■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
プロピレングリコールはどのくらい怖いのか
ふたたびコメントをいただいたのですが,いろいろな誤解を元に不安に駆られていらっしゃるようなので,再度エントリとして説明させていただく事にします。コメントの通りに説明しようかとも思ったのですが,適当に話の順番を変えさせていただいております。ご了承下さい。

では、ラウリル硫酸ナトリウム・PG・エデト酸塩・水酸化ナトリウムなどが安全とおっしゃるんでしたら、『動物実験』はなぜ行い、なぜ動物が死ぬのでしょうか?


この点誤解している人が多いのですが,「危険だから動物実験をしている」のではありません。「どこまでなら安全なのかを知るため」の動物実験です。

この世の中に存在しているものには,すべからく「許容量」というものが存在します。日常的に摂取し,万が一摂取量が不足してしまえば生命活動を維持する事ができなくなるようなもの,つまり塩や水にも許容量が存在し,許容量以上を摂取すれば,最悪の場合は死に至ります。たとえ日常生活で普通の摂取量であれば問題ない場合でも,今現在の使用量が「上限ギリギリ」なのか,「まだ上限まで余裕があるのか」ということを知っておく事は大変重要です。そのため,たとえ日常的な使用量においては安全だとわかっているようなものでも,「何らかの悪影響が出るまで大量に摂取」させ,本当の安全の上限を知るために行われているのが,現状の動物実験なのです。

もちろん物理的に実験不可能な量(実験動物が食べきれないほどの量とか)まで達しても,何ら悪影響が見られない場合もあり,その様な時には「○○以下であれば」というような表記をする場合もありますが,動物実験による毒性試験というのはそう言うものです。「この商品は安全だから動物実験をしていません」などと謳っている会社も最近はちらほらあるようですが,その様な会社は安全までのマージンを調べるという大切な作業をサボっているだけで,とても誠意ある製品開発をしているとは思えません。思いこみと他社の実験結果以外の何を根拠に安全を担保しているのか,はっきり説明していただきたいものです。

ちなみに突然仲間入りした水酸化ナトリウムですが,この中で,これだけは正真正銘の劇薬で非常に危険な化合物です。取り扱いにはくれぐれもご注意下さい。

あと、ラウリル硫酸ナトリウムが発癌性物質です。


これまでにラウリル硫酸ナトリウムに発癌性があると認められた事はありません。もしその様な情報に関する一次情報をご存じの方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。

PGは、染色帯異常・脳、肝臓、心臓、腎臓の障害・赤血球の減少をもたらすもので、男性は主に肝臓や生殖器、女性は胸や子宮や卵巣と油分の多いところに溜まる成分です。


こちらがプロピレングリコール(PG)のMSDSです。

この中の「9.物理的及び化学的性質」という項に「オクタノール/水分配係数:log Pow = -0.92 ~ -1.32」という記述があります。これは,オクタノールと呼ばれる人間の油っぽい部分に近い成分と水の両方が存在する状態のところにプロピレングリコールを溶かし込み,良く振り混ぜて静置すると「オクタノール中には全体の1/10前後しか存在できない」という意味です。もちろんこれは密閉した容器中の話ですので,血液のような流れのある状態ですと,血管壁や他の油っぽい部分のそばを水を大量に含んだ血液などが洗い流している状態になりますので,随時90%前後のPGがそこから洗い流されている格好になります。ですので,PGの化学的性質を考えると,PGが人間の油分の多い部分に蓄積すると考える事は非常に困難です。

最近よく地球温暖化が原因で北極と南極の氷が溶けていると騒がれていますが、確かに温暖化の原因もあると思います。
PGは自動車のラジエーターが凍らない為に使われる不凍液ですから、北極・南極の氷を溶かす原因にも実はなっています。


失礼ながら不凍液の原理はご存じですか?こちらにPGを主成分とした不凍液の宣伝がありますが,PG以外のものも加えて性能を上げたはずの市販不凍液ですら,10%程度の混入では1~2度融点を下げるのが精一杯です。PGの雨が南極圏に降り注ぎ,北極海がPGの海になっているというのであれば別ですが,PGが北極・南極の氷に影響を与えるなどという想像はあまりにスケールが多すぎますね。まさしく,「杞憂」の語源となる逸話を思い起こさせるようなお話だと思います。

何に気付いていただきたいかと申しますと、PGは『人体だけではなく環境破壊も知らない間にしている』ということに一人でも多くの方に気付いていただきたいなぁという強い願いで書かせていただいてます。


というわけで,ご心配する事は無いかと思いますので,どうぞご安心ください。

残念ながら何年前のことかは忘れたのですが、過去にこんな事件が朝日新聞か毎日新聞のどちらかに取り上げられていました。
主婦が容器を捨てるためにグラスに残りの少量の洗剤を台所に置いてたところ、サラリーマンが酔った状態で帰宅し、謝って飲んで死亡した事件があります。


数十年前に起きていた農薬誤飲事故などならいざ知らず,現在流通している製品でこんな事故が起きたというのはにわかには信じがたい出来事です。ぜひ,一次情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら,お知らせ下さい。

そして、2000年に三宅島地震で島民が4年ぐらい離島した時、後でわかった事実ですが、昔、三宅島の周りの海は珊瑚が沢山あって有名だったのですが、地震が起きる前はほぼ絶滅状態でした。が、4年近く人間が生活雑排水を流さなかっただけで、珊瑚が復活しました。
環境破壊していたのは生活雑排水だったんではないのでしょうか?


調べてみましたが,火山噴火により相当なダメージを受けたものの,予想より速い速度で復活しているという話は見つけられたのですが,それ以前に絶滅の危機に瀕していたという情報は見つけられませんでした。こちらについてもどなたか一次情報をお持ちであればご提供いただければと思います。

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 11:16:52 | Trackback(0) | Comments(24)
ラウリル硫酸ナトリウムはドイツで使用禁止にされている?
というような情報をこばんさんという方からコメントでいただきましたので調べてみました。

素人が読んだらラウリル硫酸ナトリウム、プロピレングリコール、エデト酸塩などは安全と思うかもしれませんね。
残念な事ですが確かに日本では安全基準を満たしているので、問題無い成分として許可されていますが、環境に厳しいドイツでは、使用禁止成分とされています。


とりあえずGoogleで「ラウリル硫酸ナトリウム ドイツ 禁止」として検索してみましたところ,確かに同様の情報を書いているページが多数引っかかってきます。でも,少なくともプロピレングリコールはドイツでも禁止されていないと主張しているページもちらほら見られます。

ただ残念ながら,どのページも一次情報が全く示されていないので埒があきません。ということで,一次情報に近づけるようにがんばってみました。

まずヨーロッパにおける化学物質の管理といえば,最近話題のREACH(化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則)があります(概要(社)OECC:海外環境協力センター提供PDF)。ですが,こちらの肝となる高懸念物質(SVHC)のリストはまだ確定されたものではなく,現在議論が行われている最中です。というわけで,たぶんこの話とは直接関係ないでしょう。

次にドイツの状況を調べてみると,どうやらドイツでの化学物質関連を扱う法律としては「化学品禁止規則および危険物質規則」というものがあるようです。日本語訳も販売されているようですが,一般価格が一冊2万円ということでちょっと手を出しにくいです(^^;

で,この法律の名称はドイツ語だと「Chemikalienverbotsverordnung 略称:ChemVerbotsV」と言う事が何とかわかりました。この法律はEUにおける化学品関連の法規を国内法化する(要するに,今後はREACHコンパチになる)だけでなく,それよりもきびしいドイツ独自の規制を含むものらしいので,たぶんこれでしょう。

というわけで,これで検索してみると,どうやら一次情報に近そうなサイトにたどり着く事ができました。

ただ,当然のようにドイツ語なのでちょっと厳しいですが,がんばって読んでみると,どうやらこのAnhang(附則?)と言う部分に具体的な物質名などが上がっているようです。しかし,ここにはこばんさんがあげていた三種の化合物名は直接出てきておりませんでした。

