきます。

質問10   吾妻川でヒ素が検出されたことを公表してこなかったことに対して、問題があるという意識はなかったか?
  
回答10   国土交通省が吾妻川水系で実施してきた水質調査は、八ッ場ダム建設後の水質の予測を行うことや品木ダムの管理等を目的として実施してきたものです。
  この水質調査を通して得られた観測データは、八ッ場ダム建設に伴う水質変化の予測に用いていますが、ここで、ヒ素に係る水質予測データについては、検討途上の段階の未確定の数値を公表し、それが流布した場合には、地域への風評被害が発生する懸念もあったことから検討が完了するまでは公表する予定が無かったものです。
  一方、ヒ素の観測データについては上水道の取水を行っている利根川本川ではヒ素濃度が環境基準値を満足している状況であったこともあり、観測データのみを取り上げて公表することに思い至っていなかったものです。
  吾妻川水系で行われている水質調査結果については、今後、原則公表することとしています。現在公表に向けデータ整理等の作業を行っている途中であり、作業終了後順次公開していきます。

質問11   ヒ素が含まれる吾妻川の水は、下流域や首都圏の飲料水として利用することは可能か。
  
回答11   吾妻川については上水道の取水は行われていません。上水道取水地点は利根川本川合流後にあります。八ッ場ダムが建設された後もこれは変わりません。利根川本川の上水道の取水地点やその上下流の水質観測地点においては、ヒ素の濃度は環境基準を満足しており、飲料水としての利用について何ら支障はない状態となっています。国土交通省が行った水質予測の結果によれば、八ッ場ダムが建設されることによってヒ素の濃度が高くなるとは予測されておらず、八ッ場ダムが建設された場合でも取水した水の飲料水としての利用に支障はないと予測されています。



さて,ここまでのところで,先ほど高杉氏によって行われた指摘のうち「2) 八ツ場ダムは飲料のダムだから、慢性ヒ素中毒の根源になる。飲料水ダムにするというのは危険である。」と言う指摘は,的外れであったことが分かります。それでは,他の部分についてはどうでしょう。

その前に「中和システム」について少し解説します。

中和システムは,付近にある草津白根山や草津温泉の源泉から湧出した強酸性の水が流れ込むために強酸性となり「死の川」と呼ばれていた吾妻川の環境を改善し,利水や橋梁を始めとする河川工作物の作成を可能とするために作られたものです。具体的にはもっとも酸性度の高い(pH1.8程度)ことがわかった湯川に石灰を大量に常時投入することで河川水を中性化し,吾妻川の酸性化を改善しようというものです。吾妻川酸性水中和事業と呼ばれるこの事業は,1957年に開始され,品木ダムを中心とした中和作業の実施により,水棲生物の棲息が可能となるレベルまで河川環境を向上させることが出来ました。

しかし,中和処理により生成する鉄酸化物にひ素が吸着し共に沈殿して堆積物として大量に品木ダム内に沈殿していることが,今回の問題のそもそもの原因となっております。

当初,河川水の酸性度が高いためにその維持が困難であるとされていた八ッ場ダム製造計画は,この事業の成功により息を吹き返しました。もちろん,その必要性については数々の議論があり,現在に至ってはある意味現政権の行おうとしている政策の象徴となってしまっているのはご承知の通りです。ですが,当ブログでは八ッ場ダムの必要性その他については敢えて議論せず,八ッ場ダム(というよりも品木ダム周辺)に堆積したひ素の問題をどう考えるかに焦点を絞って議論させていただきたいと思います。

閑話休題

さて,一つ一つ問題点について検証しましょう。まずは,中和システムが機能しているかしていないかについてです。現実問題として,現在の吾妻川のpHは改善され,死の川と呼ばれた流域には前述の通り水棲生物が生息するほどまでに環境が改善されています。しかし,高杉氏の指摘によれば,それは東電が行っている発電事業の副産物であり,品木ダムを始めとする中和システムは何の効果も発揮していないとあります。これは本当なのでしょうか。

どうやらこの話の根拠は,こちらのページに書かれている東電の「吾妻川水質改善運動」に関連しているのではないかと思われます。こちらによれば,

強酸性河川の万座川、遅沢川並びに酸性河川の今井川、赤川、白砂川の水は東京電力の水力発電所で取水し、吾妻川にはほとんど放流しないで東京電力水路と一部県営発電所水路を経由して前橋市の群馬県庁付近まで流下させています。(ただし、発電所の点検補修作業などの際に吾妻川へ放流することもあります。)

とありますので,週刊金曜日の記事に書かれている内容と一致します。しかし,東電のページでは

強酸性水は石灰液の河川投入によって中和され、これによって発電設備の劣化が軽減できるため、東京電力では当初から費用の一部負担による協力を行っています。

とあり,中和システムによる効果を認めています。また,松谷発電所の説明文でも

建設当初は、水質の悪い白砂川からの取水はしていませんでしたが、吾妻川酸性水中和事業により中和が行われるようになった結果、水質が良くなったため昭和39年から白砂川からの取水を開始しました

と,中和システム事業の有効性を認めています。また,中和事業が行われていない万座川から取水している西窪発電所では「強酸性水である万座川の水を発電に利用していたので水車の腐食がひどかったため、改修を行いステンレス製に変更しました。」という記述があります。同様の記述は戦前に作られた金井発電所のみで,他の発電所には特記されていません。

同様に群馬県の吾妻発電事務所管内の発電所を紹介したページです。こちらでも品木ダム上流にある矢倉発電所については「発電に使う水が強酸性水のため、トンネルや水車などには耐腐食対策を行っています。」と明記されていますが,他の発電所(品木ダムで中和された水そのものと使っている湯川発電所すら)では,そのような記述はありません。これはどういうことなのでしょうか。群馬県や東電が,国に気を遣ってその様な記述を削っているのでしょうか?また,同様の手法で行われている他の河川における中和事業も同様に発電所の取水によって中性化が成されているのでしょうか??

また,先ほどのPDFの中で

上澄みにしたきれいな水を流している、という宣伝をしているが、東電が導水管を修理のために外したら吾妻川に酸性水が流れ、魚が死に、漁協に「保証金」を支払った。品木ダムによって上澄みのきれいな水が吾妻川に流れているというのは嘘であり、実際は東電の導水管が吾妻川の酸性水を採取して流しているから吾妻川の水はかろうじて中性を保っているのである。

という指摘がありましたが,そもそも漁業が出来るほど河川環境が改善した理由は何なのか,と言うことを考えれば,なぜ東電が補償金を払ったのかが今ひとつ納得いきません。これが,東電が酸性排水を流してしまったのが原因だというのであれば話はわかるのですが,要求する人はいたとしても,これに対し東電が補償金を払った理由が分かりません。もしかすると,この文章には主語がないので国が払ったのかもしれませんが,国にしても因果関係をはっきりさせずに補償金を支払うとは思えません。それに,なぜかこれの元ネタが見つけられません。こういうトラブルがあり補償金の支払いまであったとすれば,どこかにその話についての詳細が転がっていそうな気がします。国が支払ったとすれば,当然裁判か何かがあったでしょうし,東電が支払ったにしても記者会見くらいしたでしょう。にもかかわらず,いくら調べても,これ関連の話題には高杉氏の文章を焼き直したようなものしか見つけられません。ぜひ一次情報をご存じの方がいらっしゃれば,ご連絡御願いいたします。

以上のように,今のところ高杉氏の「中和システムが全く効果を発揮していない」という指摘を裏付ける客観的な証拠は見つけることが出来ていません。こちらのH19 12月の報告では,少なくとも品木ダムに流入している河川水と比べると圧倒的に高いpHの水が放水され(p.11)ており,以前はpH3以下を示していた白砂川合流後の吾妻川のpHも改善している(p.12)ことが示されています。これは,白砂川流域のpHを改善すれば吾妻川流域のpHも改善できるはずであるという事前調査が非常に正しかったことを意味しており,万座川を始めとする他の酸性河川についても同様の中和事業を行わなければ意味がないという高杉氏の指摘の有効性を疑問視せざるを得ない結果であると言えます。

もちろん高杉氏の指摘通り,東電が発電事業により取水していることが一定の効果を持つことまでは否定しませんが,先ほどの解説ページを見ても実際に行っているのは佐久発電所において中性水と混合しているという記述があるのみで,どうにも力不足にしか思えません。東電が排水していると言っている前橋周辺における河川のpHは7~8前後なので,中和作業後のpH5程度からならともかく,元々のpH2以下から5以上も引き上げることができるとすれば,どれだけの流量比があるのでしょうか。

以上,少なくとも現時点で私が持っている情報からは「品木ダムの中和システムは予定通りの効果を示している」と結論づけざるを得ません。この辺り,反論となる詳細な数値などの情報を持っている方がいらっしゃればよろしく御願いいたします。

次は,高杉氏が根拠として示している上智大学 木川田博士の論文(地下水技術,48,12,火山性温泉に見る溶存砒素濃度の 経年変化と環境問題,木川田喜一(2006))なのですが,いつものようにさっそく手に入れて読んでみました。

というか,このエントリを書いたきっかけがこの論文なんですが,確かに高杉氏の書かれているPDFなどに引用されているとおりの数字が論文中にもあり,品木ダムに流入していると考えられる万代鉱源泉におけるここ数年のひ素供給量は年間50 tと書かれています。しかし,これには以下の文章が続いています。該当箇所を引用させていただきます。

筆者が最も恐れるのは、ここで示したような分析値が一人歩きをして、「ヒ素を含む源泉=環境汚染・健康被害」的なステレオタイプな議論に利用されることである。

今,まさに木川田博士が危惧していることが現実として,しかも政争の具として利用されようとしていることは大いに批判されるべきではないでしょうか。

同様に論文中で木川田博士は品木ダムについても触れており,

(ひ素が堆積物として品木ダムに沈殿する機構を説明した後)これは本来の中和事業の目的とは異なるものの、結果として河川中和事業がヒ素除去システムとして機能していることを意味する。品木ダムに堆積したヒ素をどのように処理するかという問題がまた別に生じるが、少なくとも源泉期限のヒ素の影響は下流へは及ばず、地域内の品木ダムで留められているのである。

と,品木ダムによる効果をポジティブに評価しています。実際木川田博士の測定によれば,1985年以降万代鉱源泉由来のヒ素湧出量は7~8倍に増大しており,草津温泉市街の湯川におけるヒ素濃度も同様の変化を示しています。ですから,もし品木ダムがなければこの増大した分がすべて利根川水系に流入していたことになるわけですから,ある意味品木ダム様々なわけです。

それに,もし高杉氏が危惧するような飲料水中へのひ素混入を,少しでも防ごうと思うのであれば,品木ダムなどにおける中和事業をより進化させたひ素除去事業を推進しなければいけないという結論にならざるを得ません。もちろん,八ッ場ダムが事業停止してしまえば,万が一品木ダムがどうにかなった時の抑えが存在しなくなりますから,より危険度は増してしまいます。品木ダムに何かがある前に,いち早く八ッ場ダムが建設させることを求めていく必要すらあるでしょうし,八ッ場ダムの目的をひ素除去事業のためとしても良い位なのではないでしょうか。

高杉氏は一貫して八ッ場ダムの不要を訴えております。ということは,八ッ場ダムに水源や洪水対策の機能を求めていないことになります。と言うことであれば,実は話は簡単で

八ッ場ダム完成後も東電の取水を止めない

ことを求める運動を開始するだけで,ひ素問題も酸性水によるダム崩壊問題もクリアすることが出来てしまいます。水源としての利用や洪水対策を考えなければダムに水を溜める必要はまるで無く,全力でひ素堆積物を溜めてもらえれば全ては丸く収まるからです。

ひ素も酸性水も,完全なる自然現象です。人間の力ではどうにも止めることは出来ません。苦肉の策としての対処療法が中和事業であり,これがかなりの力業でいろいろ無理が生じていることも間違いありません。そして,この規模の事業を行うと言う事は,いい意味でも悪い意味でも数多くの人々の生活に様々な影響を与えることを意味します。

ですから,国の行う事業に異を唱えることには反対しません。そういう批判作業無しにこのような大事業が行われるべきでは無いとも思います。

しかし,同じ批判をするならなるべく筋の良い批判をすべきでもあると思います。

中和事業がどの程度の効果を発揮しているのかは,そもそもの河川の流量と,東電が取水している水の量や取水時のpHなどがわかれば簡単に算出できるでしょう。ひ素については,いくら大量に堆積しているからと言って,その全量が一度に下流域の人たちの口に入るわけではありませんし,いくら洪水になったりダムが崩壊したとしたって一度に全量が溶け出すわけでもありません。そう考えれば「25億人分の致死量」なんて表現が,煽り以外の何者でもないことは,このブログを以前から読んでいただけている方であればおわかりいただけるかと思います。

火山国である日本に住んでいる以上,このような温泉水などに由来する自然現象とは離れられない関係にあります。というか,そもそも温泉法ではメタ亜ヒ酸を1 mg/kg以上含んでいることが温泉として認められる要件のひとつとされていますし,人体にとっても必須微量元素のひとつであると考えられています。

木川田博士がこの論文を書いた本来の意図にしたがい,落ち着いた視点で状況を判断していければと思います。

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

気になる化学リスク | 20:17:12 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad