■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
誤解なのか,ミスリードなのか~大気中に排出される放射性物質について

今朝の朝刊各紙に掲載されていた週刊現代の広告を見て目眩を起こしました。いったい,彼らはどこのどういうデータを使って柏崎近辺で捕られた魚介類が危険だと判断したというのでしょうか。このブログをお読みいただけた方々であれば,すでにご理解いただけていると思いますが,あのような根拠のない風評をまき散らすだけの報道は,原子力発電の今後を真摯に語ろうとする側からも百害あって一利なしです。断じて許してはならないと思います。


さて,今回のは,前回のものや週刊現代のように明らかにデマを流しているわけではないです。しかし,間違った印象を持ちやすい文章という意味では非常に注意が必要です。とはいえ,この文章が単なる誤解や無理解の結果ならあれ何ですが,読み手側のミスリードを誘発しようとしているのであればかなり悪質です。


ミスリード?その1:大気中には希ガス放射能のクリプトン85が放出され、その年間放出量は、スリーマイル島原発事故時に放出された全希ガス放射能量の3.6倍になります。(引用元


スリーマイル島で起きた原子力発電所でのメルトダウン(炉心融解)事故は,世界中で話題になり興味のある方は名前くらい知っているでしょうし,中にはチェルノブイリ並みの大事故であったと記憶している方もいるかもしれません。


でも,よく考えてみるとその被害規模について意外とよく知らない人が多いんじゃないですか?


きっとこれを聞いて意外に思う方は多いと思いますが,実は


スリーマイル島の事故では,放射性物質はそれほど外部に漏れていない


んです。(参考:Wikipediaスリーマイル型気体放出事故(文科省原子力安全課))


この事故で一番問題になった炉心融解,いわゆるメルトダウンにより発生した大量の放射性物質は,確かに今現在も原子炉の隔壁内部に残っております。しかし,これらは外部に漏洩してはいませんし,半径50マイル(80km)の住民の平均被ばく線量は0.01mSv(最大でも1mSv)程度で,チェルノブイリとは異なり健康上問題となるような量ではなかったのです。


また,それ以前の問題として


希ガスの放射性同位体による健康被害はほとんどあり得ない


という事実があります。現実にスリーマイル島の事故においても,発電所の補修作業員や近隣住民などにおきた軽微な被曝の原因となった核種は131ヨウ素や60コバルトであり,気体として放出された希ガスではありませんでした。


これは,希ガス自身が持つ「他の物質との反応性が著しく低い」という特徴と,元々それほど強い放射線を発生しない核種であるということが原因です。他の物質との反応性が著しく低いと言うことは,高校の化学などでも希ガス類の特徴として一番強調されている部分ですので,ご存じの方も多いかもしれないですが,この特徴があるため人体や他の生物の中に入ったとしても,何かと反応して蓄積されるようなことなく,速やかに体外に排出されてしまいます。


さらに,六ヶ所の再処理工場から排出される85クリプトンが放出するγ線は特に弱いものなので,Bqとして表現される放射能としては非常に大きな値を示していますが,人体に与える影響はほとんど無視してかまわないレベルでしかありません。


この文章は,イメージ的には非常に深刻な事故として記憶されているスリーマイル島の事故を利用して,六ヶ所再処理工場から気体としてとんでもないものが排出されているような誤解を招きやすいものであり,「悪文」と評価して差し支えないものであると断じてもかまわないと思っています。


しかし,この文章で一番最悪なのは,本来この文章で問題にされている85クリプトンとは全く関係のない農作物中の放射能の話へそのまま続けていることです。前述したとおり,85クリプトンをはじめとする希ガス類,さらに85クリプトンと同じく気体排出成分の大部分であるトリチウムも生体中に濃縮されることはほとんどあり得ません。それにも関わらず,このような文章の後に農作物中の放射能に関しての一文を書き加えるなどと言う段落構成にしてしまうというのは,


全くの無理解無配慮か悪質なプロパガンダ


のいずれかではないかと,疑ってしまいます。


このような悪文が原因で,本来発生する必要のない風評被害が蔓延していることに,この文章の作成者は深く反省すべきです。このような悪質な印象操作とも受け取れるような悪文をこれ以上広めることは,厳に慎まなければならないと思います。


次回は,今回も最後で少し取り上げた農作物中の放射性物質についてお話ししようと思います。



スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 15:21:08 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。