おそらく該当するとすれば「ChemVerbotsV Abschnitt 20: Krebserzeugende, erbgutverändernde und fortpflanzungsgefährdende Stoff(発癌性,変異性,有害物質(?)」の項だと思われますが,ここにあげられている具体的な化合物リストの中にもこの三種は含まれていません。

仕方がないので,IARC(国際がん研究機関)の発癌性物質リストも調べてみましたが,やはり該当しておりません。

そこで,一度初心に戻って日本の化学安全情報をまとめている(社)日本化学物質安全・情報センター(JETOC)のホームページを辿ってみたところ,OECD:高生産量物質スクリーニング用データセットのための初期評価プロファイルと言うページを見つけ,やっと欧州ベースの該当三物質に関するデータを得る事ができました。

厳密に言うと,OECD(経済協力開発機構)は欧州だけの団体というわけではありませんが,ヨーロッパが主体となっている団体であることは間違いないので,この辺で勘弁してください。それぞれのデータはPDFで提供されているのですが,一部を抜粋して紹介します。

プロピレングリコール(CAS: 57-55-6)
プロピレングリコール(PG)は急性毒性を持たない。経口LD50の最低値は5種類の生物で18~23.9g/kgであり、皮膚LD50は20.8g/kgと報告されている。PGは皮膚に対して基本的に刺激性を持たず、眼に対しては軽度の刺激性を持つ。多くの研究がPGは皮膚感作物質でないことを裏付けている。(中略)
1組のin vivo試験(小核、優性致死、染色体異常)とin vitro試験(細菌、哺乳動物細胞、培養)により明らかにされたところによれば、PGは遺伝子毒性物質ではなかった。PGをラットの飼料に添加して投与したとき(2.5g/kg体重/日で2年間)、または雌ラット(100%PG;総投与量は報告されていない;14ヶ月)またはマウス(マウスへの用量は約2g/kg体重/週と推定された;生涯)の皮膚に塗布したとき、検査したすべての組織で腫瘍の増加は認められなかった。これらのデータはPGに発がん性が無いことを裏付ける。 (後略)

ということで,プロピレングリコールに毒性があるという指摘は全くありません。

次はEDTAです。

エデト酸(EDTA) (CAS: 60-00-4)
EDTAは強力なキレート剤であり,その毒性学的プロファイルは主にこの特性に基づいている。腸からの吸収は少なく(5%)、主に錯体の性質に依存している。皮膚吸収は非常に少ない(0.001%)。(中略)
EDTAの生理学的活性は金属代謝の障害による。亜鉛やマグネシウムのような二価の金属イオンが生体から排出される。
動物データから,急性経口毒性は低いことが示される急性皮膚毒性に関するデータは入手できなかった。急性吸入毒性に関するデータをリスク特徴解析に使用するには適切ではない。皮膚刺激は弱いが、眼に対する刺激作用が見られた。(中略)
EDTAの発がん性については懸念が無い。(中略)EDTAとそのナトリウム塩の遺伝毒性の結果は矛盾しており,したがって遺伝毒性を確実に評価することができない。(中略)
欧州連合ではH4EDTA当量にして53,900トン/年のEDTAが製造されている。

ということで,EDTAについては,OECDは今後「Ca-EDTAの魚類による長期試験」とヒトの健康に関するリスクアセスメントを実施するために「Magnusson Kligmanテスト」や 「in vivo小核試験」などをすることを勧告していますが,とりあえず発癌性については否定されているようですし,欧州でも大量に生産されている化学物質のようです。また,ESIS(European chemical Substances Indormation System)から検索できるリスクアセスメントの報告書では,ドイツの研究機関がリスク上問題がないという報告を出しているようです。

最後にラウリル硫酸ナトリウムです。

ラウリル硫酸ナトリウム(=ドデシル硫酸ナトリウム,SDS)(CAS: 151-21-3)
SIDSに報告された影響およびばく露データの初期評価に基づくと,本物質のヒトと環境に対するリスクの可能性は低いと考えることができる。
SDSの生産量はドイツで約10,000トン/年であるSDSは洗剤,分散剤,化粧品,洗面用化粧品に界面活性剤として使用される。SDSは「容易に生分解される」,「生物蓄積が少ない」と分類される。(後略)

え~と,ドイツで大量に生産されて使用されているみたいなんですが(^^;;;;;;;;

ということで,結構がんばってみたんですが,私にはこの三種類の化合物がドイツで禁止されているという事実,およびその根拠となる法令などを見つける事ができませんでした。

というわけで,どこかにドイツで禁止されているという話の根拠になるような一次情報をご存じの方がいらっしゃいましたら,御連絡いただければと思います。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 12:12:54 | Trackback(0) | Comments(4)
10代への投与解禁へ

厚労省、タミフル「異常行動因果関係なし」 10代投与検討へ(日経ネット)
インフルエンザ治療薬タミフルの服用が異常行動を引き起こすとされた問題で、厚生労働省研究班(広田良夫・大阪市大教授ら)は10日、「服用と異常行動の間に関連性は認められなかった」とする疫学調査の結果をまとめた。
(中略)
因果関係が否定されたことを受け、同審議会は10代患者へのタミフル投与を解禁する方向で検討するとみられる。(後略)


非常に妥当な判断がされたんじゃないかな?と思っています。でも,きっとこれは「政府と製薬会社の陰謀だ!」と騒ぐ人多数なんでしょうね。困ったものです。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 14:11:21 | Trackback(0) | Comments(0)
便利さの種類
前のエントリを書いていて思ったことをいくつか。

ああいう内容ばかり書いているといつも誤解されるのですが,私自身は原子力関連事業について反対の立場を取っております。

私がああいう文章を書いて現状の反対運動を批判するかたちにばかりなっているのは,嘘や誇張による風評被害や間違ったイメージ,誤解などを増大させる事で原子力関連事業に異を唱えるスタイルが,どうしても納得できないからです。

最初に述べたとおり,私は極めて甚大なハザードが発生する可能性を持つ原子力関連事業をこれ以上拡大する事には反対です。また,現状行われている原子力関連事業についても,速やかに縮小させる方向で議論を進めるべきだと考えています。

しかし,そう考える最大の理由は(ゼロリスクは論外なので除くとしても)現状求められ達成されているレベルのリスクに不満があるとかではなく,そのリスクを達成するために必要なコストがあまりに膨大すぎるからです。

確かに,万が一の場合のハザードがあまりに巨大すぎることは理由の一つかもしれません。しかし,現在は甚大な労力と費用を注ぎ込む事により,極めて低いレベルにリスクは抑えられています。この事は事実として認めるべきです。同時に,そのような多大なコストをかけることによって,現代の社会に多大なベネフィットを提供し続けている関係各位に対する賞賛は惜しみなく贈られるべきだと思います。

それでも,あまりに巨大すぎるハザードの存在が与える心理的な圧迫感というのは,なかなか無視できるものではありませんし,現在のレベルにリスクを抑えるために必要なコストは,やはり巨大すぎます。我々が何かの問題にかけられるコストは有限なのですから,原子力関連事業にばかり注ぎ込むわけにはいきません。となれば,やはり関連事業を縮小し,コストを別分野に振り分けられるような体制構築を目指すのが上策ではないかと思います。

かと言って,現在我々が享受している生活レベルや人口は,この地球上に存在するエネルギーを電気という非常に効率のいい形に変換し,さらにそれをできるだけ効率よく利用する事で得られているものです。

代替エネルギーの開発が不十分な状況で,カーボンフリー(とされている)バイオマスに頼ったり,自給自足の生活なんて言うものを全ての人たちが求めようとしたら,日本という狭い国土が支えきれる人口は,江戸時代以前のレベル(参考資料)まで減らさざるを得なくなるでしょう。もちろん,生活レベルも江戸時代レベルまで下げて,です。万が一産業革命以後のレベルなんて求めようものなら(求められるわけはありませんが)もっと少ない人数しか養えません。

「便利さ」というものを非常に悪いものとして捉えがちな人たちがいます。しかし,便利さには「無駄な便利さ」と「効率の良い便利さ」の二種類があることを理解し,その二つは明確に分けて考える必要があると思います。

たとえば,自給自足生活ではなく,職業を細分化し専門化することで生産性を向上させた事は「効率の良い便利さ」でしょう。また,物々交換ではなく貨幣を仲介させた物品流通のシステムも「効率の良い便利さ」の一つでしょうし,延々と繰り返される単純作業から解放され,より安全な形で複雑な作業に対応するための余力が人間社会に与えられたのも「効率の良い便利さ」があったからこそだと思います。

現に,貨幣経済の確立や産業革命などのステップを踏む事により,世界の人口はどんどん増加しています。過去から現在に至るまでの方向性が,ヒトとしての生命活動に対して負の効果を与えるしかないのであれば,世界の人口がこれほど増える事などあり得なかったでしょう。

自給自足で全てが成立し,いくらでも養う事が可能だというのであれば,産業革命とは無縁な南の孤島からでた部族が,産業革命とは無縁にもっと大きな勢力を確立していてもいいはずです。でも,そんな事はないですよね。一部の人たちが願う,自給自足で自然と融和した「だけ」の生活で養える人間の数は,非常に少ないのです。実際のところ,環境から与えられるエネルギーの消費率だけ考えれば,そのような生活はエネルギー効率の悪い=大きなエネルギーを浪費する贅沢な生活なのです。

現状(もしくはそれ以前)の技術で,化石燃料無しにここまで増えた人間をまかなうための魚が捕れますか?農作物を育てる事が出来ますか?家畜を育てるには,余裕ある農作物の生産が必須なのを理解していますか?収穫した魚介類や農作物を,求めている全国津々浦々の人たちのところに届けられますか?電力無しに,新鮮さを保った状態=安全な食品を提供する事が出来ますか?高度な技術を使って作られた医療機器や医薬品無しで,健康な生活が維持できますか?様々な機器を利用した効率化を捨てて,家内制手工業によって日本中の人に工業品を提供する事が出来ますか?また,そのような工業品だけで暮らしていけますか?そんなの無理な話ですよね。

極めて究極的な話をすれば,現在の地球環境をなるべく維持するには,地球上の人口を産業革命以前のレベルまで削減して1人あたりが使えるエネルギーを増やすか,先進国の持つ高効率な技術を総動員して,いわゆる開発途上国の開発は完全に先進国主導で行い,非効率な生産体系を消滅させるか,いずれかの方向に向かうしかないのではないか,とさえ思います。

しかし,そんなハードランディングな解決策に現実味などあるわけがありません。状況の許す限りソフトな着陸を行うにはどうすればよいのか。その点を最優先にして考えていく必要があると思います。

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

雑談 | 15:10:47 | Trackback(0) | Comments(0)
放射線についてのまとめ その2
最近,mixiでこのブログを紹介してくださった方がいるおかげで,六ヶ所関連の話で来てくださる方が増えているようです。

以前放射線についてのまとめということで,エントリをあげていたのですが,その後も低線量放射線の話などを書いていますので,追加でまとめておきます。


  1. どのくらいまで流せるのか:「再処理工場は人体に影響を与えない程度の放射性物質を、どれくらい海へ流すことができるのですか?」という質問への回答
  2. コメントへのお返事:放射線関連へのエントリにいただいた質問への回答です。この辺の質問はFAQにまとめたいくらいよく見ますね(^^;
  3. 低線量放射線によるリスクについて:「LNT(しきい値無し直線)仮説」と「放射線ホルミシス仮説」という対極にある二つの仮説について解説させていただきました。

    このブログが紹介されたトピックで議論されている問題のうちのいくつかは,ここですでに扱っているものもいくつかありますので,こちらもご参照いただければと思います。

  4. 放射線についてのまとめ



ご参考になれば幸いです。




テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 14:10:03 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad