■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
どのくらいまで流せるのか

コメントをいただいたので返事を書いていたら,いつものように長くなったのでエントリに昇格(ぉ



Q. ところで、大量の海水で薄まることを前提とすれば、再処理工場は、人体に影響を与えない程度の放射性物質を、どれくらいの量を海へ流すことができるのですか?



現在の法律(http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k20001023001/k20001023001.html)に従うと,放出できるヨウ素129の濃度はヨウ化メチル以外の形では9E-03Bq/cm3と言うことになっています。こちら(http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/tritium_jul-aug.htm)のページのデータによると,現在は6.9E-04Bq/cm3程度の濃度で放出されているようなので,法律に準拠することを考えると,許容幅はあと10倍程度しかありません。


しかし,ご質問の「人体への影響」ということになると,今回計算した元の「年間許容量」自体が「この程度までなら大丈夫」という値ですので,もっと高い濃度(1000万倍以上)でも明確な健康被害は現れない可能性が高いです。


急性放射線障害を考えますと,Svオーダーの放射線を浴びなければ起こりませんので,先日の計算結果からすると最大限高い条件で予想したヨウ素129濃度が7.7E-10 mSv/cm3ですから,10の9乗倍,つまり10億倍以上の濃度のヨウ素129溶液を1リットル摂取する必要があることになります。


ただ,慢性放射性障害という話になりますと,またちょっと話は違ってきます。海水から直接得られる影響と言うことだけ考えれば,確かに「130万倍」という数字になりますが,よりクリティカルに考えれば,やはり生体濃縮を考慮に入れる必要があるでしょう。


こちらのページによりますと,日本一昆布を消費する富山県で年間1kg,全国平均で年間500g程度消費するようです。ということで,やはり前に計算した結果と全国平均の値を参考にし,年間の許容線量1 mSvと比較すると,



7 μBq/cm3 x 1000 cm3 x 12000 x 0.5 kg = 42 Bq
42 Bq x 1.1E-04 Bq/mSv = 0.00462 mSv
1 mSv / 0.00462 mSv = 216.5 倍



までが許容できる範囲内ということになります。


ただ,元の計算結果が原燃が採用している濃縮係数を6倍して用いた値です。なので,原燃の濃縮倍率を採用するとこの6倍となり約1,300倍までが許容範囲内と言うことになります。


ただ,この慢性放射性障害に対する許容量という部分については,専門家の間でも激しく議論の分かれる部分でもあります。そして,こういう「低線量放射線に対する健康影響」という問題をどう考えるかが,原子力関連施設を巡る論争の中で一番大きな問題になっているように思われます。


ということで,次回はこの辺の話をしてみたいと思います。


って,農薬や化学肥料の是非とかについての話をしてみようかとも思っていたんですが,結局放射線の話に戻っちゃいましたね(^^; 検索キーワードでは「ラウリル硫酸ナトリウム」が一番人気だったりしますので,その辺についてももう少し踏み込んで話をしてみようかとも思っていたりしたんですが,とりあえずもう少しおつきあいください。



スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 18:00:09 | Trackback(0) | Comments(12)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。