■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
マクロビオティックについて
ちょっとまじめに考えてみました。もちろんきっかけはこちらのコメント

で,今のところの結論としては,当時の発想としてはかなり合理的な思想だったんじゃないか?とちょっと偉そうですが,今さらながらに見直してしまいました。

マクロビオティック的な食材に関しては,この辺を参考に勉強させていただきました。ざっと読んでみるとこのページは「一物全体」という思想にこだわりすぎているんじゃないかな?と思わされる部分(牛や豚を丸ごと食べるのは不可能だから,避けたい食材に該当するなど)があったりするのですが,白米ではなく玄米を食べる方が良いというのは,肉食が一般的ではなかった当時の食料事情を考えると不足しがちなビタミンB1の補給には効果的だったのだろうな,と想像できます。

ビタミンB1は,玄米では豊富に含まれているものの白米では失われてしまう栄養分の代表格です。戦前の軍隊で流行していた脚気が,玄米を食べさせることで患者を劇的に減らすことに成功したという逸話は非常に有名です。

玄米と白米の栄養分の比較は,こちらのページが非常に詳しいです。ただ,このページでは「玄米並のビタミンB1を補給するためには牛肉でも1.2kgが必要なので,他の食材で補填するのは不可能である」などという内容の記述がありますが,これは明らかに間違いです。なぜビタミンB1の含有量が少ないことが知られている(参考)牛肉と比較しているのか,その意図が理解しにくい(あるいはわかりやすい?)のですが,豚肉ならその1/10以下(一日に必要なビタミンB1は1.0 mg程度ですので,豚ひれ肉ならば100gちょっと)食べれば充分な量を確保できます。緑黄色野菜などと組み合わせるなどすれば,サプリなどに頼らなくても充分補填可能です。

しかし,十分な量の豚肉を摂取することが難しかった明治~戦中・終戦直後の時期を考えると,玄米は貴重なビタミンB摂取源として非常に有効だったと思います。またビタミンB1は水溶性のビタミンなので過剰量摂取しても問題ないですが,過剰分は体内で代謝され,速やかに尿として排出されてしまいますので,一定量を日常的に摂取することが必要です。そう言う意味でも,栄養学的な知識が乏しかったこの時代に主食からビタミンB1を摂取するやり方を提唱するというのは極めて理にかなっています。

同様に,ミネラルや食物繊維の補給源としての玄米や海藻類も重要なものだったと考えられます。この両者はこれらの成分を潤沢に含んでいる他,長期の保存・輸送に耐えた後でも成分の劣化がそれほど見られません。これは,新鮮な野菜や肉が手に入りにくかった時代には,非常に貴重な食材です。

また,もう一つ重要なファクターとして,これらの食材は当時の感覚から言ってもかなり軽んじられていたと言うこともあげられるでしょう。ともすれば「玄米より白米の方がうまいから健康にいい」と思われがちだった当時の状況を考えれば,栄養学的に優れたこれらの食材を大々的にアピールすることは,非常に重要な活動だったと思います。肉はもちろん,地域によっては新鮮な魚(塩漬けの魚を大量に摂取することには弊害がありますし)も手に入りにくかった時代に,豆を積極的に食べることでタンパク質を補うというのも非常に合理的です。

さらにどうしても「他所から取り寄せたもの」は高価になりがちなために珍重されやすいわけですが,当時の輸送能力や流通システムを考えれば,そんなものよりも地元で取れた新鮮なものの方が栄養価も高く健康にいい上に安く手に入るのは当然です。それを考えれば「身土不二」という考え方も合理的です。どうしても味覚的には劣る玄米の優位性を訴えるためにも「一物全体」という思想も必要だったのかもしれません。

ただ,輸送・保存方法が向上し,国内の隅々まで新鮮な食材を流通させることが可能になった現在において「身土不二」の思想がまだ必要なのかどうかということについては疑問があります。「一物全体」も野菜などは根まで食べることを推奨しているのに,玄米は「種」しか食べない時点で微妙な矛盾が生じているわけですから,それほど強くこだわる必要性は感じられません。

もちろん旬の食材が美味で栄養分も豊富であり,値段も安くてすばらしい食材であることに疑問は持ちません。高脂肪・高カロリーな食材に偏らず,常にバランスを心がけることが大切なのはもちろんです。大根の葉など,捨ててしまいがちな部分にも豊富な栄養が含まれていることも良くあります。

しかし,「過ぎたるは及ばざるがごとし」という様に,過度な節制は禁物です。それに全ての野菜の根や茎が有用とも限りません。場合によっては,ジャガイモの芽のように体に良くないものもあるわけです。

動物性タンパクや脂肪分の不足は,大人はともかく子供には決して良いことではありません。適量の牛肉から与えられる良質のタンパク質は,子供たちに(もちろん大人にも)強くたくましい体を与えてくれるでしょう。また,海外から輸入された色とりどりの果実たちは,日本産の果実よりもより多くのビタミンCをおいしく補給させてくれるかもしれません。また,世の中には「土壌の関係で日本産の野菜よりも外国産の野菜の方がミネラルが豊富に含まれている」と主張する方もいます。

そして一つ思い出して欲しいのは「無駄に思えるちょっとした贅沢」をすることで,人は精神的なゆとりを感じ,優しくなることができます。苦行の果てに悟りを開き,大きな広い心を獲得する方もいらっしゃいますが,我々凡人にはなかなか難しいものです。白砂糖の与えてくれる純粋な甘さは心に潤いをもたらし,脳に活力を(化学的にも精神的にも)与えてくれます。確かに黒糖や甜菜糖といった他のいろいろな種類の砂糖たちにもそれぞれ独特の風味があり,非常においしいです。でも,それが感じられるのは白砂糖を十分に堪能しきったから言えることではないでしょうか。贅沢にも白砂糖の甘さに飽きてしまったが故に,別の風味を珍重したくなるだけではないでしょうか。そうでなければ,なぜ人々は多大なる手間をかけて精製を繰り返し,白砂糖を手に入れようとしたのでしょう。そして,どうしてそのような手間をかけた高価な品が他の砂糖を席巻することが可能だったのでしょうか。それもこれも白砂糖が持つ純粋な甘さが人々に愛されたからに他なりません。

糖分は人間にとって,特に子供にとって必要な栄養分です。白砂糖が高価な当時を考えれば,「わざわざ白砂糖にする必要はない。(当時は)安価な黒糖や甜菜糖で十分だ。」というアピールはやはり有益なものであったでしょう。しかし,大量生産技術の確立という恩恵により白砂糖が最も安くなった現代においてもそれは必要でしょうか?黒糖などにはミネラルが多く含まれるという話もありますが,良質なミネラルを含む新鮮な野菜が簡単に手に入るようになった現代において,ミネラルを補給するために高価な砂糖をチョイス「しなければならない理由」は何でしょう。もちろんこれらをチョイスする理由はあります。ちょっとした心の贅沢のためです(^^) でも,摂取しなければ健康を維持できないわけではありません。手段はどうあれ,最終的な栄養バランスさえ取れていればいいはずなのですから。

ちなみに,時々残留農薬成分が玄米中に含まれる米ぬかの部分に蓄積しやすいという批判をする人もいますが,こちらは特に気にする必要はないでしょう。実際問題として,現在使われている農薬は非常に分解性が高いため,健康被害を与えるために必要な量どころか,規制基準を満たす程度の量(数十年間毎日食べ続けて初めて健康被害が現れる量の1/10~1/100以下)を残留させることすら非常に難しいです。

ということで,ちょっと横道にずれてしまいましたが,マクロビオティックが持つ思想の源流そのものは,貧しかった時代の日本において非常に有益で合理的な食生活をもたらす可能性を持ったすばらしいものであったと思います。

しかし,現在においてこの求道的な思想がいまだに必要かと言われると,疑問を持たざるを得ません。あまつさえ,「マクロビオティック的」であることを宣伝文句として高値をつけた食材を売る業者にいたっては以下略,と言ったところです。

と言いつつも,マクロビオティックや栄養学については素人同然の私ですので,いろいろと間違いや誤解などがたくさんあると思います。ということで,何かありましたらご指摘・ご意見いただけると助かります。よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑談 | 12:26:42 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad