■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「植物性合成界面活性剤」とは

またご質問をいただきました。



最近 エコ雑誌などで見かける「エコベール」という洗剤ですが「主成分をはじめ補助剤、香料までもが植物とミネラルだけでできている」というふれこみで雑誌の[素材:成分原料]というところには「ヤシ油、パーム種子油、サトウキビ、牛乳、キンセンカ、カモミール、レモン、かんきつ類、海水」と書いてありました。 「ラウリル硫酸ナトリウムが危険!」という情報を聞きかじったばかりの私はおーこれだ!と思って早速 雑誌の通販で申し込んでしまったのです。 そうしたら 今日立ち寄ったクリーニング店のパンフレットにエコベールが載っていて成分の欄に思いっきり「ラウリル硫酸ナトリウム」と書いてあったのを見て びっくり!!!です。 植物性合成界面活性剤とも書いてありました。 もうなにがなんだか 化学にさっぱりの私には何も分かりません。 どうか助けてくださいませ。



私不勉強でエコベールという製品を知りませんでした。なので,早速調べてみたところ,製品そのもののホームページからは詳しい成分表を見つけることができなかったのですが,「ラウリル硫酸ナトリウム エコベール」で検索して出てきたこちらのブログを拝見すると,確かにラウリル硫酸ナトリウムが成分中に含まれている製品があるようです。


これはどういうことかちょっと解説します。基本的に洗剤の原料となっている界面活性剤というものは油によく似た構造を持つ疎水性部分と,水によく溶ける構造を持った親水性部分を併せ持った構造を持っています。これは,いわゆる合成洗剤も石鹸も全く一緒です。


その中でも,枝分かれがしていない(直鎖)構造の炭素鎖を疎水基に持ち,カルボン酸を親水基として持つ高級脂肪酸とナトリウムやカリウムが結びついた「高級脂肪酸塩」と呼ばれる界面活性剤を特別に「石鹸」と呼び,その他の疎水基や親水基からなる界面活性剤と区別して呼んでいるという理解で間違っていないと思います。


石鹸は動物性の油脂を水酸化ナトリウムなどと反応させることにより容易に作り出すことができるため,かなり昔から使われてきたものです。そういう歴史的な事情により,他の界面活性剤と区別されています。これに対し,いわゆる「合成界面活性剤」と呼ばれるものは,疎水基や親水基に工夫を加え,硬水では使えないなどの石鹸の持つ欠点を克服することで,高い洗浄力や様々な機能を持たせていることを特徴としています。


合成界面活性剤の多くは安価な石油を原料として合成されていますが,今回話題になっている「植物性合成界面活性剤」と呼ばれるものは,その原料にパーム油などの植物から取れる油脂を用いているところに特徴があります。しかし,結局のところ原料が違うだけで合成の結果得られる洗浄成分が全く同じラウリル硫酸ナトリウムであるとすれば,


原料が石油由来でも植物由来でもラウリル硫酸ナトリウムの性質は全く同じ


ものです。


こんなことをいちいち書かれなくてもわかっているという方も多いかとは思いますが,もし石油由来のラウリル硫酸ナトリウムが経皮毒だとすれば,植物油脂由来のラウリル硫酸ナトリウムも経皮毒です。同様に,もし植物油脂由来のラウリル硫酸ナトリウムの生分解性が100%であれば,石油由来のラウリル硫酸ナトリウムの生分解性も100%です


化学物質の性質は,その化学物質そのものが持つ固有の性質であり,何を原料に合成されたかなどという氏素性には全く関係ありません。どうもこの辺に異論のある方が世の中多いみたいなんですが,これは厳然たる事実であり,厳密な物理法則に支配された世界での出来事です。なので,個人の感情や思想が入り込む余地は全くありません。


このような事情から,エコベールのような植物性合成界面活性剤を批判するサイトも存在します。このページの主張する石鹸の持つ優位性や合成界面活性剤の毒性などの部分にはいささか疑問の余地が残るのですが,植物性合成界面活性剤も有効成分が同じなのであれば,石油由来の合成界面活性剤と本質的には同一である,と言う見解には同意いたします。


もちろん,天然に存在する油脂が原料となっていると言うことで,たとえば二本鎖アルキル基のような生分解性の低い構造の界面活性剤は含まれていないとは思います。なので,一番のうたい文句となっている生分解性の高さについては正しいと思います(もちろん生分解性の高さ=環境負荷の低さ かどうかについては,議論の分かれるところではあります)ので,その辺りを気にして購入される分には良いのではないかと思います。また,ビルダーと呼ばれる洗浄助剤の成分についても同様に生分解性の高い成分のみを選んで使っている可能性も高そうです。しかし,今回のように「ラウリル硫酸ナトリウムを避けたい」という目的には,あまりあわない可能性が高いです。


以上のようなもので説明になりましたでしょうか?


というわけで,引き続きご質問などあればお待ちしております。



スポンサーサイト

テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

気になる化学リスク | 15:58:11 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。