■プロフィール

ぷろどおむ

Author:ぷろどおむ
元サッカー少年。今はしがない化学屋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想
ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)
(2009/11/30)
畝山 智香子

商品詳細を見る


遅ればせながら、食品安全情報blogの著者である畝山智香子さんが書かれた「ほんとうの「食の安全」を考える」を読みました。正直、食の安全に興味のある人全員にこの本を読んでいただきたいというのが,読了後の素直な感想です。本当に素晴らしい本でした。

特にいろんなものの発がん性リスクが気になってしかたがないという方は,必読です。こんな事を言っては叱られてしまうかもしれませんが,せめて図書館かどこかで読むだけでも読んでいただきたいと思います。でも,巻末のデータ集は必見ですから,できれば手元に置いておかれることをお勧めします。このデータ集に記載されているような適切な情報をもっと広める必要が大いにあると強く思います。

というか,食の安全に関わる記事を書きたいと思っているマスコミの人たちは,全員これを一読してから記事を書くべきだと思います。もし,それでも読者の不安を煽るような記事を書きたいのであれば,この本に書かれている内容に対する有効な反論を書いてからにしていただきたいです。

さて「健康を考えれば数多くの食材をバランス良く摂取することが大切だ」という話は良く聞くわけですが,本書ではこのことをリスク分散の観点から強く主張してます。

確かに少し考えれば当然のことではあるのですが,正直言って個人的には目からウロコの気分でした。同じ冷凍食品を買うにしても,「これならば大丈夫」などと言ってひとつのメーカーにこだわるよりも,ゼロリスクなどという幻想にとらわれず,そのメーカーの製品にも万が一のリスクが存在していることを素直に認められれば,単独のメーカー,単独の商品を信用しすぎるよりも,様々なメーカー,様々な生産国,様々な種類の食材を購入する方がリスクマネジメント的には非常に有利であることはすぐに理解できると思います。

もちろん栄養バランスを整えることも健康に対するリスクを減少させる重要なファクターであることは確かなのですが,意図的かそうではないかを問わず,食品に有害性のある物質が混入しているリスクを考えれば,それぞれの有害物質の摂取量を最低限に抑えるためにも,数多くの食材を広く浅く摂取するというのは,非常に理にかなった考え方だと感動しました。

さて,この本ではくりかえし現在用いられている食品添加物や残留農薬などが持つリスクは,「これまで長年摂取されてきたんだから」という理由で見逃されている天然成分の持つリスクよりも十分に小さいことが強調されています。また,既存の食材に含まれている成分の中には判断に必要なリスクの計算すら十分に行われていないものが数多くあることも指摘しています。

このような指摘を受けた中で,我々が取るべき態度はどのようなものでしょうか。

天然成分の恐ろしさに身をすくませますか

でもそんなことしたら,食べるものが無くなってしまいますね(^^)

ただひたすら楽観的に過ごすのも行き過ぎればろくなことにはなりませんが,我々の安全を守るために奮闘されている方々の存在に感謝しつつ,油断しすぎずに,でもやっぱり安心して日々を暮らしていければな,と思います。


スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

本紹介 | 12:52:14 | Trackback(0) | Comments(0)
【転載】訂正用シールの配布について
以前当ブログでもご紹介させていただいた「図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み」の著者である津村さんが,ご自身のWebサイトで本書第1刷の訂正用シール配布について,情報を公開しています。

「図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み」訂正シールの配布について


フォームに入力すると,訂正用のシールがいただけるという非常に簡単な仕組みになっているようですが,同時にイラストレータ用のファイルも公開されています。

「使用はお奨めしません。」との事ですが,手元にあるMac版のIllustratorCS3では,問題なく開けました。

というわけで,勝手ながら私のブログでも宣伝させていただこうかと思います。

未購入の方にも,さらに手が加えられている第3刷を購入することをお勧め(よろしければ,サイドバーのお勧め品リンクからどうぞ)します。

ちなみに私が書いた簡単なレビューはこちらです。ご興味をもたれた方は,ぜひ。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

本紹介 | 11:36:48 | Trackback(0) | Comments(0)
図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み
図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
(2009/04)
津村 ゆかり

商品詳細を見る


このブログを読んでくださっている方に必須かどうかは結構微妙だったりするかもですが,ネタ切れで困っているところで見つけた非常によい本なので,ご紹介です。

著者の津村さんは技術系サラリーマンの交差点というブログも書かれている方です。このブログは私も専門としている分析化学関連の話題を丁寧に書かれていまして,非常に勉強になるためいつも読ませていただいております。この本のこともブログに書かれていたので,早速購入させていただきました。

出版社がコンピュータ関連の本で有名な秀和システムということで,中身の方も一見するとExcelやWordの入門書っぽい体裁になっております。内容もブログで紹介されていたとおり,1テーマが見開き2ページで紹介されるという形式になっており,専門書を読み慣れた身からすると多少奇異に感じますが,その代わりに分析化学という極めて広い分野の概要を知るためには非常によい作りだと感じました。

構成としては,基本用語や基本概念の説明から,試料の前処理法,いわゆる簡易分析法,分光分析(分子分光,原子分光,X線・電子線,質量分析,NMR),分離分析,電気化学分析,データ解析法という流れになっています。著者のご専門がクロマトグラフィーということで,GCやLCは他の分析法と比べると重きを置かれている感じがありますが,分析化学,特に企業の分析部門などで使われている分析法を広く浅く最新のトピックを交えながら紹介されています。

しかし「広く浅く」とは言うものの,単に表面をなでただけの雑学本とは一味も二味も違っています。その象徴的な部分は,データ処理の項でしょう。統計的に扱うために必要な概念についての解説はもちろんのこと,具体的な検量線作成方法についての説明も詳しいです。また,最近話題の「バリデーション」「品質管理」「不確かさ」「トレーサビリティ(=計量学的トレーサビリティ)」についてもきちんと抑えられており,まさにこれから分析化学の世界に入ろうとしている人,またはこれから分析化学の世界を知りたいと思っている人にとって最適な入門書なのではないかと思います。

著者の方も「はじめに」の項で書かれておりましたが,世間一般にあふれている「分析化学」の教科書は,平衡計算(pHとか錯形成とか)や二相間分配などの理論や計算にあふれているものがほとんどです。もちろん「分析化学の研究者」になるためには,これらの理論を熟知している必要があるわけですが,「分析化学を使う」ためには数式よりも具体的な手法やそれぞれの手法の適用範囲,得手不得手などについての方が重要になってくるのは当然です。今回ご紹介したこの本は,まさに「分析化学を使う」ための最初の一歩になりうると同時に,なんとなく興味はあるけど「そもそも分析化学って何?」と思っていらっしゃる方にも,最初の一冊としてぜひお勧めしたいと思います。

(090601 追記)
著者である津村さんからいただいた御連絡によりますと,本書に関する正誤表(PDF:1MB)が出ているようです。

「図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み」正誤表掲載のお知らせとお詫び


このエントリでもものすごく丁寧なコメントをいただきましたが,こちらの「お知らせとお詫び」も,びっくりするくらい丁寧で(^^; 津村さんの誠実さが非常に良く伝わる内容となっております。

ざっと見た感じ,致命的な間違いという感じのものはないように思いますが,ご購入された方は念のためご確認下さい。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

本紹介 | 13:32:24 | Trackback(0) | Comments(3)
目からウロコの化学物質30話
さて,久々に本の紹介です。

目からウロコの化学物質30話  -安全?危険?リスクの真相目からウロコの化学物質30話 -安全?危険?リスクの真相
(2009/01/27)
坂口 正之

商品詳細を見る


化学物質に関して巷で言われている「リスク」と呼ばれるものの正体と広がっている誤解について,詳しく丁寧に解説してくれている本です。

正直「ずいぶん字が大きいな(^^;」という感想を持ってしまった訳なんですが,読みやすくわかりやすい文章で書かれているのがとても良い感じです。特に

「発ガン性」というキーワードに一喜一憂してしまっている方にはオススメの一冊


です。その様な自覚のある方にこそ,この本を読んで一旦心を落ち着かせ,冷静な判断をしていただきたいと思います。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

本紹介 | 16:49:35 | Trackback(0) | Comments(4)
書籍紹介「化学物質はなぜ嫌われるのか」
化学物質はなぜ嫌われるのか ~「化学物質」のニュースを読み解く化学物質はなぜ嫌われるのか ~「化学物質」のニュースを読み解く
(2008/06/25)
佐藤 健太郎

商品詳細を見る


以前「有機化学美術館へようこそ」という本を書かれた作者の方の二冊目の著書です。

著者のWebページ「有機化学美術館」でも数多く書かれているのですが,世の中からは悪役扱いされることの多い化学物質の真実の姿を最新の有機化学のトピックスを交えながら,非常にわかりやすく,そして美しい図柄を元に説明してくれています。

前著「有機化学美術館へようこそ」では,有機化合物のおもしろトピックみたいなものを中心に書かれていたため,今回書かれている社会的な部分についてはちょっと物足りない部分があったのですが,今回はその辺りを中心に書かれていると言うことでかなり期待しています。

もちろん私も早速予約しましたが,このブログに興味を持ってきてくださった方には,ぜひ読んでいただきたい一冊になると思います。

手元に届いたら,感想と共にもう一度紹介したいと思います。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

本紹介 | 13:27:55 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad