■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【お詫び】5%の理由についての誤解
昨日のエントリで,私は以下のように書きました。

現状行われている検査方法では,全く混入していないものでも5%以下程度混入していると誤認識する可能性が否定できないのです。


これに関して,以下のようなご質問をいただきました。

この検査方法とはどのようなものなのでしょうか?
DNAを調べる方法でしょうか?

気になった背景として、一月くらい前、「新潟県産コシヒカリ」に異種が混入していたというニュースがあったのですが、その混入率が5%程度だったので、同じような誤認識をしてしまっているのではないかとふと疑問に思い質問しました。

東京神奈川埼玉千葉で流通していた新潟産コシヒカリ25点からそれぞれ20粒ずつ米を抜き取りDNA検査を行ったところ、2点で20粒中1粒別の品種と思われる米が混じっていたそうです。
従来のコシヒカリと違ったDNAを持つ新潟県内でしか生産されていない品種コシヒカリBLというものがあり、このコシヒカリBLのDNAを持っているか否かで新潟産か否か特定できるそうです。

この「異種混入」は検査法の問題だったのでしょうか?


というわけで,早速いろいろ調べてみたところ,わたしが大きな勘違いをしていたことに気がつきました。

「遺伝子組換えでない」と表示可能である基準となっている「意図しない5%以下の混入」における5%という値は,IPハンドリング=分別生産流通管理(Identity Preserved Handling )と呼ばれる分別過程において,除去しきれないと考えられている数値がその根拠となっていました。

遺伝子組換え植物を考えるQ&A 7.遺伝子組換え食品の表示制度について

Q4.IPハンドリングとは何ですか?

 栽培農家や流通にかかわる人は、厳密な管理の下で細心の注意を払ってIPハンドリングを行っていますが、現実には遺伝子組換えのものがわずかに混ざってしまうこともあります。種子を運ぶコンベアーなどは、ある時は遺伝子組換え農作物を流し、ある時は非遺伝子組換えのものを流すことが多くあります。非遺伝子組換えのものを流すときは、コンベアーや倉庫内を掃除してから作業を行いますが、いくら清掃してもラインに数粒、遺伝子組換えのものが残っていたりすることもあり、現状では絶対に混ざらないようにすることは困難です。
 このため日本では、遺伝子組換え農作物の混入率5%未満なら、適正なIPハンドリングが行われたとして認めています。



よくよく思い出してみたところ,その昔(10年以上前(^^;)この手の仕事をしていた友人から,「混入割合が5%以下であることを証明するには,0.5%以下の精度で分析できないとダメなんだが,それが結構難しくてねぇ」という話を聞いたのが,どこかで記憶が入れ違ってしまっていたことに気がつきました。誠に申し訳ありません。深くお詫びして,昨日の記事を訂正させていただきたいと思います。

確かに,いろいろと調べてみると現在使われている手法を使うと,分析対象や用いるキットによって違いはあるものの,十分に高い確度で分析を行えるようです。かなり情報が古かった上に,ねじ曲がって覚えていたことを繰り返しお詫びいたします。

さて,現在の分析手法ですが,調べてみたところやはりPCR法と呼ばれる手法を主軸に置いて,二段階の検査が行われることになっており,検査方法についての細かい手順もしっかりと決められています。

厚生労働省:遺伝子組換え食品の安全性審査の法的義務化について
(別添)組換えDNA技術応用食品の検査方法(PDF 369KB)


PCR法というのは,DNA中に含まれるある特定の遺伝子だけを増幅する手法で,正しい手順を踏めば目的の遺伝子だけを特異的に増やして検出することが出来ます。

実際には,まず第一段階のスクリーニングとして,GMOが含まれているかどうかが不明な試料からDNAを抽出し,検出したい遺伝子(この場合GMOに特異的な遺伝子)だけを増幅させるような手順でPCR増幅を行います。これにより,最終的にどのくらい目的の遺伝子が検出されたかを見ます。もし,GMO由来の遺伝子が検出されれば,次の段階に進みます。検出されなければ,この試料はGMOが含まれていないと判断されます。

さて,GMO由来の遺伝子が検出された試料について,次はどのくらい含まれているかを見なければいけません。そこで今度は定量PCRという手法を使います。中で起こす反応は,第一段階で行った実験と全く同じものなのですが,今度はPCR増幅によりどのくらい目的の遺伝子が増加しているかをリアルタイムで観察します。すると,PCR増幅法の原理から理想的な増幅が行われている場合には,最初に含まれている目的遺伝子の量により増幅するスピードが違うことが期待できますので,横軸を時間,縦軸を遺伝子の増幅量としてグラフを書くと,最初どのくらい目的遺伝子が含まれているかがわかります。そのため,この方法を「リアルタイム定量PCR法」と呼ぶことも多いです。また,第一段階の実験で行ったような「目的遺伝子があるか無いか」だけを見る手法を「定性PCR」と区別して呼ぶこともあります。

PCR法というのは,非常に単純な原理を元にした手法であるため,ただ遺伝子を増幅させるだけ(定性PCR法)であれば,適切な試薬を混合し,適切な条件下で温度を変えてあげるだけで反応を起こすことが出来ます。もっとも,その適切な試薬と適切な温度条件を見つけるのがなかなか大変だったりするわけ何ですが(^^;;;; 装置としては非常に単純なもので実験が可能となります。

しかし,定量PCRの場合はリアルタイムで変化する様子を観察する必要があるので,検出用の装置を内蔵している必要があります。また,通常は検出用の蛍光ラベルと呼ばれる試薬も必要とされるため,装置や試薬は定性PCRよりも高価ですし,実験技術も少々煩雑で高度なものが要求されます。そのため,簡便で安価に行える定性PCRで第一段階目の試験を行っているんですね。

というわけで,最初の質問にやっと戻りますが,このコシヒカリに用いられたのもおそらく「PCR法」であることは間違いないと思います。また,今回の場合は新潟産コシヒカリ特有の遺伝子を「検出できなかった」と言うケースになりますので,より確かなのではないかと思います。なぜならこのケースで用いられたと考えられる定性PCR法では,非常に高い増幅倍率で増幅させた状態で,目的遺伝子の有無を判別しますので,もし少しでもその遺伝子が入っていたのであれば,ほぼ確実に検出することが可能であったと考えられるからです。

こちらは民間の検査会社のWebページですが,こちらでは混合比率確認として「検体を均分器にかけ、縮分後の検体から20粒を取り出し、一粒ずつ品種鑑定を行い、20粒中に占める混合割合を分析」してくれます。おそらく,問題のニュースの場合でも同様の検査が行われたのではないかと思いますので,ほぼ確実に5%程度の混入があったと考えて良いと思います。

以上,ご質問の回答になりましたでしょうか。他にも何かありましたら,よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 20:02:42 | Trackback(1) | Comments(0)
無責任な煽りがもたらすもの
毎日新聞の連載については,毎日追いかけています。今日も第4弾が掲載されていましたが,コメントする内容ははっきり言ってこれまでと全く一緒なので,もう少し何か違った動き(すでに期待していませんが,GMOに対してポジティブな内容が書かれたりしたら)があったり,私の憤りが止まらなくなったりしたら(^^; まとめて書きたいと思います。

さて,今回は以前に書こうと思っていて取り上げていなかった件です。

エコナ関連のエントリをあげていた時にいただいた拍手コメントで,かなり切実な思いを伝えて下さった方がいらっしゃいました。

連絡先がわからず,公開の許可を取ることが出来なかったので概要だけのご紹介になりますが,その方は親御さんを幼い頃にガンで亡くしたため,人一倍ガンや健康に気を遣ってきており,エコナも「トクホ」マークを頼りに積極的に利用されてきたそうです。

ところが,先日の「エコナを使っているとがんになる」と言わんばかりの報道を聞いて大きなショックを受け,「子供のためと思ってしていたことが,かえって子供に悪影響を与えてしまっていたのか」と,すっかり絶望してしまっていたんだそうです。そんな中,当ブログを見つけ,なんとか希望が持てました。というお礼の言葉が綴られており,その真摯な思いに読ませていただいた私の方まで胸が熱くなってしまいました。

そして,それと同時にマスコミは何とむごいことをするのか,という怒りも感じました。

どうしたらよいのか,どうなってしまうのか。そういった不安に煽られ,日々を過ごすことはどれだけ辛かったでしょう。しかし,マスコミがきちんとした解説を行い,科学的な根拠に則った報道を行っていれば,そんな不安は感じる必要がなかったのです。

確かに花王側の説明や,食品安全委員会の主張も入っていました。文章や伝達のプロである彼らの実力を持ってすれば,同じ情報量で読者や視聴者が安心できるような報道をすることは容易だったでしょう。

しかし,彼らはこのように一般の消費者が不安に煽られてしまうような表現を選択し,世に伝えました。いったい,彼らはどこに自らの正義を求めているのでしょうか。部数が売れれば,話題になればそれで満足なのでしょうか。

今回のGMOにまつわる連載もそうです。

一部消費者団体とマスコミの無責任な煽りにより,現在日本の消費者は非常に高いコストを余計に支払わせられることを余儀なくされています。また,第三弾の記事にもあった通り,このまま非GMOにこだわり続ければ,食糧供給自体が滞る可能性は増すばかりです。

そのような事態になった時,毎日新聞はどうするつもりなのでしょうか。突然手のひらを返して,GMOの安全性を訴えるのですか?それとも肉食などする必要はない,とか言って穀物の輸入差し止めキャンペーンでも張るんでしょうか。それとも国産非GMO大豆,非GMOとうもろこしなどで全ての需要を賄えてしまうような秘策でもあるのでしょうか。

先ほどの拍手コメントを送っていただいた方は,私が書いたエントリの内容を理解しきれなかったことに大変恐縮されており,「本来、私のような種類の人間が訪問するページではないと思うのですが」などと仰っておりましたが,それは違います。

内容を理解していただけなかったのは,理解していただけるように書く能力が私に不足していたからであり,読んでいただけている方の責任ではありません。ですから,もしわからない部分があれば,コメントでもメールでも結構ですので,気軽に質問してください。どんな些細なことでもかまいません。ぜひ御願いいたします。

また,こちらも私の能力不足でほとんど達成できていないのですが,このブログを始めた本来の趣旨は,今回拍手コメントを下さった方のように,これまであまり科学に深く接する機会を持てなかった方々が持っている,科学(主に化学)に関する疑問や誤解を少しでも解消できれば,と言うことでありました。その志は今でも変わっていないつもりです。

この拍手コメントを送って下さった方は,もうこのブログを読まれていないかもしれません。でも,本当はあなたのような方に読んでいただくために書いているブログだと言う事をお伝えできれば,と願っています。

このブログは決して専門家のために書いているブログではありません。専門家(もしくは専門家を目指している方)は,こんな怪しいブログなど参考にしてないで,御自分で論文などの一次情報にアクセスして下さい(^^; 私が提供できる情報は,私というバイアスが加わった二次情報でしかありません。ぜひがんばって一次情報にアクセスし,私より上手に正しい情報を世に広めていただければと思います。

繰り返しになりますが,当ブログは全てのエントリの内容に関する疑問,質問,批判,次に取り上げて欲しいテーマなどを,常に歓迎しております。特に,きちんと解説せずにいろんな専門用語を使っているケースが多々あります。わからない部分がありましたら,ぜひお気軽にコメントして下さい。可能な限り対応させていただきたいと思います。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

雑談 | 16:53:59 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。