■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
続・DAG(ジアシルグリセロール)はどのくらい危険なのか(続々々・エコナはどのくらい危険なのか)
いろいろあって心が折れかかったんですが,単なる娯楽のために悪者にされたのでは関係者はさぞ無念だろう,と言う思いで引き続き更新をすることにしました。

長すぎる文章ばかりで,みなさんの読む気は確実になくなるだろうとは思いつつ,自己満足だけで続けます。

今回も当然2009年9月2日に開催された「食品安全委員会新開発食品(第63回)・添加物(第76回)合同専門調査会」において提出された資料1:「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品の安全性について」 -中間取りまとめ-(案)[PDF]の内容を解説する形で話を進めることにします。

さて,前回は「ジアシルグリセロールの発がんプロモーション作用に関する研究(試験A)」(p.15)の説明をしました。この研究と同時期に行われたのが,「ジアシルグリセロール(DAG)の大腸がん促進作用試験(試験B)」(p.18)と「DAG油の中期多臓器発がん性試験(試験C)」(p.20)です。ちなみにこの試験Cが,こちらの記事で花王が隠蔽していると主張しているDIMS医科学研究所で行われた実験だと思います。もちろん複数のイニシエーターが投与され,発がんが人為的に誘発された条件で実験されています。

ちなみに試験Bは試験B-1「DAGのアゾキシメタン(AOM)誘発ラット大腸のアベラントクリプトフォーカス(ACF)形成に対する影響」と試験B-2「DAGのApcノックアウトマウス(Minマウス)における腸ポリープ形成に対する影響」の二種類で構成されています。前者は,イニシエーターにより大腸がんを誘発されたラットを用いたDAGのプロモーター作用について調べられています。また,後者は遺伝的に加齢と共に高トリグリセリド血症を発症し,腸ポリープが自然発生するような血統のマウスを使って,DAG油が腸ポリープ発生を促進するかどうか調べています。

この結果,試験B-1においてDAGを大量に投与された群で,発がんの兆候であるACFを構成するアベラントクリプト(AC)について,ACF一個あたりのACの数が減少しているという結果が出ました。これは,DAG油の大量投与によって,発がんの兆候であるACFの増殖が抑制されたことを意味しています。これは,DAG油により血清中のトリグリセリド濃度や遊離脂肪酸濃度を減少させた結果ではないかと報告書(第1回新開発食品・添加物専門調査会合同ワーキンググループ資料2-1:ジアシルグリセロールに関する報告書その2「ジアシルグリセロール(DAG)の大腸がん促進作用試験」[PDF])には書かれています。ようするに,DAG油を摂取していた方が大腸ガンになりにくそうな結果が出ていると言うことですね。もちろん有意差は出ていないので,なんとなくそれっぽく見えたレベルです。断言なんて出来ません。誤解の無いように。

なお,試験B-2においてはDAG有りと無しでは有意差が出ませんでした。

さて,懸案の試験Cですが,確かに先ほどの第1回ワーキンググループのページでは資料が公開されていません。中間とりまとめの中でも取り扱いは非常にあっさりしたもので,大腸についてDAG油低容量群と中容量群で腫瘍性病変の発生頻度が高い傾向を示したが有意差は見られず,DAG高容量群では対照群と同程度の発症頻度しかなかったこと。そして,他の臓器ではDAG油に関連した腫瘍性病変の増加は認められなかった,とだけあります。やはり都合の悪いデータは隠蔽されているんでしょうか。

もちろんそんなことはありません。前々回のエントリでご紹介した通り,この研究の成果は論文として一般に公開(Food and Chemical Toxicology 2008; 46: 157-167)されています。理系大学の学生の方であれば,図書館で入手できると思います。自分の大学でこの雑誌を取っていなくても,数百円も出せば他の大学から取り寄せることが出来ると思います。たぶん一般の方でもその気になれば大丈夫なはずです。というわけで,無事私も入手することが出来ました。

ということで,さっそくこの論文を読んでみました。

一応最初はまじめに全文読もうかと思っていたんですが,とりあえず最初に先ほどの記事に取り上げられていた部分に目を通してみました。すると非常に面白いことがわかりました。このような衝撃を受けたのは,電磁波の話を調べた時以来でしょうか。

記事中

腎臓では、ガンの一種である腎芽細胞種で、TAG群が19匹中12匹なのに対して、DAG低用量、高用量で20匹中19匹。また膀胱の尿路にできる移行上皮ガンでもTAG群が0匹なのに対してDAG低用量で5匹、高用量6匹と有意差が出ている。


という記述があります。ここだけ読むとDAG油によりガンが明らかに増加しているように感じますね。確かになんか怖いです。こういう事実を隠蔽しようとしている花王や厚労省に憤りを感じてしまいます。

しかし,論文上で公開されているデータ(p.162-164, Table6)を良く読むと,確かに抜き書きされているデータは正しいのですが,その他にもたくさんデータはあるのです。

たとえば腎芽細胞種の場合,中性脂肪を摂取していない群で18匹,5.5%の高リノール酸TAGで17匹,高オレイン酸TAGで13匹,中鎖脂肪酸TAGで15匹が発症していると書かれています。

同様に移行上皮ガンについても,確かに5.5%TAG群の発症は0匹ですが,中性脂肪を摂取していない群でも4匹,5.5%の高リノール酸TAGで8匹,高オレイン酸TAGで6匹,中鎖脂肪酸TAGで3匹が発症しているのです。これではとてもじゃないですが,DAG油ががんの発生を促進しているなんて口が裂けても言えるわけがないですね。これらの全データが提出されたワーキンググループでも,さほど重要性を感じられることなく流されたのは当然かと思います。

それにしても,せっかく一般に公開されていないデータを入手できたのに,そんなせっかくのチャンスを持てたのにこの記事の著者である植田さんは

このような恣意的な抜き書きをして,
何をしたかったのでしょう??


せっかく真実により近づける立場にあるのに,どうしてこんな真実から人々を遠ざけるような無駄なことをわざわざしてしまっているのでしょうか。ある意味ジャーナリズムの対極とも言うべきこの態度は,非常に理解に苦しみます。

…………,嘘です。ごめんなさい。あまりに意図がわかりやすくてあきれてしまいました(--;;;;;

このことに気がついた瞬間に,これ以上論文を精読しようという気力が失せてしまったことを,勘弁していただけますでしょうか?ちなみにざっとこのTable6や他のデータを見回しては見ましたが,とても有意差が出ていると言えるような結果はありませんでした。そりゃあ,中間とりまとめの方もあれだけあっさりした要約になるはずです。

まぁ,きっと植田さんも全部のデータを眺め回したはずですし,それにも関わらずあの程度の部分を抜き書きすることでしか煽れなかったんですから,当然かもしれません。

というか,元データを見られた瞬間にすべてのロジックが崩壊してしまうんですから,専門家相手にはこんな煽りは絶対通用しません。明らかに元データにアクセスできない一般の方を狙った手口ですね。個人的には,意図的にやったとしたらかなりたちが悪いという印象を持ちました。正直軽く怒ってます。もし意図的ではなく,本気でこの程度の情報しかあのテーブルから抽出できなかったのだとしたら,こういう分野について文章を書くのは止めた方がいいです。明らかに向いていません。別の分野の記事を書くことに専念することをお勧めします。って,ひどい言いぐさですね。あまりに人間出来てないです>私。

以前のエントリで私が「花王を擁護したいだけじゃないのか」というようなコメントを下さった方がいらっしゃいましたが,このような大企業を批判して小金を稼ぎたいだけの理不尽な批難」と戦うためであれば,いくらでも擁護したい,というのが今回一連の研究を調べた上での感想です。

この後も,遺伝子組換えラットによる誤判定を防ぐために,さらに条件を精査した研究が繰り返されていますが,もう解説の必要もないでしょう。すべての結果は日常におけるDAG油の使用が,発がんを促進するようなことはないであろうという結論に向かっています。そして,これらの結果を元にして食品安全委員会はDAG油についての最終見解を出す予定になっています。

確かにグリシドール脂肪酸エステルという予期せぬ因子が突然出てきたりはしていますが,最初のエントリでも書いた通り,普通に考えればグリシドールが人体に害を及ぼすためには,数々の大きな障壁を乗り越える必要があります。ですから,きちんとした評価法さえ確立できれば,この疑いも晴れるでしょう。

誰でも名前を知っているような大企業がミスをすれば,なんとなく「ざまあみろ」という気分になるのかもしれません。国がミスをしていると思えば,溜飲が下がるのかもしれませんし,大企業や国,官僚などは非常にわかりやすい悪役になれる素質を持っているのかもしれません。

しかし,人間が常に過ちを犯さずに何の失敗もしないなんて事がないように,大企業や国が常に過ちだけを続けているわけもないのです。

つまらない煽りに惑わされることなく,冷静に判断する目を持ち続けたいものです。

というわけで,かなり長くなりましたが,エコナ絡みの話は今回で終了したいと思います。

ご意見・ご質問などありましたらお気軽にどうぞ。

さて,次は時間の話をするお約束でしたでしょうか。まぁ,誰も待っていないと思いますが(^^; 今回以上に自己満足なエントリになるのは確実ですので,このブログもまた元のように静かな状態になるかと思います。

でも,もしご興味があればどうかよろしく。

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 22:27:51 | Trackback(0) | Comments(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。