■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
疫学やメタ・アナリシスは本当に信用できるのか
過去二回にわたって,疫学とかメタ・アナリシスとかの有用性や産まれてきた背景なんかを紹介させていただいたわけですが,そこそこ楽しんでいただけた方もいらっしゃったようで感謝しております。

とはいえ,一見すると,素人目には適当に数字をいじっているだけにしか見えないこれらの分野には,なんとなく騙されているような気分になるのはある意味しかたがないことかもしれません。特に統計データの解釈は,恣意的な操作を組み入れればいくらでも好きな解釈が出来てしまうという危険性は残っていますので,どうしても信用ならないという方がいるのも当然かと思います。

しかし,これらの分野が「科学」の一分野であると認められる理由の一つは,それぞれの研究により用いられている手法が明確に提示され,第三者による再現・再検討が容易である点にあります。逆を言えば,これらのポイントをクリアできていないものは「科学としては認められない」ことになります。

これらのポイントがクリアされることにより,公表された結果を第三者が検証することやデータを再解析することが可能となります。そして,そこからより確からしい結論を導き出すことすら可能となるわけです。もちろんその最たるものが「メタ・アナリシス」です。

もしこれらのメタ・アナリシスや疫学研究による結果に反論があるのであれば,問題点を明記して再解析を行うことで,科学的に反証を行うことは容易です。そして,その反論が科学的なものであれば,両者のどちらがより確からしいのかを第三者が判定することも容易です。ですから,きちんと科学的なメソッドに則って議論を行っている限り,陰謀論なんてものが入ってくる余地はないはずなんです。

疫学におけるオッズ比の算出や,メタ・アナリシスにおける各研究の重み付け処理・再解析などは,すべて数理統計学を基礎として「数学」という言語により厳密に記述されています。出てきた数字の持つ意味は,各研究において異なりますが,数字を出す段階における処理は,すべて数学という厳密で基本的な概念により統一されており,いつでもどこでも第三者による検証が可能です。

数学は明確で厳密であるが故に,ごまかしが効きません。

フェルマーの最終定理やポアンカレ予想は世界中の数学者を100年以上も悩ませ続け,その解決には偉大なる数学者の存在が必要不可欠でした。しかしそれまで誰も見いだすことの出来なかった真実へのか細い道筋も,一度提示されてしまえば,その道筋の正しさを確かめることは世界中の数学者の手で可能となりました。

特にフェルマーの最終定理が証明された際には,最初の証明発表後に問題点が指摘され,その解決に結構な時間が必要となったのは有名な話ですし,そもそも最終的に証明を行ったワイルズ以前に提出された数多くの証明が誤りであることを証明したのは,「証明を提出することすら出来ていなかった」他の数学者たちです。

もし科学の世界が本当に権威主義に支配されていたのであれば,「証明を提出することすらできなかった奴が文句言うなんて不届きな」なんてことを言う人が出てもおかしくなかったでしょう。でもそんな人は存在しませんでした。もちろん,ワイルズも「俺の証明にケチをつけるなんて,それは真実を隠そうとする闇の組織や国家権力による陰謀に違いない」なんてことは言いませんでした。

それは,その指摘の内容が正しいことが周りの人たちも,ワイルズ本人も明確に理解することができたからです。それは,証明が出来たという主張も,その証明に誤りが存在しているという主張も,すべて数学という言語に則り,科学の様式に従って行われたからです。

そして,その後ワイルズが問題点を克服した新しい証明を提示し,その検証が複数の数学者たちにより行われたあと,ワイルズの証明を批判する人はいなくなりました。それは,同じようにワイルズの再証明が科学の様式に則って行われたため,その再証明が数学的に正しいことを周りの人たちが理解することができたからです。

何度でも繰り返しますが,このようなことができた理由は,すべての証明・検証・批判が科学的に正しいやり方で行われたという点に帰着します。

同様に,疫学やメタ・アナリシスの結果も,数学という言語や科学の様式に則って議論が行われている限り,現在や未来において誰でもどこでもその正しさを検証することが可能です。そして根本的に様々な問題が生じやすい分野であるという自覚があるからこそ,何か問題点がありそうだとなれば,即座に検証が行われ,分野全体の信頼度を高めていこうという努力がなされているのです。

1995年にかの有名なScienceが「疫学は限界に直面している」という表題で疫学を批判する特集記事を掲載しました。これに対し,多数の疫学者・医学統計学者が「問題点があるのは事実だが,元々一つの研究結果で言える範囲が狭いにもかかわらず,それだけですべてが結論づけられたような報道をされることが多すぎるために混乱が生じているにすぎない。」と言う内容の批判を返しました。

これはマスコミだけではなく,マスコミというフィルターを通して疫学による研究結果を受け取る我々も肝に銘じなければいけないことだと思います。

個々の研究が設定している範囲,内容などを理解せずに,疫学研究結果を盲信することも全否定することも同様に慎まなければいけません。そして,それは疫学だけにかかわらず全ての科学的な成果(あるいはそう主張されているもの)についても同じことが言えると思います。

つまり,結論は何かというと簡単なことなんですね。

信用できる分野があるのではなく,
信頼できる研究結果が存在するだけ


結局のところ,信用できるかどうかの判断基準は,その成果がどの学問分野で見いだされた結果なのかということではなく,その結果がどれだけ誠実に積み上げられたデータを元に得られたものか,と言うその一点に尽きるわけです。

ここまで説明してきた通り,疫学だろうが,メタ・アナリシスの分野だろうが,丁寧にデータを積み重ねていけば,いくらでも信頼できる結果を導き出すことが可能です。それとは反対に,物理学や病理学の分野であっても,信頼に値しない結果を出すことはいくらでも可能なわけです。だからこそ,我々には「わからないから」と鵜呑みにしたり排除したりするのではなく,「わかるための努力」を惜しまない態度と意識が必要になってくるのだと思います。

というわけで,最後の数段落を言いたかったためだけに,ずいぶん長々と書いてしまいました。最後まで読んでくださった方,ありがとうございます。お疲れ様でした。

さて,次は何の話にしましょうか?(^^; もちろん現在手元にあるネタのストックはゼロです(ぉ

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑学 | 13:04:32 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad