■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
化学物質によりガンは増えている?

化学物質による健康被害を訴えるサイトの中には,ガンによる死亡者数が年々増えていることを根拠に,化学物質が広範囲で利用されていることに警鐘を鳴らしているところが数多くありますが,実際のところどのような傾向があるのでしょうか。最新の厚生労働省提供の人口動態調査を元に見てみましょう。


現在公開されている最新の統計データは平成17年度のものですが,それによると確かに日本における死因の第一位はガン(悪性新生物)です。


http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/data/010/2005/toukeihyou/0005652/t0125417/MC110000_001.html


1980年にそれまで首位を守ってきた脳血管疾患をかわし,見事に一位の座に躍り出ると,やや微減傾向にある脳血管疾患や心疾患を尻目に,どんどん人口10万にあたりの死亡率を上昇させ,2005年の統計データでは二位の心疾患に対しほぼダブルスコアの大差をつけております。


ところが,こちらの年齢調整死亡率のデータを見てみると,


http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/data/010/2005/toukeihyou/0005626/t0124439/MC140000_001.html


女性の場合は1950年以降明らかな減少傾向を示しており,男性の場合も1992年をピークに減少傾向に移ってきています。これはいったいどういうことなのでしょうか。


年齢調整死亡率(訂正死亡率)というのはどういうものかというと,ある年(このデータの場合は昭和60年が基本になっています)の人口(10万人)を構成している年齢層に、比較する年の人口(10万人)を補正して何人が(たとえば今回の場合はガンで)死亡したかを表わしたものです。


つまり,これはどういうことかというと,


年齢構成が変化し以前よりも高齢者の割合が増えたことにより見かけのガン死亡率は増加しているように見えるが,実際過去の年齢構成が現在と同じような年齢構成だったとすれば,特別にガンによる死亡率が増加しているわけではない


というように読み取ることができます。


(参考:http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1157.html 昭和60(1985)年には10%程度であった65歳以上の人口比率が,2005年には20%を超えている)


確かに男性のガンによる年齢調整死亡率は環境汚染や公害が大きな社会問題となった高度成長期に増加をしているように見えますが,もしこれが化学物質などの汚染によるものが主たる原因であるとすれば,女性も同様に増加していなければ話のつじつまが合いません。


さらに言うと,こちらの全死因をトータルした年齢調整死亡率のデータを見ると,


http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/data/010/2005/toukeihyou/0005626/t0124428/MC020000_001.html


ものすごい勢いで死亡率が減少していることがわかります。つまり,これは「日本はそう簡単に死なない社会になっている」ということです。まぁ,こんなのはもちろん平均寿命が年々延びていることを考えればすぐに想像できることなんですが,不思議なことに時々こういう簡単なことを忘れた議論が行われていることがありますので,注意が必要です。


さらに先ほどの死因別年齢調整死亡率のデータを見ると,戦後まもなくの頃は猛威をふるっていた結核はもちろんのこと,脳血管疾患や心疾患などの年齢調整死亡率はすごい勢いで減ってることがわかります。これらのことから導き出される結論は一つです。要するに,


今の日本ではガン以外ではそう簡単に死なない


ということなんです。


ガンの原因については,現在も様々な研究や議論がされていますが,高齢になればなるほどそのリスクが高まることは広く認められています。そのため,高齢者社会となっている現代日本において,ガンの克服は大きな課題の一つです。しかし,それと化学物質が広く用いられているから癌患者が増加しているんだ,などと主張することは全くの別問題であり,統計データから見てもそのような傾向を主張するには,今の日本ではちょっと無理があることがよくわかります。


しかし,化学物質の中には発ガン性が疑われている化合物が数多くあるのも事実です。幸いにして,今の日本ではそれほど大きな危惧を抱かなくても大丈夫そうなのですが,どうもそうは言ってはいられそうにない国が近くにあったりします。


次回はその辺について少しお話しさせていただこうかと思います。



スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

気になる化学リスク | 20:25:30 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad