■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
賞味期限切れの油を使った石鹸

ご質問をいただきましたので,予定を変更して久々に手作り石鹸系の話題を


>去年くらいに買い貯めた オイルが、賞味期限切れのがあるのが
>分かりました。これは、未使用の為 酸化臭もしませんが
>こういったものを石鹸に使うことは 科学的にいかがなんでしょうか。


あっさり回答すると,「賞味期限切れくらいでは問題ない」と思います。


一般的に「賞味期限」は「食品として利用した際にその風味まで保証する期間」,「消費期限」は「利用した際に健康に問題がないことを保証する期間」と考えればよいと思います。特に未開封で酸化臭もないということですので,石鹸の材料として使うのであれば問題ないと思います。


と,これだけだとちょっとあれなので,油の酸化とかについてもう少しだけ。


油が酸化するシステムにはいくつかありますが,通常家庭で利用している食用油の場合,そのほとんどは空気中の酸素と結びつくことによって起きたものです。この反応は油の中にある「不飽和結合」と呼ばれる部分と,空気中の酸素が反応することでおこります。なので,油の中にどのくらい不飽和結合があるかを表す「不飽和度が高い油」が酸化しやすいと言うことになります。


不飽和脂肪酸の代表的なものはオレイン酸とリノール酸です。特にリノール酸の方が不飽和度が高いので,リノール酸含有量が高い油は酸化に対する注意が必要だと思います。また,不飽和度の高い代表的な油としては,大豆油,コーン油,綿実油,サフラワ油などがあり,逆に不飽和度の低い油としてはパーム油やパーム核油,カカオ油やヤシ油,それにラードなどです。この辺は,石鹸作りに関わらず,覚えておいた方がよい豆知識かもしれません。


では,不飽和脂肪酸をなるべく含まない石鹸がよい石鹸なのかというとそう言うわけではありません。


飽和脂肪酸は,融点が高く固体になりやすい性質を持っています。つまりそれはどういうことかというと,脂肪酸に含まれる炭素の数が増えると,急速に水に溶けにくくなります。しかし,炭素の数は石鹸の洗浄力の源(特に対油汚れ)の一つですので,これが少ないと洗浄力があまり期待できなくなります。結果として,十分な洗浄力が期待できる炭素鎖の大きい飽和脂肪酸ナトリウム(石鹸)は,酸化には強いですが,固く,低い温度の水に溶けにくく使いにくい石鹸になってしまいます。


これに対し,不飽和脂肪酸ナトリウムは同じ炭素数の飽和脂肪酸ナトリウムと比べると水に溶けやすく,柔らかい性質を持っています。そのため,十分な洗浄力と使いやすさの両方を得るためには,ある程度不飽和脂肪酸を含んでいることが重要です。なので,一般的に使われている石鹸の材料となる油はすべて不飽和脂肪酸を含んでいます。
#まぁ,それ以前に飽和脂肪酸だけを含む油脂は常温で固体なんですけどね(^^;


ちなみに化学的に泡立ちや使い勝手(水への溶けやすさ,耐硬水性),洗浄力などのバランスが非常に高い脂肪酸にオレイン酸というものがあります。そして,これを非常に多く含む油の代表格が実は「オリーブ油」なんです。なので,オリーブ油から作った手作り石鹸は非常に良質のものになるんですね。


こんなもんで回答になりましたでしょうか?説明の足りない部分などがあれば,どうぞお気軽に。ちなみに一緒にいただいた「廃油を使って作った石鹸はお肌にいいのかどうか」については,まだ調査中ですので,もう少々お待ちください。


 



スポンサーサイト

テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

手作り石鹸 | 14:01:20 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。