■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
リスクを知ると言うこと
かずさんからいただいたコメントへのお返事です。重要な話なので,あえてエントリにしました。

> あと、ラウリル硫酸について気になるホームページを見つけました。
> 「医薬品情報21」というページの医薬品情報Q&A にラウリル硫酸の項がありました。

早速調べてみました。医薬品情報21の「ラウリル硫酸ナトリウムの性状」というページですね。

> 作者の方に悪意は無く、あくまでインターネット上の報告として記載したと思うのですが。まあ、いろんな人がいろんな目的で利用するかもって感じでした。

他のページもいろいろ拝見させていただきました。トップページにはすごい経歴が羅列していますね。私みたいなぺーぺーが文句を言ったらすごく怒られそうです。が,それでも,このように真剣に作られているページだからこそあえて苦言を言いたくなるほどの微妙な偏りがあるために,ちょっと危険なサイトに仕上がっているように感じました。

一番気になったのは,リスクに関する考え方ですね。たとえば,マコモについての記述(「マコモの薬効について」)では,世間で言われているような薬効について「マコモ耐熱菌については、未だ科学的に解明されていない」としつつも,「芽胞中に自身が生きるための栄養を蓄え、1000℃の高熱にも死なないマコモ耐熱菌は、三つの形に変化し、体内から代謝物質を排出するが、この代謝物質が人体に有効ではないかとされている。」と宣伝側の情報を垂れ流し,あまつさえ取扱業者の名前や連絡先まで載せるサービスぶりです。

それに対し,パラベンの項(「パラベン類の安全性」)では,パラベン類のMSDSを列挙し,これらについて行われた安全性実験の結果を事細かに専門用語を羅列して,非常に淡々と説明されています。随所で著者自身の言葉と思われるものが散見していたマコモの時とは対象的です。

しかし,そのあとの解説では俄然著者の主張が入ってきます。私から見れば,これらの結果は「これらのパラベン類には通常の使用方法の範疇内では害が出ないという結論の証拠」であるわけですから,当然このようなことが解説されるべきだと思う訳です。でも,残念ながらこのあとの部分でその様な解説は一切ありません。

逆に「化学的な物質の安全性の検討については、通常、動物実験によって行われるが、その結果が直ちにヒトに外挿できるわけではない。」「化学物質の安全性は、99.99%が安全であるとされても、残りの0.01%に過敏症等の発現する可能性は残されており、paraben類の安全性についても『ほぼ安全に使用できる範囲』と理解しておくことが必要である。」などと,一般消費者の方々の不安を煽るような内容の解説が付いています。確かにこの説明は一般論として正しいのですが,このパラベンの結果について適用できるかどうかなんてのは,それなりの情報と専門知識を持っている人にしか,普通はわからないわけです。確かに嘘は言ってません。嘘は言ってないんです。でも明らかにミスリーディングしやすい文章構成であり,あのようなすごい経歴の持ち主が書かれたとは思えない悪文です。

せめて一般の方に最もわかりにくいと思われる「イヌに2.0 mg/kgを静注した場合、脳には4種のエステルの未変化体、脾臓にはエチルとブチルエステルが検出された。」という記述に対する解説くらいしてあげるべきでしょう。

たとえば,2.0 mg/kgという濃度は静中=静脈に直接注射している時点で,製品中の使用濃度と直接比較できる量ではないこと。また,たとえ比較したとしても体重50kgの人を考えた場合,同じ量のパラベンを含む化粧水(パラベン含有率0.2%として)は単純計算で50 mL相当であること。さらに,静脈注射では全量が体内に吸収されるのに比べ,皮膚に塗った場合はもちろん経口摂取(口から飲む)した場合でも,体内への吸収率は非常に小さくなること。「検出された」という一文があるが,検出された量についての説明がないことから,きちんと量が量れるようなレベルではなく,ギリギリ検出できる程度のごく少ない量であったと推測できること。もちろん一般の方々に正確な情報を伝達し理解してもらおうと思えば,もっと細かい部分まで解説して然るべきです。

ついでに言うと,前述のラウリル硫酸ナトリウムに関する記述(ラウリル硫酸ナトリウムの性状」)でも,MSDSの羅列とインターネット上に流れている根拠もあやふやな情報を垂れ流しているだけで,一般の方の誤解や不安をぬぐい去ろうという意図は全く見えてきません。

正直このような書き方では,マコモをはじめとする「科学的な薬理作用もリスクも明らかになっていないような商品」については「販売側のセールストークを尊重」し,パラベンやラウリル硫酸ナトリウムのように「科学的な生理作用やリスクが明らかになっている一般的な商品」については「ハザードだけを強調している」ように見えてしまいます。そして,このような記述があまりにも散見されていると,「意図的にこのようなミスリーディングを導いているのでは?」と邪推してしまいたくなります。

このような邪推は「『医薬品情報21』は、薬の情報について総合的に検討し、薬の情報理解の一助として 利用して頂くために開設するものです。トップページ)」という非常にすばらしい理念の元に作られているサイトに対し非常に無礼ではあると思いますが,少なくとも今回紹介させていただいたページのような記述から,このようなすばらしい理念の達成が導かれるとは到底思えません。

下手をすると,ここに出されている情報を専門知識無しで斜め読みした時に得られるものは,「現代科学技術への不信感」と「様々な代替医療に関する『根拠のない』信頼」だけではないでしょうか。

先日ご紹介させていただいた目からウロコの化学物質30話 -安全?危険?リスクの真相から,第15話「ハザード(毒性)が明らかになった物質こそ使うべき!」に書かれていた,私がとても大切だと思った以下の部分を引用させていただきます。

まったくハザードがわからない物質をむやみに使用することと,ハザードがわかっている物質をそのハザードの程度に応じて使用することの,どちらがリスクを管理できるのか,ちょっと考えれば誰でもわかることである。(96ページ)」



正当なリスク管理を行ってより多くのベネフィットを得るためには,まず何よりもその対象が持つ正確なハザードとリスク,そして正確なベネフィットに対する知見が必要です。

リスクどころか,きちんとしたハザードすらわからず,あまつさえベネフィットの存在すらあやふやなものにあなたの健康をまかせても良いのですか?

ぜひ皆さんもよく考えていただきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 12:19:56 | Trackback(0) | Comments(0)
マクロビオティックについて
ちょっとまじめに考えてみました。もちろんきっかけはこちらのコメント

で,今のところの結論としては,当時の発想としてはかなり合理的な思想だったんじゃないか?とちょっと偉そうですが,今さらながらに見直してしまいました。

マクロビオティック的な食材に関しては,この辺を参考に勉強させていただきました。ざっと読んでみるとこのページは「一物全体」という思想にこだわりすぎているんじゃないかな?と思わされる部分(牛や豚を丸ごと食べるのは不可能だから,避けたい食材に該当するなど)があったりするのですが,白米ではなく玄米を食べる方が良いというのは,肉食が一般的ではなかった当時の食料事情を考えると不足しがちなビタミンB1の補給には効果的だったのだろうな,と想像できます。

ビタミンB1は,玄米では豊富に含まれているものの白米では失われてしまう栄養分の代表格です。戦前の軍隊で流行していた脚気が,玄米を食べさせることで患者を劇的に減らすことに成功したという逸話は非常に有名です。

玄米と白米の栄養分の比較は,こちらのページが非常に詳しいです。ただ,このページでは「玄米並のビタミンB1を補給するためには牛肉でも1.2kgが必要なので,他の食材で補填するのは不可能である」などという内容の記述がありますが,これは明らかに間違いです。なぜビタミンB1の含有量が少ないことが知られている(参考)牛肉と比較しているのか,その意図が理解しにくい(あるいはわかりやすい?)のですが,豚肉ならその1/10以下(一日に必要なビタミンB1は1.0 mg程度ですので,豚ひれ肉ならば100gちょっと)食べれば充分な量を確保できます。緑黄色野菜などと組み合わせるなどすれば,サプリなどに頼らなくても充分補填可能です。

しかし,十分な量の豚肉を摂取することが難しかった明治~戦中・終戦直後の時期を考えると,玄米は貴重なビタミンB摂取源として非常に有効だったと思います。またビタミンB1は水溶性のビタミンなので過剰量摂取しても問題ないですが,過剰分は体内で代謝され,速やかに尿として排出されてしまいますので,一定量を日常的に摂取することが必要です。そう言う意味でも,栄養学的な知識が乏しかったこの時代に主食からビタミンB1を摂取するやり方を提唱するというのは極めて理にかなっています。

同様に,ミネラルや食物繊維の補給源としての玄米や海藻類も重要なものだったと考えられます。この両者はこれらの成分を潤沢に含んでいる他,長期の保存・輸送に耐えた後でも成分の劣化がそれほど見られません。これは,新鮮な野菜や肉が手に入りにくかった時代には,非常に貴重な食材です。

また,もう一つ重要なファクターとして,これらの食材は当時の感覚から言ってもかなり軽んじられていたと言うこともあげられるでしょう。ともすれば「玄米より白米の方がうまいから健康にいい」と思われがちだった当時の状況を考えれば,栄養学的に優れたこれらの食材を大々的にアピールすることは,非常に重要な活動だったと思います。肉はもちろん,地域によっては新鮮な魚(塩漬けの魚を大量に摂取することには弊害がありますし)も手に入りにくかった時代に,豆を積極的に食べることでタンパク質を補うというのも非常に合理的です。

さらにどうしても「他所から取り寄せたもの」は高価になりがちなために珍重されやすいわけですが,当時の輸送能力や流通システムを考えれば,そんなものよりも地元で取れた新鮮なものの方が栄養価も高く健康にいい上に安く手に入るのは当然です。それを考えれば「身土不二」という考え方も合理的です。どうしても味覚的には劣る玄米の優位性を訴えるためにも「一物全体」という思想も必要だったのかもしれません。

ただ,輸送・保存方法が向上し,国内の隅々まで新鮮な食材を流通させることが可能になった現在において「身土不二」の思想がまだ必要なのかどうかということについては疑問があります。「一物全体」も野菜などは根まで食べることを推奨しているのに,玄米は「種」しか食べない時点で微妙な矛盾が生じているわけですから,それほど強くこだわる必要性は感じられません。

もちろん旬の食材が美味で栄養分も豊富であり,値段も安くてすばらしい食材であることに疑問は持ちません。高脂肪・高カロリーな食材に偏らず,常にバランスを心がけることが大切なのはもちろんです。大根の葉など,捨ててしまいがちな部分にも豊富な栄養が含まれていることも良くあります。

しかし,「過ぎたるは及ばざるがごとし」という様に,過度な節制は禁物です。それに全ての野菜の根や茎が有用とも限りません。場合によっては,ジャガイモの芽のように体に良くないものもあるわけです。

動物性タンパクや脂肪分の不足は,大人はともかく子供には決して良いことではありません。適量の牛肉から与えられる良質のタンパク質は,子供たちに(もちろん大人にも)強くたくましい体を与えてくれるでしょう。また,海外から輸入された色とりどりの果実たちは,日本産の果実よりもより多くのビタミンCをおいしく補給させてくれるかもしれません。また,世の中には「土壌の関係で日本産の野菜よりも外国産の野菜の方がミネラルが豊富に含まれている」と主張する方もいます。

そして一つ思い出して欲しいのは「無駄に思えるちょっとした贅沢」をすることで,人は精神的なゆとりを感じ,優しくなることができます。苦行の果てに悟りを開き,大きな広い心を獲得する方もいらっしゃいますが,我々凡人にはなかなか難しいものです。白砂糖の与えてくれる純粋な甘さは心に潤いをもたらし,脳に活力を(化学的にも精神的にも)与えてくれます。確かに黒糖や甜菜糖といった他のいろいろな種類の砂糖たちにもそれぞれ独特の風味があり,非常においしいです。でも,それが感じられるのは白砂糖を十分に堪能しきったから言えることではないでしょうか。贅沢にも白砂糖の甘さに飽きてしまったが故に,別の風味を珍重したくなるだけではないでしょうか。そうでなければ,なぜ人々は多大なる手間をかけて精製を繰り返し,白砂糖を手に入れようとしたのでしょう。そして,どうしてそのような手間をかけた高価な品が他の砂糖を席巻することが可能だったのでしょうか。それもこれも白砂糖が持つ純粋な甘さが人々に愛されたからに他なりません。

糖分は人間にとって,特に子供にとって必要な栄養分です。白砂糖が高価な当時を考えれば,「わざわざ白砂糖にする必要はない。(当時は)安価な黒糖や甜菜糖で十分だ。」というアピールはやはり有益なものであったでしょう。しかし,大量生産技術の確立という恩恵により白砂糖が最も安くなった現代においてもそれは必要でしょうか?黒糖などにはミネラルが多く含まれるという話もありますが,良質なミネラルを含む新鮮な野菜が簡単に手に入るようになった現代において,ミネラルを補給するために高価な砂糖をチョイス「しなければならない理由」は何でしょう。もちろんこれらをチョイスする理由はあります。ちょっとした心の贅沢のためです(^^) でも,摂取しなければ健康を維持できないわけではありません。手段はどうあれ,最終的な栄養バランスさえ取れていればいいはずなのですから。

ちなみに,時々残留農薬成分が玄米中に含まれる米ぬかの部分に蓄積しやすいという批判をする人もいますが,こちらは特に気にする必要はないでしょう。実際問題として,現在使われている農薬は非常に分解性が高いため,健康被害を与えるために必要な量どころか,規制基準を満たす程度の量(数十年間毎日食べ続けて初めて健康被害が現れる量の1/10~1/100以下)を残留させることすら非常に難しいです。

ということで,ちょっと横道にずれてしまいましたが,マクロビオティックが持つ思想の源流そのものは,貧しかった時代の日本において非常に有益で合理的な食生活をもたらす可能性を持ったすばらしいものであったと思います。

しかし,現在においてこの求道的な思想がいまだに必要かと言われると,疑問を持たざるを得ません。あまつさえ,「マクロビオティック的」であることを宣伝文句として高値をつけた食材を売る業者にいたっては以下略,と言ったところです。

と言いつつも,マクロビオティックや栄養学については素人同然の私ですので,いろいろと間違いや誤解などがたくさんあると思います。ということで,何かありましたらご指摘・ご意見いただけると助かります。よろしくお願いいたします。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑談 | 12:26:42 | Trackback(0) | Comments(8)
目からウロコの化学物質30話
さて,久々に本の紹介です。

目からウロコの化学物質30話  -安全?危険?リスクの真相目からウロコの化学物質30話 -安全?危険?リスクの真相
(2009/01/27)
坂口 正之

商品詳細を見る


化学物質に関して巷で言われている「リスク」と呼ばれるものの正体と広がっている誤解について,詳しく丁寧に解説してくれている本です。

正直「ずいぶん字が大きいな(^^;」という感想を持ってしまった訳なんですが,読みやすくわかりやすい文章で書かれているのがとても良い感じです。特に

「発ガン性」というキーワードに一喜一憂してしまっている方にはオススメの一冊


です。その様な自覚のある方にこそ,この本を読んで一旦心を落ち着かせ,冷静な判断をしていただきたいと思います。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

本紹介 | 16:49:35 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。