■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
無農薬野菜はどのくらい危険なのか
ちぃさんからまたコメントをいただきました。せっかくですので,エントリにします。

> 私はぷろどおむさんのこの記事を見るまで、無農薬野菜が危険といわれてるなんて全然知りませんでした。目からウロコを見て、農薬を使うことが悪いことではないというのはわかりましたが・・。それで、自分でネットで調べてみると、このサイトを見つけました。一度見てもらえますか?
> http://www.daichi.or.jp/blog/ebichan/2008/07/post-146.html
> ここの方は、無農薬の危険を認めながらも、でもやっぱり比較すると農薬を使うなら無農薬のほうがいいといってますよね?


読ませていただきました。この方の言ってることは非常にもっともで,「無農薬だから危険」なんて発想は,「農薬を使っているから危険だ」などと安易に判断するのと同じくらい間違ったことだと私も思います。もちろんこの方のように細心の注意を払って病虫害から作物を守ることが全ての無農薬・減農薬野菜について行われていれば,という前提もありますが(^^;; 生物農薬とか天然農薬などと呼ばれるもの(この方の指摘した研究で対象になったたんぱく質以外にも,様々な種類の低分子化合物(当然発ガン性が疑われている物質も含まれています)も知られています)の存在量も決して多いわけではないのも事実ですし,どちらがアレルギー症状の原因となるかも人それぞれでしょう。ぶっちゃけた話をすれば,どっちもどっちなわけです。あとはコストを支払う方の価値観の問題です。

「目からウロコ」の著者の方も仰っていますが,私自身がこの手の話をする必要性を感じる理由は「どう転んでもゼロリスクはあり得ない」ということを訴えるためです。要するに「無農薬だから安全,天然だから安全」という安易な発想こそが最も危険,と言うことです。「現状で正しい用法で用いれば十分な安全を確保できる農薬を『危険だ危険だ』と騒いでいる人が多いですが,無農薬にも同程度の危険が潜んでいるんですよ?どうします??」という論法はちょっと意地悪かもしれませんが,このような比較は本来必ず行わなければならないはずのものです。複数の並列した事象に対し,各々のリスクとベネフィットを比較して考えることこそ,リスクマネジメントの基本であり大前提です。

> こういうニュアンスの文章は、本当によく見かけます。同じものをまったく正反対の説を唱えて。。それは、どっちかが擁護して、どっちかが正論を言ってると思うんですが、私みたいに何も専門的な知識のない人には、どっちもが正しく聞こえるし、本当にわからなくなるんです。左右される自分にも嫌気がさしますが。。


少なくとも今回のケースに限って言えば「どちらが正しいのか。どちらが正論なのか。」ではなくて,「どちらの見方も正しい」が正解です。なぜなら「どちらも十分に安全であることにかわりはない」からです。混乱するのは「どちらかが完全に安全であって欲しい」と有りもしない「ゼロリスク」を求めてしまうからであって,正しく行えばどちらの方法で育てても十分な安全が確保されていることに違いはありません。

しかし,農薬を正しく用いることで,このブログの方ほど細心の注意を払わなくても基本的に効率よく大量に十分に安全な作物を安価に手に入れることが出来ますし,現在流通している栽培品種のほとんどが農薬使用を前提に作られた品種であることは動かしがたい事実です。もちろん多大な労力と細心の注意を持ってすれば,農薬無しでもそれらの栽培品種を一定以上の収率で収穫することが出来ます。しかし,当然ですが必要なコスト(労力含む)が膨大になるのは免れません。ですから,この点に置いて無農薬栽培は大きなディスアドバンテージを負ってしまうことになり,必然的に高価な商品になってしまいます。ですが,そのことに相応の価値が認められるのであれば,高価な商品であったとしても,それに見合った大きな安心が得られることになるのでしょう。

しかし,農薬を正しく使わないことで残留農薬問題や生育異常・品質劣化などが起きるように,無配慮な上っ面だけの無農薬・減農薬栽培は,消費者が高いコストを支払う価値のないものである可能性があると言うことも忘れてはならない,と言うのが今回の話における重要な論点です。また,本題とはちょっとずれますが,農薬や化学肥料の存在無しに,現在地球上に住む多くの人々が必要としている食料を確保するのは事実上不可能であり,労力をふんだんに使った非効率な生産様式である無農薬栽培による食糧供給は,非常に贅沢な行為であることも念のため指摘しておきます。

本題に戻りましょう。

結局のところ正しく農薬を使わないケースと細心の注意を払って行われた無農薬栽培で勝負すれば後者が勝り,正しく農薬が使われたケースと上っ面だけなぞった無農薬栽培で勝負すれば前者が勝る。ただそれだけの話です。正しく農薬を使われたケースと,細心の注意を払って行われた無農薬栽培で勝負すれば,こと「安全」という面だけを考えれば,あとは各消費者個人の好みの問題だと私は思っています。

しかし,再三注意をさせていただきますが,ラウリル硫酸ナトリウムにまつわる様々な業者の存在を見てもわかるとおり,「安全・安心」を求める消費者の心の隙間をついて小銭を稼ごうとする業者が後を絶たないのも事実です。

その商品が安全なのか,安心できるものなのかは,カテゴリー分けや一個や二個のパラメータで判断できるほど安易なものではなく,商品それぞれで判断しなければいけないものです。「ラウリル硫酸ナトリウムを使っているから安全」「使ってないから安全」などという安易なものではなく,商品それぞれについて判断することが求められていると思います。

商品それぞれについて安全・安心を見極めるというのは非常に難しいことではありますが,私なりの判断基準として持っているものを一つだけご紹介します。それは

他者(社)を貶めているセールストークは疑え

です。

自分(自社)の製品に自信があれば,その利点を訴えるだけで話は済みます。「この点は劣っているかもしれないが,この点にポイントを置いた商品を作っているんだ」などと自分たちの欠点を認めていれば,さらにポイントアップです。自分たちの商品に自信を持って誠実に向かい合っている人(会社)であれば,多少の欠点があっても動じないものです。

一方で他者を貶めることによって自分の相対評価を引き上げようとする態度は,自分自身への信頼の無さから引き起こされがちなものです。「このシャンプーを使うと髪が美しくなる」「この歯磨きを使うと歯が白くなって虫歯になりにくい」「この野菜はおいしい」「この商品は安い」などなど絶対的な自信を持って訴えることの出来るポイントがあれば,「よそのシャンプーを使うと羊水が臭くなる」「よその歯磨きを使うと癌になる」「よその野菜を食べるとアレルギーになる」なんてことは言わずに済むはずです。それなのに,どうして他者を貶める必要が出てきてしまうのか。それは言外に自分の製品が,消費者の支払うコストに対して分不相応であることを認めていることに繋がってはいないでしょうか。

まぁ,上記の判断基準は多分に私の偏見が混ざっているので,常に通用するとは限りません(^^;し,純粋に私の個人的な趣味・嗜好からの判断基準です。なので,みなさんがこの基準に従って行動したことで不利益を被ったとしても,とても補償できるようなものではありません。その点ご容赦くださいませ。

というわけで,相変わらず長い文章にお付き合い下さいましてありがとうございます。このところ,コメント欄での皆さんからの話題提供におんぶにだっこしている状況が続いておりますが,今後もそんな感じになるかと思います<ぉぃ ので,ご協力よろしく御願いいたします。

では,今日はこんなところで。

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 20:05:53 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。