■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コメントへのお返事

いくつかのエントリについてご質問をいただいたので,まとめてお答えします。まずは,このエントリ誤解なのか,ミスリードなのか その2 ~農作物中の放射性物質について)にいただいたコメントから。



安全派の主張はいつも政府の基準を持ち出すけど、そもそもその政府の基準自体が十分信頼に値するかという問題がありますよ。 



わりとこうおっしゃる方々が多いのですが,信頼に値しないという根拠は何なのでしょうか?まさか「政府が決めているから」と言うことではないと思いますが,おそらく



放射能には閾値はなく、浴びる量が少し増えればそれだけ危険が増すという話を聞きました。



という話から,「ちょっとの量の放射線でも危険である」という認識に一足飛びに行かれてしまったのではないかと類推しています。


確かに低線量放射線の人体に対する影響というのは十分に研究が進んでいない分野ではありますが,なぜ研究が進んでいないかというと,低線量放射線の影響だけを抜き出すのが極めて難しいという一点に収束していくのではないかと考えています。低線量放射線が影響すると言われている癌や白血病などには,原子力関連施設から排出される放射性物質の影響よりもさらに大きな影響を持つ様々な要因が世の中にあふれています。その中の一つは,もちろん自然放射線の影響です。


今までのエントリでも散々書いてきたとおり,我々はすでにある一定以上の放射線に被曝しつづけています。日本では,年間約1mSv,世界平均だと約2,4mSvほど自然放射線による被曝をしています。また,世界には年間10mSvの被曝をしている地域もありますが,疫学的に有意差のある健康被害が出ていると言う報告はありません。おまけに,現代日本における医療行為による被曝線量は1mSvを軽く超えています(CTスキャンを一回やったら7mSv程度被曝します)し,年間の平均変動幅も±0.35mSv程度あるわけです。


おそらく一番誤解されている原因がここなのかもしれませんが,一般人に対する線量限度1mSvという値は何の根拠も無しに設定されたのではなく,放射線防護の国際的基準を勧告することを目的として設立された国際委員会(非政府機関)であるICRP(国際放射線防護委員会)が,「自然放射線からの実効線量は非常に変動しやすいラドンによる被ばくを除き約1 mSv/年であり,海抜の高い場所や一部の地域では少なくともこの2倍であるということなどを考慮して1年間の実効線量限度を1 mSvと勧告している」という事実を元にして設定している値です。


決して「ここまでなら浴びても大丈夫」という話を元にして設定されている値ではありません。そのようにして決定されているのは,放射線技術者に対する線量限度(5年間で100mSv)の方だと考えていただいてかまわないと思います。


これ以外にも,タバコやPAH,一部の農薬などの発ガン性を疑われている物質の影響など様々な要因があります。実験室レベルのマウスであれば,それらの要因を意図的にある程度シャットアウトして実験を行うことができますが,実際に生活している我々人間でそのようなことをするのは不可能です。


もし,これらの値を明確に否定する根拠,他の様々な要因を除いても,明確に何らかのリスクが日常生活において発生していると言えるようなものがあるというのであれば,どうやってそれを証明したのか非常に興味があります。ぜひその方法を教えていただきたいと思います。



チェルノブイリ事故の際にも事故の影響で日本人が3人余計に癌で死亡するという統計的予測がありました。 つまり微量だからといって無害とは限りません。もっともこれはほかの物質による大気汚染にも言えることかもしれませんが。 また、ヨーロッパでは現に原子力関係施設の近辺や海流の下流で統計的に有意に癌が増えているという調査結果があります。 安全説を主張されるなら、以上2点についても解説してほしいですね。



この部分については,その統計はどういう条件の予測だったのでしょうか?3人余計に死亡するというのは事故後何年間分の死亡者数ですか?ちなみに他の要因に基づく発ガンリスクの数値はご存じですか?などといろいろ質問したいことが多いです。


ちなみに,様々な死亡要因についてそのリスクを計算された結果がこちら市民のための環境学ガイド)にあります。リスクに関する解説もありますので,ぜひ参考にしていただきたいと思います。


なお,大変申し訳ありませんが,ヨーロッパの状況についてはどの程度の放射性物質が環境中に放出され,その結果どのような統計が得られたのかという情報無しに判断することはできませんので,コメントすることができません。ですので,その統計資料の基になった論文なんかを教えていただけるとありがたいです。


しかし,少なくとも六ヶ所の再処理工場はヨーロッパにおける稼働実績の反省を元に様々な設計や,環境影響に対する試算が行われているのも事実です。過去にセラフィールドなどがどのくらいのレベルのどういう種類の放射能を垂れ流してきたのか。それにくらべて,六ヶ所の基準はどうなっているのか。という辺りを調べられると,面白いかと思います。


次はこちらのエントリ「食べたら死ぬ」ほどの放射能とはどのくらいなのか)にいただいたコメントです。



一般人の年間線量限度 これって外部から被爆する場合では?汚染食品を摂取して内部から被爆が続けばより危険だと思いますが。 チェルノブイリなどで汚染された食品による健康被害が出ていると報道されていますが、あれは嘘なのですか?



いいえ,年間線量限度は外部被曝と内部被曝の和として設定されています(参考)。そして,私が行った計算のほとんどは内部被曝をしたと考えて実行線量を計算しています。ただし,私が行った計算の場合「意図的に半減期を無視」して手抜きの計算をしていますので,実際にはもう少しだけ小さな値になります


もちろん長期的な影響を考えた場合には内部被曝による被害の方が深刻です。チェルノブイリでも,放射能を帯びてしまった食品による被害は深刻な影響を与えました。だから,あえてより実行線量が大きいと考えられる内部被曝の影響のみを考慮して計算しています。その他のパラメータに関しても,できる限り大きな値になるように変更して計算しています。しかし,それでも通常稼働をしている限りにおいては,この程度の値にしかならないのです。


次はこちらのエントリ誤解なのかミスリードなのか その3~セラフィールドの反省は生かされているのか)へのコメント。



数十分の1に減ってもそれが安全を意味するとは限りません。 閾値がないという性質を考えれば、癌や白血病が多少は増える可能性が否定できないと思います。 内部被爆の危険性を考えると、安易に安全と判断するのは危険ではないでしょうか。



これに関しては前述したとおりです。確かに完全なゼロリスクを達成することは不可能かもしれませんが,他のリスク要因と比較して十分に小さなリスクであれば,リスクマネジメント的にはそれ以上のリスク軽減への努力は徒労に終わる部分が大きくなっていきます。


国や原燃の研究者や技術者の人たちが必死の努力を重ねて原発や再処理工場から排出される放射線を限りなくゼロに近づけても,飛行機で海外に一回旅行してしまえばそこにかけた何百億,何千億というコストは水の泡です。


海外に行かなくても,隣のおじさんが吸ったタバコの副流煙を吸ってしまったら,体調不良を感じてCTスキャンによる検査を受けたら,定期健康診断でレントゲン検査を受けたら,ラドン温泉にのんびり入ってきたら,もうそれだけで何の意味もなくなってしまうわけです。


しかし,CTスキャンによる検査は他の様々な病気の要因や軽微な兆候を探し出し,我々の健康に対するリスクを軽減してくれます。レントゲン検査も同様です。海外への飛行機への移動も様々なベネフィットを提供してくれます。我々日本人にとって,温泉浴によるストレス軽減効果は非常に魅力的でしょう。喫煙者の方にとっては,タバコも同様の効果をもたらしてくれるのかもしれません(が,個人的にはタバコに関しては得られるベネフィットに対するリスクは大きすぎると思っています。)。


同様に現在の状況では,原子力発電所から得られる大量のエネルギーは,我々の健康や快適な生活に対して大きなベネフィットを与えてくれています。柏崎原発を失った東電が,17年ぶりに送電規制を行わざるを得なかったというのは,記憶に新しいところです。


我々が真に恐れ,避けなくてはならないのは原子力施設の「大規模な事故」によるハザードです。我々が持っている非常に少ないリソースは,この「極めて甚大な規模を持つハザード」を防止することと,このようなハザードを持たずに同様のベネフィットをもたらしてくれる新技術の開発に振り分けられるべきであって,流言飛語のたぐいを解消するために割かれるコストは無駄以外の何者でもないというのが,私の主張です。


日本の技術者たちのたゆまぬ努力と誠実さにより,柏崎原発は想定の二倍以上という大きな地震災害を耐え抜きました。その頑健さはIAEAの専門家たちを持ってしても「予想の範囲外」と言わしめるほど,その影響を軽微な被害で抑えることに成功しました。これは素直に賞賛されるべきことだと思います。


しかし,IAEAによる視察が入ることが決まった時の大騒ぎに比べて,彼らが「現時点での問題はなし。」とコメントした部分はほとんど注目されず,「将来的にも安全かどうかはわからないから引き続き細かく検査をするように」というコメント部分だけが強調されて報道されていたように感じたのは気のせいでしょうか?同じ技術系の人間として,「より高い安全レベルを求めて検査や監視を続けるのは当然のことであり,ことさら強調すべきことではない」という思いがあるだけに,非常に複雑です。


話が完全にそれました。


私が伝えたいことは,




  1. 現時点で健康被害が発生するような汚染の事実はない



  2. 現時点で通常稼働時の安全性を否定する明確な根拠はない



という二点です。もちろん現在安全だからと言って,未来永劫安全であるという根拠は何もありません。ですが,何度も繰り返し言いますが


現在の安全と未来への不安は別の次元で議論すべきもの


です。


未来の安全に不安を持っている方でも,現在の安全に安心感を持つことはできると思うのですが,頑なにそれを拒否したがる人が多いのはどうしてなのでしょうか?非常に疑問でなりません。



スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 17:31:34 | Trackback(1) | Comments(5)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。