■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
苛性ソーダはガラスを溶かす?

普通に溶かします。


実験室では普通0.1mol/l以上の濃度の水酸化ナトリウム溶液はプラスチック製以外の容器では扱いません。パイレックスでも同様です。オールガラス製の容器に保存なんてしたら,場合によってはふたと容器が溶着して開かなくなる場合もあります。ちなみに500gの水酸化ナトリウムを1lの水に溶かした場合の濃度は12.5mol/lになります。これは化学の専門家なら,普通は使いたくないと思うくらい非常に濃いアルカリ溶液です。安いガラス瓶なんて,簡単に溶かしてしまいます。ご注意ください。



スポンサーサイト

テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

手作り石鹸 | 16:53:15 | Trackback(0) | Comments(3)
苛性ソーダが手につくとぬるぬるするのは??

そのぬるぬるは手の皮膚が溶けたことによるぬるぬる


です。


決して「苛性ソーダが水を吸うからぬるぬるする」というわけではありません。


アルカリは人間や動物の体を構成しているタンパク質を溶かします。だから服についた垢や油を落としてくれたり,毛織物をそのまま洗ってしまうと縮んだりするわけですが,逆に濃度の高いアルカリ溶液が付着したのをそのままにしておくと,どんどん皮膚の中に浸透して骨まで行きます。


万が一皮膚についたら,とにかく大量の水で洗い流してください。お酢で中和……,という話もあるようですが,スピードが命ですし皮膚が溶けたところにお酢は痛いと思うので(^^; 水道の水で徹底的に洗い流してください。



テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

手作り石鹸 | 16:45:29 | Trackback(0) | Comments(4)
苛性ソーダは毒???

一般的なイメージで言う「毒」とは違いますが,


苛性ソーダは大変危険なものである


と考えてください。


苛性ソーダを水に入れてできるナトリウムイオンは特に毒ではありませんが,同時に生じる水酸化物イオンの濃度が問題です。


参考までにMSDSと呼ばれる化学物質に対する毒性などを明記した文書があります。水酸化ナトリウムについてのMSDSはこちらです。
http://www3.kanto.co.jp/catalog/msds/J_37184.pdf


環境中に漏洩した場合「水生生物に有害」であり,適切な処理なしに環境に流してはいけないと明記されてます。ちなみに,金魚に対する半致死量(半分の個体が死亡する量)は189mg/lだそうですので,よく見る手作り石鹸のレシピで一回の使用量として載っている500gの水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を,金魚の半致死量以下の濃度に薄めるためには2000リットル(=2トン,あるいは2立方メートル)以上の水が必要です。
#一般家庭用お風呂がだいたい150~200リットル
#皆さんのご家庭における水使用量は月間何立方メートルくらいですか?


しかも,ここまで薄めてもやっとpHは11です。できればpHは9以下にしていただきたいと思いますので,水だけでpHを下げようと思うとさらに100倍から1000倍に薄めていただけなければなりません。


しかし,500gの水酸化ナトリウムを1L程度の水に溶かしてますので濃度は12.5mol/l。廃油とか加えてもせいぜい数Lですので,普通に数mol/lの濃度はあると思います。こんな濃度の水酸化ナトリウム溶液に多少食酢だのクエン酸加えたって中和なんかできません。確実に中和されているかどうか,リトマス試験紙か何かで確かめた方がよいと思います。なんだったら,ムラサキキャベツの絞り汁をたらしてみても良いでしょう。(参考:http://contest2.thinkquest.jp/tqj2003/60532/play/murasaki_h.htm) そう簡単に中和されないことがよくわかると思います。


ですので,石鹸作りの最中に苛性ソーダを流してしまったら,とにかく大量の水を流し続けましょう。


実際には,環境に到達するまでに十分薄められるとは思いますが,ご近所の範囲までは十分毒であることが予想される代物です。ぽっとん式のトイレであれば,途中の配管も下水処理場の微生物分解槽も気にしなくて良いかもしれませんが,最近の都市生活ではそういうわけにも行きません。くれぐれも「危険なものである」という意識を持ってお使いいただけますようお願いいたします。



テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

手作り石鹸 | 15:49:33 | Trackback(0) | Comments(5)
苛性ソーダを水に溶かす時は…

必ず


大量の水の中に少しずつ苛性ソーダを加える


こと。


理由:
苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は,水に溶けるときに大量の熱を発生する物質です。なので,もし大量の水酸化ナトリウムに少量の水がかかった場合,瞬時にその水が沸騰して


極めて強いアルカリが飛び散る可能性が高い


ためです。


推奨する方法
必ず眼鏡を着用(できれば花粉症対策用メガネのように,横からの飛沫侵入も防げるもの)し,厚手のゴム手袋や長袖,エプロンなどで可能な限り皮膚の露出を防ぐこと。


できれば氷(もしくは氷水)の中にポリプロピレン(もしくはポリエチレン)製の容器を入れ,その中に必要量の水をあらかじめ入れる。


時々,容器の壁を触って温度を確かめながら,熱くなりすぎないようなペースで,少しずつ苛性ソーダをかき混ぜながら加える。(かき混ぜ棒も,できればポリプロピレンもしくはポリエチレン製のものを利用すること)


 


 



テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

手作り石鹸 | 15:34:59 | Trackback(0) | Comments(6)
Blog始めました
ということで,Blogの公開を始めました。コメントは自由におつけください。
とりあえず,過去に某SNSでコメントした内容を順次貼り付けていこうかと思います。

雑談 | 15:08:36 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad